犬の発情期について~オスとメスの違いや対処法~

【獣医師監修】犬の発情期について~オスとメスの違いや対処法~

お気に入りに追加

犬の発情期っていつ頃くるの?気を付けなければいけないことってある?去勢手術や避妊手術をしていない犬たちにとって、発情を繰り返すことは、生殖器特有の病気につながることもあります。望まない子どもを作らないためにも、そして愛犬の健康を守るためにも、知識としてオス犬の飼い主さんもメス犬の飼い主さんも、発情期の行動や対処法について知っておきましょう♪

124636view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の発情期とは

発情した犬

犬を飼っている方は1度は考える「犬の発情期」についての悩み。「ヒート」とも呼ばれているこの犬の行動に、いくら自然の摂理であるからといって、やはり頭を抱える悩みである事に変わりありません。

そこで今回は、飼い主として知っておきたい犬の発情期について、素朴な疑問から飼い主さんに考えてほしいことなどをまとめました。室内飼いだから関係ない、なんて思わずに知識としてぜひ勉強してみましょう♪

そもそも発情期ってなに?

発情期って良く聞くけど、実際どの期間を指すの?なんて聞くに聞けない人もいるのでは?

発情期とは、繁殖が可能な期間のことを指します。つまり犬たちがこの発情期に交尾をすれば、妊娠する可能性がある訳です。

少しややこしいですが、この「発情期」があるのは、実はメス犬だけなんです。

性成熟

発情期は性成熟したら起こります。体が大人になるということですね。

性成熟する時期は一般的に生後6~10ヶ月くらいの時期だと言われています。これには個体差があり、さらに大型犬より小型犬の方が早く来るようです。

オス犬が発情期に気を付けるべきこと

おす犬

オスにはいつ頃が「発情期」という決まった期間はありません。発情期中のメスに会えば発情してしまいます。なので1年中気を付けなければならないのです。

メスの出すフェロモンは強く、オスの本能を刺激します。それによって引き起こされる問題行動も少なくありません。

本能による問題行動

問題行動といっても、あくまで飼い主さんが問題だと思うことなので、すべての飼い主さんや犬たちに当てはまるものではありません。ここでは一般的に問題とされる行動として取り上げます。

マウンティング

→相手の犬の上に乗ること。遊びで行うこともあります。相手の犬だけでなく、クッションや人の足などに乗り、腰を振る仕草をすることがあります。
相手がメスであれば交尾に繋がり、子どもが出来る可能性も…

遠吠え、吠え

→メスを呼ぼうと遠吠えをしたり、本能を刺激されてテリトリー意識が強くなり、攻撃的に吠えるようになったりします。

マーキング

→縄張り意識が高まり、尿による臭いつけ行動がおきます。これは発情期というより、性成熟によって起こります。臭いがすればおしっこをする、という本能によるものなので、マーキングが始まってからのトイレトレーニングはほぼ不可能に近いくらい難しくなります。

引っ張り

→メスの所に行きたい!や自分の縄張りを確認したい!の一心で、散歩中にぐいぐいと引っ張ることも多々あります。

改善・回避方法

一番は去勢手術をすることです。本能から起こる行動なので、トレーニングで改善することはとても難しいです。
※マウンティングと引っ張りに関しては、性行動以外のものはトレーニングによって改善の余地はあるでしょう。
逆に言えば、オスの問題行動は去勢によって改善される可能性もあると言うことも出来ます。

メス犬が発情期に気を付けるべきこと

メス犬

メスの発情期は年に1~2回訪れます。発情期には周期があります。

発情周期

発情前期

→約10日間
体内でホルモン濃度が上がり始めます。頻尿になったり、外陰部から出血したりします。メスの発情期はこの出血、つまり生理(ヒート)が始まって気づくことがほとんどです。しかし中には自分で外陰部を舐めてしまい、出血に気づかずに妊娠してしまう例も多いのです。

