犬は一度に何匹の仔犬を産めるのか?

【獣医師監修】犬は一度に何匹の仔犬を産めるのか?

産まれ立ての子犬って可愛いですよね。思わず頬ずりしたくなってしまいます。その可愛い子犬達が親犬のお乳を飲む姿は、愛犬家にとって本当に癒される光景です。この様に可愛い子犬達って、母犬の一度の分娩で何匹産まれるのでしょうか?今回は、犬が一度の分娩で何匹の子犬を産めるのかお話しします。

はてな
Pocket
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

産まれる数は母犬のサイズや年齢,犬種,出産経験,子宮の大きさによって差がある

母犬と子犬達

犬種や犬のサイズなど思慮せず言いますと、犬の一回のお産は平均6〜10匹だと言われていますが、これはあくまでも平均ですので6匹より少ない場合もあれば10匹以上を産む事もあります。

一般的に大柄な母犬は1回の出産で数多くの子犬を産み、小柄な母犬は産む数が少ないとされています。
大柄な母犬は子宮も大きく沢山の子犬を体内で育てる事ができますので、数多く産む事が可能なのです。
大型犬も小型犬も体内に宿る子犬のサイズに差がないため、必然的に小型犬は産み数が少なくなります。
この様に、母犬のサイズや年齢,犬種,出産経験,子宮の大きさによって差がある様です。

AKCの調査による代表的な犬種別産み数

【AKC(アメリカン・ケネル・クラブ)】による代表的犬種の、一回の分娩で産まれる子犬を対象とした調査結果は以下の通りです。

ラブラドール・レトリーバー:5~10匹(平均7.6匹)

ラブラドール・レトリーバー

ジャーマン・シェパード:4~9匹(平均6.6匹)

ジャーマン・シェパード

アメリカン・コッカー・スパニエル:3~7匹(平均5.0匹)

アメリカン・コッカー・スパニエル:

シェットランド・シープドッグ:2~6匹(平均4.3匹)

シェットランド・シープドッグ

ヨークシャー・テリア:2~5匹(平均3.3匹)

ヨークシャー・テリア

チワワ:2~5匹(平均3.3匹)

チワワ

この調査結果を見てみますと、前段で紹介した内容に合致する事が証明されます。

ギネスに載る記録は24匹!

犬の一回のお産は平均6〜10匹であるのに対し、【マレンマ・シープドッグ】と言う犬種のあるワンちゃんが、1度に17匹もの子犬を産んだそうです!
一度に17匹は凄いですね!

更に驚かされるのは、ナポリタン・マスティフの【ティア】ちゃんが産んだ子犬達は何と!
24匹だったそうです。
さすがに帝王切開でないと産まれなかった様です。
この記録はギネスブックに載っているそうです。

ティアちゃん▼
http://www.guinnessworldrecords.com/

1匹しか産まない犬種もある

世の中には1匹しか産まない犬種もあります。
その犬種は【ブリュッセル・グリフォン】と言い、この犬種は非常にブリーディングが難しい上に妊娠し難い体質なのだそうです。
おまけに子犬の頭部が大きいと来ていますので難産になり易い特徴を持っています。
また偽妊娠をよく起こすのだそうです。
ですので出産時と出産後の丁寧なケアが必要だと言われています。

まとめ

犬は基本的に多産ですが、安産で自然分娩できるとは限りません。ブルドッグなどは自然分娩は骨格上難しく帝王切開を行い母子ともに命の危険にさらされないようにします。妊娠頭数が少ないほど、子供が大きく育ち難産になる傾向もあります。決して妊娠出産は楽なものではなく、時には命にかかわる事態が起こってしまうこともあります。ご縁をいただきお迎えすることができたわんちゃんたちは、みんな大切に育てていきたいものですね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 トイプードル

    命にかかわることなのでできれば不妊手術はした方がいいです。また1歳になっても妊娠すると体に負担をかけることが多いので。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。