犬がお尻をくっつけてくるときの心理状態とは?

213117view

犬がお尻をくっつけてくるときの心理状態とは?

犬を飼っていると、愛犬が自分の体にお尻をくっつけてくるというシチュエーションに出くわしたことがある人も少なくないでしょう。「なんでお尻をくっつけてくるんだろう」と不思議に思いませんか?そこで今回は犬がお尻をくっつけてくるときの心理状態をご説明いたします。

なぜ犬はお尻をくっつけてくるの?

撮影者にお尻をくっつけて伏せてる犬

愛犬と一緒に過ごしている時、ふと横を見ると愛犬が自分の体にお尻をくっつけてきていることってありませんか?筆者の愛犬も眠くなるとトコトコ歩いて来て、横に座ったと思ったらお尻をくっつけて寝る体制をとっているということがあります。

微笑ましく見守りながらも、なぜお尻?何か意味があるの?と思ったことがある人もいるかもしれません。

そう、実は犬がお尻をくっつけてくるのには意味がちゃんとあり、それは野生の時の習慣が影響していたのです!そんな野生の時の習慣から、お尻をくっつけてくる意味まで、ご紹介します。

野生の時はお尻をくっつけあって警戒

お尻をくっつけ合う犬

犬が人間の家族として一緒に生活するよりはるか昔、野生動物として多くの犬と共に群れで暮らしていました。しかし、野生で生活するというのは、今のような安心できる環境とはかけ離れた生活を意味します。

少し気を抜いてしまうと、天敵によって襲われ、時には餌となってしまうことだって考えられます。そこで野生の犬たちは、休んだり眠ったりする時には、群れでお尻をくっつけ合い、皆で天敵が来てるかどうかを確かめていたと伝えられています。

そうすることで、もしも休んでいる間に敵が来たとしても、誰かがいち早く発見をし、皆で逃げるよう指示することが出来るからです。つまり、群れの皆で助け合いながら生き延びていたのですね。

犬がお尻をくっつける=「信頼してるよ」

全身をくっつけている犬

上記のような工夫をして生き延びていた野生の犬の習性が、家で家族として人間と暮らすようになった犬にも受け継がれているのです。

群れの皆で助け合いながら生活をしていたことから、当たり前ですが、この行為は「信頼し合っている仲間だからこそ背中を預けることが出来る」という意味を持っているのです。

したがって、もしもあなたの体に愛犬がお尻をくっつけてくることがあれば、それはあなたを信頼しているからこその行動だと言えるのです。これは愛犬を愛する飼い主にとっては嬉しい限りですね!

犬がお尻を触らせてくれない(嫌がる)場合は…

おしりを触られそうな犬

上記でお尻をくっつけてくる行為は、飼い主さんのことを信頼しているからだというお話をしました。では反対に、お尻や後ろ足など、急所となってしまう場所を触ると嫌がるという場合は、何を意味しているのでしょうか。

これは言うまでもないかもしれません。お尻が触られるのを嫌がっている場合には、まだあなたを信頼していないということになります。お家に来て日が浅い場合は、嫌がる子が多いかもしれませんね。

どうすれば犬の信頼を得ることが出来るの?

では、どうすれば愛犬の信頼を得ることが出来るのでしょうか。まだ家族になって日が浅い場合、基本的に愛情を注ぎながら育てていくことで、飼い主さんの愛情が犬にも伝わります。そのため、徐々に信頼を得ることが出来るでしょう。

もしも既に1~2年一緒に住んでいるというのであれば、上下関係がしっかりと築けていない可能性がありますので、まずはそこから始めましょう。

またお尻を触られるのが嫌という反応を見せたのであれば、まずはお座りしている愛犬の後ろに回り、飼い主が後ろにいるという状況に慣れさせることが先です。これができてきたら、徐々にお腹を撫で、お尻を撫でとレベルを上げていきましょう。

他にもあった!信頼している時の犬の行動

ハイタッチをする犬

今回は「お尻をくっつけてくる」という行動についてご紹介しましたが、他にも「飼い主さんを信頼しているよ」という愛犬からのサインが表れている行動は多くあります。

今回はその中から2つほどご紹介します。あなたの愛犬はこのような行動をとっていますか?思い返してみましょう。

お腹を見せてリラックスしている

仰向けになっている犬

愛犬がお腹を見せている状態でリラックスしている姿を見たことはありませんか?「これが信頼している証です!」と言われなくても、きっと安心できる場所と思ってくれているというのは伝わってきますよね。

このお腹を見せてリラックスしている姿というのは、犬にとって弱点ともなるお腹を見せている状態です。つまり、その弱点を大っぴらに見せてリラックスしているというのは、飼い主さんに対して信頼しきっている状態と言えるのです。

この状態の時の愛犬は心配や不安が全くないため、「あー、安心して休めるなー」という気持ちなのです。

口元を舐めてくる

女性の口元を舐めている犬

そして飼い主さんの口元を舐めてくる、あるいは舐めようとしてくる子も多いでしょう。元々口を舐める行為というのは、子どもの犬が親犬に対して食べ物をねだる時にする行為でした。

したがって、もしもあなたの口を舐めようとしてきた場合、愛犬は「お母さん」というような甘えた気持ちであなたに寄ってきていることになります。つまり、あなたに対して安心や信頼の気持ちを持っているのです。