発情期

→約10日
この時期にオスを受け入れるようになります。オスが近づくと、尻尾を片側に寄せて受け入れ体勢を作ります。子どもを作るのであればこの時期に交尾をさせます。

発情後期

→130~140日
オスは受け入れません。
妊娠期間となり、妊娠していないメスの場合、偽妊娠することもあります。

無発情期

→約30日
発情兆候は全くありません

偽妊娠とは

妊娠していないのに、妊娠したような行動をとります。
子どもの代わりにおもちゃを守ったり、神経質になったりします。ぬいぐるみや小動物を自分が産んだ仔犬のように接し、つわりや食欲不振など、実際に身体面にも妊娠をしているかのような症状が表れます。

実際に乳房から母乳が出て、ぬいぐるみに母乳を飲ませるしぐさをすることもあります。偽妊娠の症状が続くと、ホルモンバランスが乱れて病気を誘発する可能性があるので注意が必要です。

乳腺のつまりから起きる乳腺炎になると、発熱したり、しこりができたりします。また、乳腺腫瘍や子宮に膿がたまる子宮蓄膿症などを誘発する恐れもあります。特に高齢の犬は、偽妊娠を繰り返すことで体力を消耗して免疫力なども弱めてしまいます。

通常は2週間ほどでこのような症状は治まりますが、長期化した場合には病院で相談することをおすすめします。

発情期の行動

  • 落ち着かずソワソワする
  • 元気がない
  • トイレの回数が増える
  • 生理による出血を気にして、終始舐める
  • 食欲不振
  • オスのそばに行こうとする

などの行動が見られます。神経質になったり、不安そうにしていたりと気持ちの面でもあまり落ち着かないように見えます。体が妊娠できる妊娠できる状態になり、ホルモンバランスの変化から、ストレスを感じやすい時期でもあります。

マナー

メスの発情期は、フェロモンによってオスをも落ち着かなくしてしまいます。

ドッグランや公園など、たくさんの犬が集まる場所には行かないようにしましょう。また、お散歩時間もあまり他の犬に会わないような時間帯にするのがベターです。

生理の出血で、汚さないようにマナーパンツなどを履かせるなどの配慮も必要です。マナーパンツを履かせる場合には、発情期には陰部がふくらんで雑菌が入りやすくなるので、まめにとりかえて清潔に保つようにしましょう。妊娠を望まないのであれば、不用意にオス犬に近づけないことが大切です。

犬の発情期に関するまとめ

メスもオスも発情期は落ち着かず、神経質になりがちです。子どもを作らないのであれば、避妊や去勢手術をしてあげると、精神的にも落ち着けてさらに病気の予防にも繋がります。

また、望まない子どもを作らないためにも、発情期の事を正しく知り、然るべき対処をしていかなくてはいけません。これをするのは飼い主さんの責任であり、飼い主さんにしか判断出来ないことでもあります。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 ミネハハ

    かなり多数の人が「発情するのはオス」という偏ったイメージを持たれてますよね。私はある程度知っていましたが、この記事を読むまではオスとメスで対処法を変えなくてはいけない事までは知りませんでした!大変為になりました。
  • 投稿者

    30代 女性 Chappy

    発情期って、オスとメスどちらにもあるのかと思っていましたが、メスだけにしかないんですね。うちの愛犬は去勢手術は終えているので、その辺は安心なのですが、去勢手術をするとマウンティングが減ると聞いたのに、むしろ去勢手術をしたあとのほうがすごいです。。
  • 投稿者

    20代 女性 すず

    わんちゃんを飼っていると発情期はつきものですよね。わたしもわんちゃんを飼う身として、ある程度知識はあるつもりでしたが今回この記事で改めて詳しく色々と知ってみるとあまり知らなかったことがあったりしてとても勉強になりましたし、知れて良かったと思いとても参考になりました。
    また、わたしは今までメスのわんちゃんしか飼ったことがなかったのでオスの発情期のことなども知れて対処方法なども違うのでこれも勉強になりました。
  • 投稿者

    50代以上 女性 チーコ

    我が家に 4匹居ますが ♂2匹♀2匹 ですが ♀の子が生理が始まると1匹の♂が発情期になって 観てても大変です ♀には マナーパット充てて ♂にも同様に パットをしてます 留守の時は 部屋を別々にさせてます
  • 投稿者

