狆(チン)の性格と特徴、価格や寿命など

狆(チン)の性格と特徴、価格や寿命など

お気に入りに追加

狆(チン)の性格と特徴、価格や寿命などについてまとめました。狆(チン)という犬種をご存知でしょうか。狆は古くから日本人と暮らす歴史を持つ日本犬の一種ですが、意外と知られていない犬種でもあります。狆の性格と特徴、価格や寿命から歴史までをご紹介します。

23108view

狆の性格

芝生の上で遊ぶ狆

狆の性格についてご紹介します。

  • 聡明
  • 大人しい
  • 神経質
  • 人懐っこい
  • 忠実

聡明

狆は、とても聡明で飼い主の様子やその場の状況をしっかり読み取り、とても知的な振る舞いをします。人と暮らす上で必要なルールを、生まれながらに知っているかのようだと言われることもあるほどです。

大人しい

狆は、とても大人しい性格の個体が多いとされています。とても穏やかで、行動もゆっくりであることが多いようです。

神経質

狆は、飼い主や状況の変化などに敏感に反応するなど、とても繊細な性格をしていると同時に、神経質な一面も持ち合わせています。そのため、乱暴に扱われることを苦手としますが、攻撃的な行動を取ることは殆どありません。小さな子供にしつこく構われると、さっと距離を取るなど、どちらかと言えば猫のような行動を取ることが多いようです。

人懐っこい

狆は、とても人懐っこく愛嬌のある性格をしています。とても甘えん坊で、飼い主さんの側に寄り添って過ごすことを好みます。また、知らない人や動物にも愛想よく振る舞うことができ、とにかく人が好きだという個体も多いようです。

忠実

狆は、飼い主や家族に対してとても忠実な犬種です。飼い主さんに対してはもちろん、小さなお子さんにも優しく寄り添い、面倒見のいい個体も多いようです。

狆の特徴

首を傾げる狆

狆の外見的特徴をご紹介します。

大きさ(体高、体重)

狆は、平均体重2kg~5kg、体高25cmの小型犬であり、メスに比べてオスの方が若干大きくなることが多いようです。と言っても、狆の体重は個体差が大きく、小さい個体で1.5kg、大きい個体では6kgを超えることもあるようです。

毛色、毛質

狆の毛色は、白地に黒、または赤(赤茶色)の斑のみが認められています。この斑は目の周りから耳全体にかけて左右対称であることが望ましいとされており、この模様にもそれぞれ名称が付けられ細かく分類されています。

狆のフワフワとした上品な被毛は、シルキータッチのロングコートですが、個体によって多少長さが異なります。また、狆の被毛はシングルコートとされていますが、近年ではダブルコートではないかという意見も増えているようです。それには、抜け毛の量が関係しているようですが、基本的に狆は抜け毛が少なく、お手入れも比較的楽であると言われています。

そのため、トリミングやカットなどは必ずしも必要という訳ではありません。と言っても、狆の被毛は長いため絡まったり、汚れたりしてしまうことがないよう、顔やお尻の周りだけをカットする飼い主さんも多いようです。どちらにしても、日頃からこまめなブラッシングを行いましょう。

体の特徴

狆の体型は、体長と体高がほぼ等しいスクエアタイプであり、耳や首の周り、足やしっぽには飾り毛があります。耳は前に垂れ、マズルは短く、瞳は大きく少し離れています。

狆の価格

狆の子犬

狆の価格は、10万円~40万円と非常に幅が広いようです。というのも、狆の顔にある斑模様はそれぞれに名称が付けられ細かく分類されているほど、狆の評価と深く関係しています。斑の位置や色、間隔などによって評価が異なり、人気が高い模様であるほど、価格が高くなる傾向にあるようです。

狆をブリーダーから迎えるには

狆の子犬2

狆は日本犬の一種であるため、基本的に国内のペットショップやブリーダーから迎えることができます。狆を取り扱うブリーダーは非常に多いため、インターネットなどで評判の良い狆専門のブリーダーを探してみるといいかもしれません。気になる狆のブリーダーが見つかれば、まずは犬舎へ見学へ行きましょう。

