飼い主の愛情不足による犬のストレス行動4つ

99255view

飼い主の愛情不足による犬のストレス行動4つ

あなたの愛犬には愛情が足りていますか?飼い主さんからの愛情が足りていないとき、犬はストレスを感じます。そしてそのストレスが犬の行動に表れます。あなたの愛犬の行動にも思いあたることがないかチェックしてみましょう!

犬にも十分な愛情が必要です

飼い主に撫でてもらう犬

犬は集団で生活する動物で、仲間とのつながりによって安心を得ています。
現代、ペットとして暮らしている犬たちは、飼い主さんやその家族とのふれあいを通して安心を得ていると言えるでしょう。
それゆえ、飼い主さんとのふれあいが少なかったり、愛情が不足している場合に犬は精神的なストレスを受けます。そのストレスがなかなか発散されず、不安感や欲求不満の状態が続くと、犬は「葛藤行動(かっとうこうどう)」と呼ばれる異常な行動をする場合があります。

この記事では、主に愛情不足のストレスによる「葛藤行動」の例を見ていきたいと思います。
もしあなたの愛犬にも当てはまるものがあれば、すぐに改善しましょう!

サインその1:繰り返し行動や自傷行為

自分の足を舐める犬

繰り返し行動や自傷行為の例として、

  • 自分のしっぽに噛み付こうとグルグル回り続ける
  • 自分の手や足を皮膚が炎症を起こすほどなめ続ける
  • 自分の毛をむしりとる

などが挙げられます。
日頃からよく愛犬の行動を観察して、これらのストレスサインに気づいてあげられるようにしましょう。
しかし、場合によってはかゆみや痛みなどがあって患部を舐め続けることもありますので、病気やケガの疑いのあるときは動物病院を受診しましょう。

サインその2:悲しい目で飼い主を見てくる

悲しい目で見つめる犬

犬は目の表情でも感情を表しますよね。
悲しい目で飼い主さんをじっと見つめてくる場合、「遊んでほしい」「なでてほしい」「お散歩にいきたい」など自分の欲求を静かに訴えていると思われます。
とくに、しつけがバッチリで優等生なワンちゃんほど、飼い主さんに怒られないように欲求を我慢してしまうことがあります。

飼い主さんが敏感に愛犬の感情に気づいてあげて、飼い主さんが主導で上手くストレスを発散させてあげることがポイントです。

サインその3:破壊行動

ボロボロのソファーと犬

お留守番のときに、ペットシーツやクッションなどをズタズタに破壊しているなんてことはありませんか?
ひとりぼっちの寂しさを紛らわすために、破壊行動をしてしまうワンちゃんがいます。
日頃より飼い主さんからの愛情を十分に感じている場合、精神的に安定しているので、お留守番中はほとんど寝て過ごしているはずです。(成犬で1日15時間ほどの睡眠時間が必要と言われています)

ひとりのお留守番の時にも愛情を感じられるように、一緒にいる時の接し方を改善しましょう。

サインその4:ムダ吠えが多い

吠える犬

特に飼い主さんが居ないときや、見えなくなったときに吠え続けているワンちゃんは要注意です。
これは「どこいったの!?寂しいよ!!」と訴えるために吠えているといえます。
分離不安症になっている確率も高いので、愛情をたっぷりかけながら、愛犬が精神的に自立できるようにしていきましょう。

愛情を伝える方法

ベッドの上で飼い主と一緒の犬

愛犬に愛情を感じてもらい、ストレスを減らすには、以下の方法をとってみましょう。

基礎的な欲求を満たしてあげる

「水が飲みたい」「ご飯が食べたい」「動きたい」「休みたい」などの動物としての基本的な欲求を十分に満たせるようにしましょう。

笑顔と優しい声でほめる

「今日もイイコだね」「大好きだよ」「可愛いね」など笑顔で声をかけてあげましょう。

毎日スキンシップをとる

短時間でもよいので、マッサージをしてあげたり、たくさん撫でてあげたり、一緒にお昼寝をしたりするといいでしょう。

この3つのポイントを丁寧に実行すれば、愛犬は必ず愛情を感じでくれるはずです。

まとめ

飼い主に抱きしめられる犬

犬が飼い主をリーダーとして信頼し、心の安心を得られるようにしてあげることが「愛情」なのです。
注意点は、「愛情=犬の要求に応える」ことではありません。
愛犬の要求にいつでも応えていると、犬は自分がリーダーと勘違いをしてさらにストレスを感じるようになります。
叱るときは怒りを込めてハッキリと。
ほめるときや遊ぶときは楽しく笑顔で。
休むときは共にゆったりと。
メリハリのあるリーダーとして、愛犬に愛情たっぷりに接してあげてください。
そうすれば問題行動や愛犬のストレスは必ず減るでしょう。
飼い主さんと愛犬が、上手に愛情のキャッチボールが出来て幸せになれますように。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 女性 匿名

    うちの子は葛藤行動はありませんが、散歩に行きたい時には顔をじっと見つめています。朝晩に加えて夜に行くことがあります。
    パピーの時のスキンシップは少なめだったので触れると嫌がる事があり、そんな時はワンと一声なきます。 かと思えば少し身体をくっつけて寝ています。 可愛いです。
  • 50代以上 女性 匿名

    ワンコの悲しい目は、人間がそう思うように見えるだけです。耳がペチャンコになっていたり、尻尾が下がっていたりとかでシグナルが認識できます。白目が見えるワンコは特に、目の表情を人間と同じように思いがちです。
  • 50代以上 女性 匿名

    甲斐犬と暮らしています。14歳になりました。若い頃は言うことを聞きましたが13歳頃から耳が遠くなり言うことを聞きません。できていた、おすわりや待てが出来ません。ボケてしまったのでしょか
  • 女性 ゴン吉

    うちの愛犬はご飯の後などに顔が汚れていることがストレスになるようです。
    大体は家族の誰か気がついて拭くのですが、うっかり忘れるとクッション、こたつ布団などに顔を擦りつけ豪快に掘り始めます。
  • 40代 女性 さざなみ

    うちのトイプー12歳は、退屈な時に肉球の間を舐め、赤い発疹ができて痒くなり、余計に舐めるといった悪循環な状態でしたが、ある時、動物病院で使用していた真菌殺菌用の人間用シャンプーを使用したら、それ以降舐めくせが治り、発疹も消えました。決して自傷行為と決めつけてはいけない、他の原因の可能性もあると思います。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。