拾い食いの怖さ!愛犬がホウ酸団子を食べてしまった…。

拾い食いの怖さ!愛犬がホウ酸団子を食べてしまった…。

お気に入りに追加

わんこが小さいときに、まさか!と思えるようなホウ酸団子拾い食い事件を経験しました。そのときの状況と拾い食い事件を通して学んだ内容をまとめました。

15547view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

愛犬がホウ酸団子を食べてしまった。

トイプードル

もともと食欲旺盛な我が家のわんこ。花があればかじってみたり、レジ袋の野菜にいつの間にか歯形がついていたりと、油断も隙もありません。わんこの届く高さに口に入れては困る物を置かないよう注意していたのですが、それでもこのホウ酸団子事件は起きてしまったのです。

そもそもホウ酸団子ってなに?

ホウ酸団子とは

ホウ酸団子とは「ゴキブリ駆除のための毒エサ」です。材料となるホウ酸は毒性が強く、わんこの場合体重1kgあたり約1.8gが致死量となります。そして、それよりはるかに少ない量で中毒症状が起こりえます。

ホウ酸団子は手作りされる方が多く高濃度に作ることが可能なので、たった一個のホウ酸団子でもわんこにとっては、命を落としかねない非常に危険な存在となるのです。置くならば、絶対手の届かない場所に。もちろん我が家はもう1つも置いていませんが・・・

愛犬がホウ酸団子を食べた経緯や症状

#ブロッコリーを見つめる#

愛犬がもうすぐ1歳になる頃でした。私は掃除機をかけていて、わんこは部屋で丸くなっていました。コードの都合、ドアを開けたまま他の部屋へ移動。掃除機の音で何も聞こえない状態でしたが、まあ大丈夫だろうとしばらく掃除を続けていました。

終わって部屋に戻ると、わんこがいないのです。少しだけ開けたドアからするりと出てしまった様子。驚いて名前を呼ぶと、別の部屋の奥から嬉しそうに何かをくわえて戻ってきました。それが、ホウ酸団子だったのです。

持ってきた時点でホウ酸団子の3分の2以上を食べ終えていました。ぞっとして近くの病院へ駆け込みました。が、あいにくお昼の休憩時間で開けてもらえない。

病院を何軒もはしごする間にわんこは3回吐きました。1歳を迎えることなくこの子は死ぬのではと、自分の考えの甘さを何度も何度も後悔したのです。

とある病院の裏口からようやく入れてもらえ、血液検査を。病院でしばらく様子を見ていただき、お薬をいただいて夜にやっと帰宅。後日尿検査をして、もう大丈夫ですよと言っていただけました。病院代も多くかかりましたが、わんこの命に代えられるものではありません。
本当にちょっとした油断からはじまったこの事件ですが、多くの事を学ぶきっかけとなりました。

我が家に加わった新しいルール

#待ての途中#

  • 床に物を置かない【徹底】
  • 拾い食いしようとしたら、必ず叱る。
  • 目を離す場合、ドアを閉めるかわんこを小屋に入れる。

まずこの3点が、我が家のルールに加わりました。
また万一何かあったときは、とにかく急いで病院へ連れていくこと。行った先で必ず診てもらえるとは限りません。休診も十分ありえると考え、病院数軒分の時間と場所を日頃から確認しておくことが大切です。
原因となったホウ酸団子ですが、これは前に住んでいた方の残りが部屋の奥の隅に1つだけ残っていたものでした。

まとめ

#こちらを見ている#

我が家のわんこは幸い大事に至りませんでしたが、また同じことを繰り返して病院へ・・なんてことがないよう拾い食いに関しては厳しく叱るようにしています。ペットの命を守れるのは飼い主さん次第です。身の周りの環境に危険なものはないか・ペットの習慣に改善したほうがよいものはないか、今一度振り返ってみてください。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 くう