狆の里親になるには

狆と男の子

狆は、国内でも人気が高い犬種である反面、ペットショップで売れ残ってしまったり、飼育放棄をされてしまったりして里親募集をしていることも少なくありません。今現在、筆者が確認しただけでも、100匹近い狆が新しい家族を探しています。斑模様や血統書にこだわりがない場合は、是非里親募集サイトなどをチェックしてみてください。

狆の寿命

狆の横顔

狆の寿命は12歳~14歳とされています。犬の場合、大型犬より小型犬の方が長生きする犬種が多く、小型犬の平均寿命は12歳~15歳であることから、狆の寿命は小型犬の平均、もしくは少し短い程度でしょうか。と言っても、実際に15年以上健康で過ごす狆も増えてきているようなので、ご長寿を目指して健康管理を行いましょう。

狆がかかりやすい病気

狆の気をつけたい病気

関節形成不全

狆は「膝の関節がはずれやすい」「はずれたまま戻らない」という症状が比較的多く見られます。原因としては、遺伝子の問題(先天性)と打撲や高いところから落ちたなどの事故が原因で発症する場合(後天性)があげれます。

症状はレベル1から4までに段階分けされており、獣医さんの触診にて発見することができます。レベルが低い場合、痛みもなく日常生活には支障がない場合も多いですが、症状が悪化しないよう、滑りやすい床にはカーペット等を敷くなど、狆の膝に負担がかからないようケアをしてあげましょう。

レベルが高い場合は痛みがあったり、歩行に異常が出てくる場合があります。外科的治療が必要とされていますが、いくつかの手術の方法があったり、リスクを伴う場合もあります。手術を行う場合は、獣医さんとよく相談をしてから行うことをおすすめします。

狆の歴史

ブラウンの狆の全身写真

狆は古くから日本人と共に暮らしてきた日本犬の一種であり、別名「Japanese Spaniel」「ジャパニーズ・チン」。「狆」の由来は「ちいさいいぬ」とされています。「ちいさいぬ」「ちいぬ」…と縮まっていき「ちん」になったと言われており、当時は姿形に関係なく「小さい犬」を「ちん」、「ちんころ」などと呼んでいたそうです。

また、「狆」という和製漢字の由来に関しては諸説ありますが、犬は屋外で飼うことが一般的であった当時の日本で狆が屋内飼育されていたことや、狆が犬よりも猫に近いと考えられていたということから「犬と猫の中間の獣」という意味が込められているとされています。

狆が日本に入ってきた時期に関しても「朝鮮から贈られた」「使者が持ち帰った」「戦国時代に日本へ入ってきた」など諸説あり、それらには不明点も多いようです。また、狆の特徴である短い鼻はペキニーズの血統を強く感じさせるため、祖先犬は中国から朝鮮を経て日本へ渡ってきたチベットの小型犬であると考えられています。

また、狆は江戸時代「犬公方(いぬくぼう)」とも呼ばれた5代将軍徳川綱吉に江戸城で飼われていたことでも有名ですね。当時、狆は皇族や資産家などに飼われることが多く、非常に可愛がられていたようです。その頃は人に羨まれるほど贅沢三昧の生活を送っていた狆ですが、庶民の生活が安定すると共にゆとりのある一般家庭でも多く飼育されるようになりました。

しかし、開国後、様々な洋犬が国内に入ってきたことによって狆の人気は低迷します。しかし、フランスやイギリスの愛好家の手によって交配が続けられたことで、現在の狆の人気が確立することとなります。現在の日本国内では、チワワやトイプードルなどの小型犬が人気を博していますが、海外では狆の愛らしい姿に魅了される愛好家が増加しているようです。やはり日本犬と言えば、秋田犬や柴犬などが有名ですが、インスタグラムやツイッターなどのSNSの普及により、狆の人気もじわじわと高まってきているようですよ!