    30代 男性 めいけん

    オスに関してですが、特に発情期というものはありませんが発情しているメスが近くにいれば1年中発情期のような感じです。性的欲求は本能的なものですから、その欲求が満たされない場合の、オス犬のストレスは相当なものだと言われています。愛犬の子供を残したい、またはその予定がある方は別ですが、全くそのつもりも予定もない方は去勢手術をされることでこのストレスから愛犬を解放することができます。もちろんこれは飼い主さんのご判断によるところなので強制はできませんし、そのつもりでの発言ではありません。ただ、数キロメートル離れたところにいる発情したメスの匂いでもかぎつけると聞いたことがありまして。もちろん、その他の生殖器系の疾患を防げるというメリットもありますし、手術後、太りやすくなるというデメリットはございます。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    うちには、メスの柴犬がいます。
    将来的に交配を希望しているので避妊をしていません。
    ヒート中、ご近所中のオス犬が発情し脱走し庭まで来ます。
    ヒートが終わりに近付くと、メスですがマウントを始めます。
    ヒートが終わるとマウントもしませんが。
    不要な妊娠を避けるため、常にうちの犬は、家の中にいます。
  • 投稿者

    女性 みお

    発情期があるのはメスだけなのですね!オスの場合は、「発情期」というよりも一年を通して・・という感じですね。

    以前に飼っていた子が二匹とも女の子だったのですが、避妊していた子も、していなかった子も、時期がくると二匹とも飼い主の膝や自分で毛布を抱え込んでマウンティングをしていました。ヒートの時期に関わらず、来客があったり、興奮をすると行うことがありました。

    今飼っているパピヨンは、全くマウンティングなどをしませんが、発情後期になると、遊んでいるぬいぐるみを大切にお腹で抱えて、ミルクをあげるような仕草をしたり、寝るときにもぬいぐるみをくわえて自分のベッドに連れて行き、愛おしそうに一緒に寝ていました。そうするうちに、今度はおっぱいが膨れて、本当にミルクがでてきました。まさに偽妊娠ですね!

    ぬいぐるみで子育てだなんて、かわいいな~と、微笑ましく見守っていましたが、偽妊娠はホルモンバランスの崩れなど、愛犬にとってはあまりよくない様です。そんな時には遊んであげたり、気分転換をしてあげると良いかもしれませんね!
  • 投稿者

    30代 女性 ロン

    今一緒に暮らしている愛犬は女の子で、避妊手術をしていません。
    小型犬なので量は少ないですが、発情期には出血します。寝ている場所などを汚さないため、人間の子ども用パンツに尻尾を通す穴を作ってはかせています。
    今は犬用のおむつなど、生理用品に近いものがあるので、そういったグッズを使う方もいるそうですが、小型犬なら子ども用パンツで対応できると思います。使い捨てではなくて、洗って何度も使えるので便利です。もちろん衛生を保つため、毎日はきかえさせます。散歩のときは脱がせています。
    出血が止まって、妊娠可能な時期に入ったときには、散歩で男の子とあいさつさせるときには十分な注意が必要です。男の子が興奮した様子を見せたときには、すぐにその場を離れるか、抱き上げるかします。
    小型犬で制御が可能なので避妊手術をしませんでしたが、中型犬以上を飼うなら望まない繁殖を避けるために避妊手術は必須だと思います。
  • 投稿者

    30代 男性 BOB

    以前、オスとメスを1頭ずつ飼われているお宅にお邪魔した際に、メスの犬がヒート中で2階にあげられていました。1階の階段下でもう一頭のオス犬が切ない声をずっと上げていました。朝から夜中までずっとなんだそうです。飼い主さんも、さすがにかわいそうで見てられなく、ペットホテルにオス犬を預けた方がストレスがなくいいんじゃないかと悩んでいて、そのくらいメスの発情期にオスは惑わされてしまうものなんだなと強烈に覚えています。また、お散歩中に飼い主さん同士が立ち話をしている間に交尾が始まってしまった、なんて話も聞きました。(かわいい赤ちゃんが生まれました)うちの犬(オス)も、ドッグランなどでヒート中や終わりかけというメス犬がいると狂ってしまって大変です。どうかメスのワンちゃんを飼われている方は、ご自身の愛犬のためにも、周囲のオスのワンちゃんのストレス軽減のためにも注意を払っていただけると助かります。
  • 投稿者

