愛犬が喜ぶ4つのスキンシップ!触り方のコツや注意点

36093view

愛犬が喜ぶ4つのスキンシップ!触り方のコツや注意点

愛犬家にとっては「犬」はペットではなく大事な家族ですよね!スキンッシプは愛情を伝え、健康をチェックする大事な行為です。上手にスキンシップをとってより絆を深めていきましょう!

犬が喜ぶスキンシップ①:撫でる

顎を撫でている

ワンちゃんは大好きな飼い主さんに撫でてもらうのが大好きです。自分から「撫でて〜」と言わんばかりにそばに寄ってきて催促することもありますよね!
撫でることにはリラックス効果がありますが、それは愛犬にとってだけでなく、飼い主さんにも同様の効果があるのです。

犬が触られて気持ちいい場所

  • 耳の付け根
  • あご
  • 首回り
  • 首から背中にかけて
  • お腹

犬が触られるのを嫌がる場所

  • 手足
  • 尻尾

撫でるときのコツ

撫でるときには、まず飼い主さんがリラックスした状態で始めるのが大切です。飼い主の感情は愛犬にも伝播すると言われています。怒ったり興奮しているときではなく、落ち着いた気分の時に撫でてあげるようにしましょう。
また、「気持ちいいね〜」とか「いい子だね〜」と声をかけながら撫でてあげると、より効果が高まります。
愛犬の表情をよく観察しながら、気持ちいいポイントを見つけてあげましょう。目がとろ〜んとしてきたら気持ちがいい証拠です。

撫でるときの注意点

撫でるときには、愛犬が嫌がる場所は触らないように気をつけましょう。手足や尻尾はもちろんですが、撫でると気持ちいいとされている場所でも嫌がる場合があります。
特にお腹は、飼い主さんに対する信頼がなければ、触られるのを嫌がってしまいます。
背中などを撫でていると、自分からお腹を見せることがありますよね。これは信頼の証です。愛犬が自分からお腹を見せてくるとき以外に無理やり仰向けに寝かせようとしたりしてはいけません。

犬が喜ぶスキンシップ②:マッサージ

足のマッサージ

人間も疲れがたまるとマッサージをしてほしくなりますよね。実はワンちゃんも同じなんです。
同じ姿勢で長時間寝ていた後やお散歩でたくさん歩いた日には、愛犬の筋肉をマッサージしてほぐしてあげましょう。
特に老犬の場合には、体を動かす機会自体が減るので、マッサージすることで血行促進になり老化防止にも繋がります。

マッサージするときのコツ

顔をマッサージするときは、目元から顔の外側に向けて親指の腹を使って、ゆっくりと老廃物を流すようなイメージで軽く撫でます。
胸や後ろ足など、筋肉の多い部分は特に気持ちのいいところです。「内側から外側に向かって」、あるいは「上から下に向かって」という動きが基本の動作です。親指の付け根から腹を使って筋肉をほぐすように撫でてあげましょう。

マッサージするときの注意点

あまり力が強すぎると、当然気持ちいいどころか痛みを感じてしまいます。愛犬の表情をよく観察しながら力加減を調節しましょう。
興奮している状態でのマッサージは嫌がることが多いです。散歩から帰ってきてお昼寝をする前など、疲れているタイミングで行ってあげましょう。

犬が喜ぶスキンシップ③:抱っこ

慣れていなければ嫌がることもありますが、抱っこしてあげることで飼い主さんと触れ合うことができるので、安心するワンちゃんも多いのです。
大型犬であれば、抱っこはできないので、ソファーなどで膝枕をしてあげるだけでも大丈夫です。大好きな飼い主さんと体が触れ合うことで、愛犬は安心感を得ることができるのです。

抱っこするときのコツ

抱っこに慣れさせるためにも、小さい頃から習慣にしておくことが大切です。
抱き上げるときには、後ろ足が宙に浮かないように、しっかりと支えてあげましょう。

抱っこするときの注意点

抱っこに慣れていないワンちゃんを抱っこしようとすると、嫌がって腕から飛び出してしまうことがあるので、初めのうちはソファーなどに座りながら抱っこするようにしましょう。

犬が喜ぶスキンシップ④:ブラッシング

ブラッシング中

ブラッシングは皮膚全体に心地よい刺激を与え、血行の促進にもつながります。また、被毛が絡むのを防ぎ、散歩などでついた汚れを落とす効果もあります。頻繁にブラッシングをしてあげましょう。

ブラッシングのコツ

毛玉になってしまった部分をとかすときにはコームを、体全体をとかすときにはブラシをというように用途に応じて使い分けましょう。
一気に撫でるようにブラッシングするのではなく、細かく手首を動かしながら、皮膚に異常かないかもチェックしながら行いましょう。

ブラッシングの注意点

慣れていないワンちゃんはブラシを持っただけでも逃げ出してしまうことがあります。小さいうちからブラッシングに慣れさせておく必要があります。
慣れていない場合には、まずは背中だけをブラッシングし、ブラシ自体に慣れてきてから徐々に他の部分もブラッシングするようにしましょう。

まとめ

愛犬とのスキンシップはお互いの信頼を確認し、安心できる大切な行為です。
また、愛犬に直接触れることで皮膚の異常や、体にしこりなどができていないかという健康状態もチェックすることができます。
毎日愛犬とスキンシップをとり、心も体も健康な状態を保ってあげてくださいね!

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。