まとめ

雪と狆

狆(チン)の性格と特徴、価格や寿命などをご紹介しました。狆は、他の日本犬と比べると体も小さく、日本犬らしい凛々しさに加えてとても可憐で可愛らしい印象をうけますね。徳川綱吉を含め、江戸時代の人々が尽くしたことにも頷けます。(笑)

狆は非常に穏やかで優しい性格の子が多いため、初めて犬をお迎えする人にもおすすめできる犬種です。里親募集されていることも多いので、狆をお迎えしたいと考えている方は是非チェックしてみてくださいね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 ちょびこ

    狆、かわいいですよね!知り合いに飼っている人がいて、時々家におじゃまするといつもしっぽをふさふさ&ふりふりしながら出迎えてくれて、座るとすぐに「なでて~」とばかりに私の足の上に背中を向けて座ってくるのがたまらなくかわいいんです♪それほどたくさんの狆を見たことがあるわけではないんですが、白×黒しか見たことがないんですが、茶色のタイプの子もとってもかわいいですね。スパニエルっぽさがより強まる感じがします。それにしても、私すっかり勘違いしていて狆って中国の犬だと思っていました。狆っていう名前の印象なのかな?なんでそう思ったのかわからないんですが…。日本の犬だったとは。愛すべき和犬が私の中で増えた感じがしてうれしい限りです(*'ω'*)
  • 投稿者

    20代 女性 ゆず

    ペチャ顔のお顔が可愛すぎます!日本が原産なんですね。外見の特徴からして中国原産かな?と、思っていたのでビックリしました。柴犬などの日本犬全般は警戒心が強く飼い主以外には懐かない子が多いですが、狆は人懐っこい社交的な子が多いようです。賢くてお行儀も良く、サイズ的にも飼いやすいと言えるのでどんな方でも手に入りやすい犬種ですね。
    記事に書いてあること以外ですと、耳のお手入れは定期的に行ったほうが良いかと思います。垂れ耳わんこなので、放っておくと耳の中にダニが付いてしまいます。小型犬ですから、トリミングに行った際に耳のお掃除をしてもらえば良いかもしれませんね。長毛種ですから、シャンプーも欠かさずにやりましょう。足は細く短足なので、太り過ぎにも注意して下さい。足に負担が掛かってしまいます。
  • 投稿者

    30代 女性 ショコラ

    保護団体から迎えた2歳の狆と先住犬の雑種犬12歳と暮らしています。
    狆は、本当に人に甘えるのが上手です。我が家に来た人に甘えて、お膝の上に乗せてもらい満足して寝ています。お散歩で会う、どの犬とも仲良く出来ます。
    そして、ほとんど鳴くことがなく、家の中でイタズラをすることもないです。トイレもすぐに覚えました。
    先住犬は、どの犬でも仲良くなれる訳ではない子ですが、狆の穏やかで若くてもわちゃわちゃしてない性格がいいらしく、問題なく過ごせています。
    子供達に対しても、穏やかに接してくれ、怒ったことが一度もありません。遊ぶこと甘えること大好きです。
    もちろん、お手入れは欠かせないかもしれませんが、短毛の先住犬のお手入れに、毎日2回のブラッシング、2週間に一度のシャンプー、定期的なトリミングとやり過ぎなぐらいしていた私としては、お手入れしがいのある狆は、飼いやすい子です。
    短吻種の狆は、暑さに弱いと言われていますが、うちの子は、ダブルコートで毛がよく抜けるからか、それほど弱くはなかったです。もちろん、夏場は、エアコンがフル稼働してますが、、、どちらかというと、高齢の先住犬の方が、暑さ寒さに弱いです。
  • 投稿者

    20代 女性 ロコン

    知り合いが狆を飼っていて、いつもその穏やかな顔と性格に癒されています( ^ω^ )
    狆はその子しか知りませんが、ペチャっとした顔とちっちゃい口、優雅に揺れる耳がかなりツボでかわいくてたまりません!
    性格もすごくおっとりしながらも遊び好きで、いつか飼ってみたいな~とひそかに思っています。
  • 投稿者

    女性 すき焼き

    最近は狆をみかけなくなりましたね。よく平安時代なのかな、昔の絵に狆が描かれていますよね。日本に昔からいた良い犬種なんだろうなというイメージがあります。実際に狆と触れ合ったことはありませんが、穏やかで快活な気風が写真から伝わってきます。
  • 投稿者