    女性 ライライ

    我が家ではメス犬を飼っています。初めて犬を飼ったので、避妊手術をさせることは可哀そうと思っていたのですが、獣医さんのアドバイスもあり、避妊手術を行いました。ドッグパークへ連れて行く場合、避妊手術をしていないと連れてきてはいけないというルールがあります。これはやはり発情期の問題ですよね。我が家の愛犬はドッグパークが大好きなので、愛犬が喜んで遊ぶ姿を見ていると、やはり手術をして良かったと思いました。友人もメス犬を飼っているのですが、手術はしていないようで、毎回ヒートの際はとても大変だと言っていました。人間の生理前のような状態が犬にもあるようです。手術をしていない場合は、飼い主さんも犬も協力しながらヒートを上手く乗り越えないといけませんね。
  • 投稿者

    女性 aoi

    愛犬のヒートは生後8か月頃からでした。床に薄い血尿のような水滴がぽたぽたとあったので、「あれ?」と思い調べてみるとヒートの始まり。
    先代のわんこは5~6歳頃に避妊手術を受け、それから12年近くヒートと付き合いがなかったのでうっかりしていました。多頭飼いをしているので、15歳のおじいちゃんわんこもいました。去勢手術は済んでいるし高齢なので心配はなかったのですが、メスの方が気が強いので念のため気を付けておこうと思いました。案の定、メスの方がおじいちゃんわんこにマウンティングを始めるという…。おじいちゃんわんこもびっくりでした。

    ヒートが始まると、量が少なくてもすぐにオムツです。不衛生にしてしまうと免疫力が落ちている状態ではすぐに炎症を起こしてしまいます。外陰部を気にして舐めてしまうこともあるので、それは阻止しなくてはなりません。これが原因で子宮蓄膿症になったことがあるからです。結果、腫れが酷く子宮摘出になってしまったので、メスを飼われているお家は本当に気を付けてほしいです。

    この時期のお散歩にも注意ですね。オムツをしていてもフェロモンは隠せません。たまに行く大きな公園はノーリードのお散歩が多いので、この時ばかりはお散歩は我慢でした。

    我が家のメスの場合、ヒート中はいつも以上に人に甘える行動がありました。
  • 投稿者

    女性 匿名

    愛犬(オス)が発情すると愛犬の下に敷いてあるシーツがダメになるので少し「あー、雑巾の上でしてほしかったな」ってなる時があります。
  • 投稿者

    40代 女性 ティナママ

    オスの柴犬1歳です。
    今朝から遠吠えや鼻を鳴らしてクンクンという鳴き声が止まりません。食欲も無く腹痛を心配しましたが、散歩でも元気そう。
    なるほど!発情期を迎えたメスが近くにいるのかも…と勉強になりました。
    それにしても、鳴き声はどうすればやめてくれるのでしょうか?大好きなボールもおやつも目に入らず、ソワソワと何かを探している様子で、鳴きながら室内をウロウロしています。
  • 投稿者

    40代 女性 ゆか

    トイプードル♂と♀ がいます。 赤ちゃんが欲しいというのもありましたが 結果、♂は去勢手術をしました。ブラックとアプリコットの掛け合わせは、駄目だと知ったからです。♀は赤ちゃんの頃からお気に入りの犬のぬいぐるみをマウントして遊んでいます。♂は去勢しても♀を追いかけ回して大変です。マーキングもしています。
    家のリビングでは、マナーパッドが外せません。
    寝るときは、専用のお部屋で外しています。
    ♀のヒート中は、本当に可愛そうですが
    かみかみおやつを与えたりお散歩で気晴らしですね。
  • 投稿者

    女性 海

    昔実家の犬は3軒向こうのお宅のメス犬のヒートに勘付いて脱走をしたことがありました。すぐに気が付いて捕獲して家の中に軟禁しましたが、もう終日ピィピィ声が枯れるほど鳴き続けていました。それくらいメス犬のヒート時期はまわりのオス犬はパニックになるので気を遣って欲しいです。当時は外犬だったので余計に気が付きやすかったのかも知れませんが。ドッグランなどには決してヒート中のメスは連れて行かないでください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

発情期中の過ごし方を教えて下さい!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。