【高齢者が犬を飼うということ】おばあちゃんと老犬

13878view

【高齢者が犬を飼うということ】おばあちゃんと老犬

高齢者が動物を飼うということをみなさんはどう思いますか?私は正直反対です。もし何かあれば、犬や猫はどうなるのでしょうか?孤独死をした老人が飼っていた犬が餓死した、という悲しいニュースを見たことがあります。そう考えると、やはり私は反対せざるを得ません。

おばあちゃんと老犬

歩くシーズー

私が勤めている動物病院に通う飼い主さんで、私の大好きな飼い主さんがいます。

老犬と一人暮らしのおばあちゃんです。

おばあちゃんはもうすぐ80歳、犬も15歳を越えているシーズーです。
犬は心臓が悪く、いつもたくさんの薬を飲んでいます。時々調子を崩すこともあるので、いつもおばあちゃんは近所の人からもらったというベビーカーに愛犬を乗せて、病院へ20分かけて歩いてやってきます。私達だったら10分もかからない道を、おばあちゃんと愛犬は雨の日も歩いて病院にやってきます。

「往診に行くことも出来ますよ」と伝えても、「まだ自分の足が動くから運動を兼ねて歩いてるんよ」と、かわいい笑顔で答えてくれます。

愛犬との出会い

おばあちゃんに聞いた話ですが、おばあちゃんはもともと犬は嫌いだったそうです。
おばあちゃんは、おじいちゃんと二人で暮らしていました。
ある時、おじいちゃんがたまたま立ち寄ったペットショップで、その後愛犬となるシーズーをみつけました。あまり手入れをされていない状態で、見た目も悪く売れ残っていたそうです。もうほぼ成犬になっており、寂しそうに店の隅っこの狭いゲージで飼われていました。

実は、おじいちゃんは犬が大好き。昔から犬を飼っていましたが、高齢になってからは諦めていたそうです。
おじいちゃんがそのシーズーを飼いたいとおばあちゃんに相談すると、おばあちゃんは強く反対しました。その時、お互い60歳を超えていたため、「これから先、何かあったら困るからダメだ」と・・・。

それでも諦めきれなかったおじいちゃんは、後日おばあちゃんを連れて、そのペットショップに行ったそうです。
おばあちゃんは、悲しそうな目でこちらをみつめるシーズーを見た瞬間、すっかり心を奪われてしまったそうで、そのまま連れて帰ることになりました。

おじいちゃんの死

おじいちゃんは、愛犬を本当の子供のように可愛がっていたそうです。
犬もおじいちゃんが大好きで、おばあちゃんは、「私よりもおじいちゃんの方が好きな子やから、私には懐いていない。可愛くない子!」といつも言います。
「でも、昔は近所でかわいいって人気者やったんよ。今はおじいちゃん犬になって顔も汚れちゃって、見る影もないけどね。」と笑って、昔の愛犬の写真を見せてくれました。
愛犬は綺麗にトリミングされていて、かわいいリボンをつけフリフリの服を着て、おじいちゃんの膝の上で嬉しそうに笑っています。
おばあちゃんはその写真をいつも持ち歩いているようで、病院に来るといつも見せてくれます。

自分の子供のように愛犬を可愛がっていたおじいちゃんは、病気で急に亡くなりました。

おじいちゃんに可愛がってもらっていた愛犬は、おじいちゃんが亡くなってから急に体調を崩しました。一時は、かなり危険な状態までいったそうです。
おばあちゃんの看病でなんとか持ち直しましたが、おばあちゃんは、「そのお陰で、おじいちゃんの死を考える暇なんてなかった」と笑って話してくれました。

「飼うだけ飼って、勝手に死んで・・・本当に勝手な爺さん!」と、いつも笑って言います。

お会計をする時、「犬か私かどっちが先に天国に行くか」という話を笑いながらよくします。
正直、私達もすごく心配です。

もし、おばあちゃんが先なら、この老犬はどこへいくのか・・・面倒見てくれる人がいなければどうなるのか?

考えたくありませんが、現実に起こりうる問題です。
近所に娘さんが住んでいるようですが、果たして心臓の悪い老犬を引き取ってくれるのかわかりません。
もし、老犬が先なら、おばあちゃんの生き甲斐がなくなってしまわないか・・・それに、おばあちゃんは一人になってしまいます。考えるだけで心が痛みます。

でも、おばあちゃんはいつも言います。

「近くに娘も住んでるけど、娘になんかこの子を任せたくない。だから、私は絶対この子よりも先には逝かない!
だから毎日健康には気をつけている、あんたらよりもまだまだ若いよ!」

そう言っていつもの道を、ベビーカーを押しながら愛犬と帰っていきます。

小さい背中ですが、頼もしい背中です。
いつまでもこの背中を見守りたい、といつも思います。

まとめ

見上げているシーズー

私はおばあちゃんが大好きです。
でも、やはり高齢者が犬を飼うことは、さまざまな問題が生じます。そのことを考えると、反対せざるを得ません。

しかし、それは私達にも言えることです。
私も犬と猫を飼っています。私も主人も今は元気ですが、これから何があるかわかりません。

「一人暮らしで寂しいから犬を飼う」

そんな気持ちで犬を飼ってほしくありません。
それは高齢者だけではなく、若い人でも同じことだと思います。

動物病院で働いていると、毎日たくさんの飼い主さんに出会います。
その中には残念ですが、愛犬を「家族」として扱っていないような飼い主さんもいるのが現状です。

犬は一生をかけて、私達家族のために一緒にいてくれます。犬を飼うことは、体力も気力もなければ飼えません。
その犬の最後を看取る体力と覚悟がないなら、犬を飼う資格はないと思います。
少なくとも私の大好きなおばあちゃんには、その資格はあると私は思っています。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 50代以上 男性 動物の力

    老人がペットを飼う問題はいろんな障害があります。しかし、老夫婦や1人暮らしの人こそ必要なんですよ?もし飼い主が先に星になったら?若くても少数でしょうがありえます。ペットにしたら老人ならまず1日中一緒にいられるし、老人も日々世話をしなきゃと生きる希望につながるかもしれませんネ 自分は10歳のシーズー女の子を引き取りました。やはり老人で、その飼い主の娘さんからの里親募集でした。うちは息子がアレルギーとかで飼えないためらしい 思うけど、老人に飼うなではなく、飼うなら万が一の場合の飼い主を登録したら飼えるなど検討してほしいものです。そして、犬などの優れた力を!介護職の立場からも、笑わない老人が犬を見て笑うようになったり!素晴らしいこともたくさんあるんです!健常者の飼育放棄が最低なんですよ!
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。