    40代 女性 すず

    犬を飼い始めてから、他の犬種などについても興味が湧いてきて、犬を飼う前に買った犬種図鑑を近頃ひたすら読んでいます。狆も実際は見たことがありませんが、とても興味のある犬種なのでいつか会ってみたいな~、もしまた犬を飼う機会が合ったら検討したい犬種のひとつだな~と思っていたところです。なんだかとても穏やかそうで、でも陽気な感じで飼いやすそうですよね。見た目も、ふさふさの毛で上品な感じがするのに、実はちょっぴり鼻ぺちゃというところがとってもかわいらしいなと感じます。世界にはまだまだ知らない犬種もたくさんあると思いますし、今はこうしてネットで色々と調べることができるので犬のことも勉強していきたいなと思っています。
  • 投稿者

    30代 女性 en

    我が家には茶狆を含む3匹の狆がいます。体格は平均よりもかなり大きめですが 基本的には同じでおっとりして愛嬌もあり、人懐っこい子達です。
    狆の毛はカットすると毛質が悪くなると言われている(実際一部カットした所がパリパリになり余計絡まった)ため我が家ではサマーカットなどはしてないので夏場はエアコン必須です!
    また毛が長いので雨上がり散歩にいくとすぐに足元から尻尾からドロドロになります。
    しかも雨など濡れると狆の毛は水をとても吸うので ワンコが体を振ったくらいでは水分が抜けませんw
    めっちゃ乾かしにくいです。
    水を飲めば胸毛がびしょ濡れになり、公園を散歩すれば小枝や葉っぱを足や尻尾につけお土産にする…
    ここまで書くと面倒と思われますが 手間をかけても余りあるほどの愛嬌が狆にはあります。
    うちは猫もいますが仲良くしていて、ただ狆は目が飛び出てるので じゃれたときに目を傷つけないようにだけ気をつけてます。基本吠えない子が多いので猫も初めからあまり嫌がりませんでした。

  • 投稿者

    30代 女性 arisa

    狆という名前から、勝手に中国原産の犬だと勘違いしていました。
    日本が原産国なんですね。驚きました。
    フサフサの尻尾を振って、人が大好きな愛嬌のいい犬ですよね!
    最近はあまり見かけることが少なくなったように感じますが、ペットショップでもあまり売られていない気がします。

    きれいな被毛を保つため、シャンプーやトリミングはかかせないですね。
    室内で飼ってもそれほど負担にならない大きさですし、子供とも相性が良さそうです。

    これから犬を飼おうかな、と考えている人は、ぜひ狆の魅力を知って候補に入れてほしいですね。
  • 投稿者

    50代以上 女性 みとはは

    2年前から3歳の子を里犬として飼いはじめました。大変大人しい犬で攻撃性が全くありません。
    めったに吠えませんし、いたずららしいいたずらもしません。それまで飼っていた柴犬や、他に知っている小型犬と比較して、「世の中にこんな大人しい犬がいるのか」とびっくりしました。トリミングに連れていっても獣医さんに見せても、おとなしさにびっくりされました。(田舎で狆は多分ほとんどいない地域です)
    我が家の狆は、元々の飼い主の飼い方なのか、臆病で他人には人懐こくないので残念ですが、家族にはかなりの甘えっこです。
    芸を次々覚えるような賢さはありませんが、素直な気質でこちらの指示を良くきいてくれます。
    何より素晴らしいのは被毛です。漆のような黒毛に純白の毛が輝くように映えます。さわり心地もとてもよく、特に顔周りはとろけるような触り心地です。
    我が家の狆はダブルコートだと思います。毛はけっこう抜け、換毛期は毎日の掃除が必要です。身体が大きくないので、総量はそんなにたくさんではないので、我慢できる程度ですが。
    大人しい犬なので子供や犬嫌いな人のいる家庭でも飼えると思いますが、あまり活発な犬ではないので、若い男性などには物足らないかもしれません。

  • 投稿者

    50代以上 男性 コタハナ

    我が家の狆2頭はシングルコート(雌)とダブルコート(雄)と、それぞれ別です。
    抜け毛の季節では、抜け毛の量はびっくりするほど圧倒的な差が出ます。
    シングルコート犬は全体的に細い毛で密度が濃いですが、ダブルコート犬は外側の毛が多少太くて長く、内側に細い毛が密集しており、触った感じも明らかに違います。
    子犬の頃には気付かなかったのですが、成長してその差が顕著になって来て、今ではその個体差に納得出来ました。同じ犬種なのに不思議なものですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。