また、母犬に対してする行為ということもあり、口を舐めてくるということは、しっかり上下関係が作れているということも意味しています。

まとめ

犬のお尻

いかがでしたでしょうか。お尻をつけてくるという行為は、犬にとって信頼の証だということを知ると、飼い主としてはなんだか嬉しく感じますよね。ぜひこれからも愛犬との絆を深めていきましょう。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 30代 女性 ぷぅちゃん

    犬がお尻をくっつけて眠る行為の記事を読んで、愛犬が初めて我が家にきた日から 約2ヶ月くらいのことを思い出しました。
    時間を問わず、私が座ってる時、私が横になってる時、必ずといってもいいほどお尻を寄り添ったようにいたのですが、眠ったと思ってちょっと立ち上がれば、愛犬もすくっと立ち上がって、引っ付いて回るのです。今もトイレに行けば、トイレをのぞきにくるのですが。
    どうしてそんなに敏感なのかな?
    ちゃんと眠れてるのかな?
    とても心配で、私に寄り添ってる側にぬいぐるみを置いたりして、誤魔化そうとしていても、直ぐに気がついてました。
    記事を読んで、「あのときは、ものすごく不安でいっぱいな中、私を便りにしてたんだぁ」と想いました。
    今は、お尻じゃなくて、私の方に顔を向けてお昼寝したりしますが、姿が見えない場所にいると、あとからやってきますが、私の姿がちょっとでも見える位置だと、ちらっちらっと見ながら横になってる愛犬。
    我が家を、安心してくれたんだとすごく嬉しくなりました。素敵な記事、ありがとうございます‼
  • 女性 ゆう

    昔飼ってた犬についての長年の謎が解けました!
    しゃがんでた私と正反対の方向を向いてお座りをして、お尻をくっつけてきて。。。
    ジャマなのかな?と、私が一歩前に出たら 追いかけるようにまた犬はお尻をくっつけてお座りをしてきました。 なんなんだろ?これ?と長年、気になってました!
    スッキリしました^ ^
  • 女性 コロ

    うちの愛犬が子犬の頃、「おいで」をすると寄ってきてすっと背中を向けて座るのでなんでなんだろう?と思っていました。よほど天邪鬼なのかなと不思議でしたが、信頼して背中を預けてくれていたんですね。
    父が呼んだ時だけなぜか、その足にお尻を乗せて向こうを見て座るので、これがこの子の最大限の信頼表現なのかなと思いました。
  • 40代 男性 タマにゃん

    ウチのめんこいタマにゃんは俺が枕を半分使って寝てたら、残りの半分に寝て俺のほっぺにお尻をくっつけてくるよ。
  • 40代 男性 とっぷり

    彼女のワンコで老犬だけどチョー可愛いです。ゴロンと横になってテレビを見てると、半分空けた枕のスペースにお尻をくっつけて乗ってきます。今日もこれから迎えに行ってお泊りしてきます。
  • 50代以上 女性 みいさん

    亡くなった父が、とても犬好きでした。どのわんこも懐かせる腕前?でしたが、ある程度慣れた犬には、耳を塞いで、音を遮断してやると落ち着くと言って、実際興奮していても、犬の両耳を折って手で優しく塞ぐとしっぽを振ってすぐにおすわりしました。
  • 30代 女性 ロッキーじい

    私が動物病院勤めの頃。その頃、私は1番下っ端でした。ロッキーという犬をみんなで囲むと私に必ずお尻を向けてきていました。
    その頃は知識がありませんでしたので、じぃが下っ端に尻をかけ!!と来ているのだと単純に思っていました。
    たしかに、下っ端でしたので、散歩やらご飯やらなんやらお世話してました。
    彼はそれをちゃんと分かってくれてたんですね。
    だから自分がそばに行くと、必ずお尻を向けて来ました。警戒してないよ。安心してるよ。

    ゴメンよ。じぃ。ちゃんと理解していれば……。
    後悔が残ります。
  • 50代以上 女性 匿名

    時々会う、お散歩中のワンちゃんですが、会うとお尻を付けて来るんです^^
    飼い主さんとその都度、少し会話をするので、安心してくれているのかもしれません。
    飼い主さんは「お尻向けちゃって…」と申し訳なさそうに言うのですが、私は嬉しいんです^^
    愛犬が亡くなって7年、今は新しいワンちゃんを迎えられないので、街や近所で、ワンちゃんや猫ちゃんや色々な生き物に話しかけるのが楽しみです♪
  • 50代以上 女性 匿名

    そう言えば、この間、お散歩している足取りが軽やかでリズミカルで、楽しそうだな~♪お散歩が楽しいんだろうな~♪と感じるワンちゃんが前にいて、本当に気分が良さそうに見えたので嬉しくなって、早足で追いかけました。そうしたらワンちゃん、気がついてくれて、飼い主さんともお話しできました。
    2歳の男のコでした。話しかけてたら、口元をペロペロしてくれました。嬉しかった~♪
    家の愛犬もしてましたが、そういうことだったのですね^^
  • 女性 ルーツ

    私の犬はお散歩の時間になると立ち仕事をしていても、ソファに座っていても私にお尻をピトっと付けてきます。愛犬なりのアピールなんだと思います、普段は決して抱っこもさせてくれないし、撫でさせてもくれない気高い子なので、なんだかその姿がとても情けなくてかわいいんです。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。