    知らない間に拾い食いされているのは恐いですね。
    我が家でも以前、脱ぎ捨てて会った衣類のポケットからミントタブレットのお菓子のケースを持ち出して、一生懸命噛み砕かれたものが見つかりました。
    キシリトールを配合しているミントタブレットだったため、キシリトールは急性中毒の恐れがあると聞いていたため見つけた時は興ざめでした。ケースの中にどれくらいのタブレットが残っていたかもわからず、犬が食べてしまったかもわかりませんでした。なにより、いつその菓子ケースをかみ砕いたのかも分からず、ちょっとしたパニックでした。
    幸い愛犬に中毒症状は起こらず、動物病院へ連れていくこともありませんでした。
    とにかく、犬の届くところに危ないものは置かないように、ですね。
  • 投稿者

    女性 MOCHI

    この記事を読んで、メチャクチャ共感しました!というのも、つい先日うちの愛犬も隠しておいたホウ酸団子を手でかき出してクンクンと匂いを嗅いでいたのです!食べたりする前に匂いを嗅いでいた所を発見できたので良かったのですが、食べてしまったら・・・と思ったらゾッとしました。お恥ずかしいのですが、何度もトレーニングをしたりしていても、うちの愛犬はまだ拾い食いを止めません。外をお散歩中でも、うっかりしていると何かをモグモグしているなんてことがしょっちゅうあります。今回、まさか家の中で危険なものを食べるとは予想もしていなかったので、本当に焦り、またとても反省しました。この記事を書いているライターさんもとても焦ったと思います。私も愛犬がホウ酸団子を食べたら、死んでしまう!と思ってしまうとと思います。今回、無事で本当に良かったです。
  • 投稿者

    女性 桜茶

    犬の拾い食いは本当に怖いことですよね。我が家ではホウ酸団子を作ったことがないのですが、毒性が強いことだけは知っていました。
    一般的なホウ酸団子の場合、約6~8gくらいのホウ酸が入っているそうです。犬の致死量は1kgに対しホウ酸3gとされているので、超小型犬のような体重の軽い犬種だと命に関わる量です。
    ホウ酸団子に含まれるものの中には、ホウ酸だけではなくタマネギを入れることもあるそうです。わんちゃんが少しかじっただけだったとしても危険であることは一目瞭然ですね。

    食べてすぐなら吐き出させることが対処法ですが、なかなか難しいので動物病院に電話を入れながらすぐ獣医さんに診てもらうのが一番いいです。

    メーカーの対処法として、犬がホウ酸団子を食べた量が少量なら水か牛乳を飲ませて様子を見ること、もし1個以上口にしてしまった場合は吐かせる処置の他に胃洗浄、吸着剤、下剤が必要になるので急いで動物病院へ連れていくように、とありました。
  • 投稿者

    30代 女性 nico

    もちろんできるだけしつけはしているつもりですが、やっぱり拾い食いってこわいですよね。実は同じような経験があって、ホウ酸団子は自宅では置いていないんですが、ゴキを撃退するエサの罠みたいなもの(〇〇キャップという商品)を置いていたんです。ある日自宅に帰ったらそのプラスチック容器がバラバラになって落ちてて…。キッチンの棚の隙間に隠してたのを引っ張り出したみたいです。ものすごく焦って時間外でしたが獣医さんに電話したら「そのタイプは基本的に虫にしか毒性がないから少量なら大丈夫」と言われました。なるべく水分を摂らせて体から出すようにしましたが、死んじゃうんじゃないかって本当に焦りました。あれはゴキを寄せ付けるために海老とかカニのようないい香りがするらしいので、鼻のいいわんこがいる家庭はご注意を!
  • 投稿者

    40代 女性 おーちゃんママ

    恥ずかしながらうちも拾い癖がなくならないのでありうることだなと思います。家の中は気をつけられても、外でおかしなものを拾ってしまわないかがこわいですね。たまに毒入りソーセージとかが公園にまかれていたなんてニュースも見聞きするので本当に気をつけないと危ないなと思っています。
  • 投稿者

    女性 すいか

    ホウ酸団子を犬の届く場所に置いてしまっては危ないですね。私が虫が異常にキライ過ぎて、うちでは業者さんに毎月来てもらっているのですが、万が一のことがあっても大丈夫な薬剤を使用してもらっています。もちろん置き場所は犬の届かない場所のみです。
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。