犬が好きな色って?落ち着く色や見えづらい色まで

52468view

犬が好きな色って?落ち着く色や見えづらい色まで

人間と犬は同じ眼の構造ではなく、わたしたちと違う見え方をしています。愛犬にはいったいどんな色が見ているのか、一度は気になったことがありませんか?今回の記事では、犬の色の見え方について、犬が好きな色や落ち着く色、見えづらい色などをご紹介したいと思います!おもちゃや服選びの参考にしてみてください。

犬にも好みの色があるの?

カラフルボールを持つ犬

好みの色は犬に聞いてみないと分かりませんが(話せたら色々聞きたいですよね)、眼の構造上、見えやすい色や区別しにくい色はあります。
犬には、

  • 青は見えやすい
  • 赤は暗いグレーに見える
  • 黄と緑は区別できない

と言われています。
動物は、眼の中にある「錐体細胞」という部分で色を認識しています。人間には錐体細胞が3種類あり、それぞれが「赤・青・黄」を認識して、その組み合わせによって多彩な色を見分けることができます。
一方、犬には「錐体細胞」が2種類しかなく、主に「青・黄」を認識することができます。よって人間と違い、赤色は認識できず、暗いグレーのように見えているそうです。
カリフォルニア大学が行った犬の色の見え方に関する実験によると、犬は緑・黄・オレンジは「黄っぽい色」、紫・青は「青っぽい色」、赤は「非常に暗いグレー」に見えているそうですよ。

犬の好きな色

青リボンの犬

はっきり分かる青色

「好きな色」=「見えやすい色」と考えると、犬が好きな色は「青」と言えるでしょう。
犬にしっかりと認識してほしいもの、例えばオモチャや水飲み食器などは青色にすれば、ワンちゃんも分かりやすくて良いでしょう。
緑の芝生などでボール遊びをするとき、黄色のボールだと芝生と同じ色に見えてしまうので(黄色と緑は識別しにくい)、青色のボールだとよりはっきり分かって楽しく遊べるかもしれませんね。

犬が落ち着く色

落ち着いている犬

青や黄以外

犬が落ち着く色として、色がはっきり分かる「青色や黄色以外」といえるでしょう。
人間でもカラフルで刺激のある色使いは、素敵だなと思っても落ち着きはしないですよね。犬も同様に色としての情報がぼんやりしたもの、視覚にストレスとして入ってこないものがよいのではないでしょうか。

犬が見えづらい色

赤いソファーに乗る犬

赤(識別できないので)

冒頭でも触れましたが、犬が見えづらい色として「赤」が挙げられます。
例えば、青色のオモチャと赤色のオモチャがある場合、色彩だけで判断するならば、色が着いている青色に目が行き好んで使用するでしょう。よく好んで使っていた青色のオモチャを、赤色のものに変えたところあまり遊ばなくなったという話もあります。
犬に注目してほしいモノの色を選ぶときは、青色にしてみると効果が上がるかもしれません。

犬は視覚情報をあまり重要視していない

犬の鼻

これまで色彩について見てきましたが、実は犬は視覚情報にそれほど頼ってはいないのです。
人間は外からの情報の約80%を視覚に頼っていますが、犬の場合は約20%ほどと言われています。
犬の視力も0.2〜0.3といわれ、非常に近視でぼんやりとした世界が見えていると言われています。
ですので、その眼をカバーするだけの嗅覚や聴覚が発達しているのですね。

まとめ

ウィンクする犬

犬が好きな色、落ち着く色、識別できない色などについて見てきました。
愛犬の行動に思い当たることはありましたでしょうか?
犬の色の見え方についてもう一度おさらいすると、

  • 青は見えやすい
  • 赤は暗いグレーに見える
  • 黄と緑は区別できない

ということが言われています。おもしろいですね。
愛犬の見えている世界を知れば、愛犬と同じ景色を見ながら「今こんな風に見えているのかな?」なんて思ったりして楽しくなりますね。
これからワンちゃんのグッズ選びの際には、注目しやすい色、見えにくい色などの知識を用途に合わせて参考にしてみてください。
また、犬は色も大事ですか、質感や肌触りによっても好みが分かれますので、あなたの愛犬の好みに合わせてチョイスしてあげてくださいね。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 30代 女性 のの 

    犬の見えてる世界は人間の見えている世界よりも色が少ないと聞いたことはありますが具体的な色までは知りませんでした。生き物が物を見るときに真っ先に目に飛び込んでくるのはまず色、次に形だと聞いたことがあります。人間は色で判断することがかなり多く例えばポストは赤のように植え付けられた色の印象は物を認識するうえでかなりの確率で有効ですよね。犬には犬の世界での色の認識がありそれは人間の一生とは全く違うものだとよくわかります。例えば人間にとって赤は危険っというイメージがあります。それは信号のとまれ、だったり血の色だったり炎だったり、そんなイメージからくるものではないでしょうか?犬の世界では赤や黄色オレンジなどはあまり認識しずらい色なので色だけで危険なものを察知するという事はあまりないという事でしょう。逆に言えばそのために嗅覚が発達し、触覚、聴覚が発達していったと推察できます。犬にとってはどれが機能しなくなってもやはりストレスを強いられることは間違いがないのですが、他の部分が発達しているという事は色々なものを感じさせて危険なもの、危険じゃないものの判別をさせてあげることは大切だと思いました。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。