愛犬が急に吠えなくなった!考えられる原因や改善方法

【獣医師監修】愛犬が急に吠えなくなった!考えられる原因や改善方法

お気に入りに追加

ギャンギャン吠えて困っていたくらいなのに、急に愛犬が吠えなくなった。トレーニングの成果が出たのかしら?そうだったら良いのですが、他に変わったことはありませんか?健康に関わることだったら大変です。

21365view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

愛犬が急に吠えなくなった、体の不調では?

大口開けたテリア

急に犬が吠えなくなった、ということにあらゆる病気や怪我のサインが潜んでいるかもしれません。また、精神不安な状態かもしれません。

吠えない以外はいつもと同じ?

いつも吠える愛犬が吠えない、なんだか様子がおかしい、と思ったら、愛犬の様子をしっかりと観察してください。何らかの症状が他にもあるかもしれません。

  • ごはんはいつも通り食べるか
  • 水もいつも通り飲んでいるか
  • 下痢や便秘でないか
  • 呼吸は落ち着いているか
  • 散歩は行けるか
  • 熱っぽくないか

吠えないこと以外はいつもと同じ様子ですか?
もし食欲不振や水をがぶ飲みする、嘔吐、下痢、無気力など、いつもと違う症状があれば、何らかの病気のサインかもしれません。必ず動物病院を受診してください。

体に異変はありませんか?

細かく体じゅうをチェックしてください。
触られて痛がったり嫌がったりする場所はありませんか?
口の中や耳も確認してください。皮膚や粘膜に異常はありませんか?

心が弱っていませんか?

愛犬が吠えなくなった直前に何か変わったことはありませんでしたか?
嵐で暴風と雷の音がすごかったり、初めて会う人がいたり、または長時間の留守番をさせていたり。精神的に不安定で、元気がなくなっている場合も考えられます。

あくびはしていませんか?

犬がするあくびは、眠いときばかりではありません。ストレスを感じたときや、恐怖心・興奮を落ち着かせるための行動で、カーミングシグナルといわれるもののひとつです。
異常にあくびをしたり、犬が落ち着かない様子だった場合は、愛犬が何らかの強いストレスを感じていたり、体調の異変を感じているのかもしれません。

急に吠えなくなった、老化のサインかも

犬3頭

小型犬・中型犬では8才くらいから、大型犬では6才くらいからがシニア期と呼ばれています。老化はある日急にやってくるものではありませんが、出来ればゆっくりとやって来てほしいもの。でも老化のサインに早く気が付けたらラッキーです、愛犬のためにしてあげられることはいっぱいあります。

耳が遠くなった?

家の外の音(人が通ったり、バイクの音など)に反応していた犬が急に吠えなくなったり、掃除機の音に吠えていた犬が急に吠えなくなった場合。愛犬の耳が遠くなっていませんか?愛犬が吠えなくなったのは、老化により、これまで反応していた音が聞こえにくくなったことが理由かもしれません。

好奇心、興味が薄くなった?

他の犬や猫に対して吠えていた犬が吠えなくなった、来客に吠えていた犬が吠えなくなった。そんな場合は、老化により好奇心や興味が薄くなったことが理由かもしれません。大好きだったおもちゃ遊びをしなくなったり、すぐに飽きてしまったりはありませんか?

まとめ

黙る犬

犬は、人間に意志を伝える手段や、自己主張の手段として吠えます。しかし、あまり吠えてばかりいると飼い主からしてみると「無駄吠えが多い」と悩みの種になるかもしれません。

しかし、吠えすぎるのは困りますが、いつも吠えている犬が吠えなくなると心配になるように、飼い主さんからしたら犬の健康をみる分かりやすい指針のひとつとなっている側面があります。“いつもと違う”と早く気付いてあげられることが、愛犬の健康を守るために一番重要なことです。普段から、愛犬の性格や生活、行動パターンを良く知っておく必要があります。

飼い主さんで原因がわからなかったり、愛犬の様子がいつもと違う状態が続くようでしたら、動物病院へ相談するのが良いでしょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 モカ

    犬が急に吠えなくなったというのは非常に判断が難しいですね。うちのわんこはもともとそれほど吠える方ではないので、きっと判断し辛いだろうなと思っています。人には全く吠えない子なのでたまに一つワン!っと吠えただけでそのことに驚いてしまうくらいです。やはりそれに伴って元気がないとか食欲がないとか他の要因も含めて総合的に判断することがいいかもしれません。ともかく犬が吠えるという行為は、犬にとっては最大の意思表示であると思います。吠えてる時の表情や声、泣き方などによっても色々な意味を持つと思います。やはり日頃からよく観察をする事が大切なのだと思います。
  • 投稿者

    40代 女性 momo

    愛犬が吠えなくなるというのは、記事にあるように老化現象で耳が遠くなって、今まで怖かったもの(雷やインターホン等)に反応しなくなるという事も確かにあると思います。ただ、深刻な場合もあります。我が家の愛犬は昨年末にリンパ腫を患い、顔の脱毛や腫れ、身体の発赤などが広がり元気をなくした際に、今までご飯の催促で必ず吠えていたのが、徐々に声がかすれてきてそのうち声が出なくなりました。見ていると吠える仕草はするのですが、音として出てこないようでした。飼い主としてはショックでしたが、治療が進んで、次第に体調も戻ってきた際に声もだんだん出るようになりました。今では、苦手な犬が家の前を通ったり、ご飯が欲しい時にはうるさい位に吠えるようになり、怒りながらも嬉しい日々を送っています。
    やはり、犬が吠える事が出来ないのはストレスだと思いますし、見ていて切なくなります。
    どうか、声がかすれたり、何か異変を感じたら迷わず獣医さんに相談していただきたいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。