愛犬があごを乗せてくる時の5つの気持ち

210151view

愛犬があごを乗せてくる時の5つの気持ち

「うちの犬はわたしの膝にあごを乗せるのが好きなの...」「愛犬がソファの上にあごを乗せているのをよくみる」なんてことはありませんか?犬はどんな心境のときにこのような行動をするのかご存知ですか。ここではこの仕草はどのような気持ちの現れなのか考えてみましょう。

犬があごを乗せてくる時の心理とは?

愛犬があごを気軽に乗せてくると可愛くて、飼い主は頑張って動かないでいるなんてことがありますよね。この愛犬の行動から「わたしに何かを言いたいの?」「それとも甘えているだけなの?」と考えることはありませんか。
ではこの仕草から読み取れる犬の心理を探ってみましょう。

①「甘えたい」

リラックス中

ほとんどの飼い主さんが愛犬があごを乗せる行為は甘えたいから、ということをご存知だったのではないでしょうか。その通りです、このとき犬は大好きな飼い主さんに甘えたいと思っています。また飼い主さんの顔をウルウルとした目で見つめているなんてことはありませんか?犬は「大好きな人と一緒にいたい」「あなたが大好き」というアイコンタクトをします。

飼い主さんに自分の体の一部を委ねるということは、とても信頼のできる間柄ならではの行為です。
愛犬があごを乗せてきたときには、やさしく耳の後ろや首から肩などをマッサージしてあげるなどして、リラックスさせてあげてくださいね。

②「かまってほしい」

かまってよ

犬は構ってほしいときあごを乗せてきたり、また時には手を伸ばして軽くポンとたたいてくるかもしれません。これは「ねえねえ、かまってよ」「こっち向いてよ」という表現です。

人間と同じように犬も自立した子もいれば、とても甘えん坊な子など個性はさまさまですが、その都度「よしよし」となだめていると犬は「次回も同じ行動をすれば飼い主さんは必ずかまってくれる」と覚えてしまいます。

犬はとてもおりこうです。手が離せない仕事や用事があるときでも無視せず、愛犬を撫でてあげながら「すぐ終わるから待っててね」「あとで一緒に遊ぼうね」と言い聞かせるだけで全然違います。このとき愛犬とのアイコンタクトを忘れずに。もちろんその後は思いっきり遊んであげてくださいね。

③「ごはんがほしい」

なんかちょうだい

このあごを乗せる仕草はごはんやおやつが欲しい時のサインとしても行います。まずは毎日のごはんの量は足りているか、栄養成分は足りているかなどの確認してみましょう。

なお犬が欲しがる都度におやつなどをあげると、喜んですべて食べてしまいます。うちの子は大きいし良く食べるからと言って、あげすぎないようにしましょう。間食をあげる場合も朝夕のごはんに影響するような食べもの、量などに気をつけてください。

また私たちが食べているものを見て、この仕草をしてくるときは「私にも少しちょうだい」というおねだりのサインでもあります。しかしわたしたちの食べているものは犬には不要な味付けがされているものがほとんどです。人間と違って犬は消化吸収が苦手な食べ物もありますので、飼い主さんがしっかりと健康管理をしてあげてくださいね。

④「信頼・安心」

あごのせ

犬は体の部分を何かにくっつけてると落ち着くなど聞いたことはありませんか?しかしその行動は信頼している相手にしかしません。犬にとってあごは本能的な機能の臭覚、視覚や聴覚に加えて物の振動をいち早く察知する骨伝導の機能感覚のあるとても敏感な部分です。

その大切な体の一部をあなたにゆだねても安心できる環境でいられることを、愛犬はわかっているのです。また信頼関係ができると、トレーニングも円滑に進められ、あらゆるしつけもしやすくなり一石二鳥です。

わたちたちにあごを乗せてリラックスして寝ている愛犬の姿をみると、信頼関係が出来てるようで、なんだかうれしくなりますね。

⑤「わがままになっている」

犬があごを乗せて付けるのはカーミングシグナル(自分の意思を伝えるための体を使った表現)のひとつです。もしかしたら、犬があごを乗せてくる時は「わがまま」になっているかもしれません。

犬は生活するうえでリーダー(信頼できる飼い主)を必要とします。通常わたしたち飼い主が犬との信頼関係を築き上げ、安心させなくてはいけません。しかし間違った生活習慣により信頼関係がうまく築けていないと、犬がわがままになってしまう場合があります。

このようなわがまま行動は飼い主と犬の関係、環境や犬の性格などが原因になることがあります。
かわいいからと言って、むやみに犬を甘やかすのは信頼関係を崩してしまうことがありますので、状況や様子をみながら的確なしつけをしましょう。万が一、しつけの方法に迷ったときは犬のしつけ教室や幼稚園、またインターネットで検索してみるのもひとつの手段です。一度覚えたことを突然変更しようとすると犬は混乱してしまうため、分からないときは曖昧にせず、間違ったしつけをしないように気を付けてください。
愛犬との信頼関係を正しく築くことはとても大切なことなのです。

※一部内容を訂正いたしました。

さいごに

愛犬とのいい関係

飼い主や物に犬があごを乗せるする時の心理をご紹介しました。
犬の何気ない仕草に意志や感情が表れてることをご理解いただけたでしょうか。
同じ言葉を話さない犬だからこそ、大切な愛犬の仕草から出来るかぎり気持ちを読み取ってあげたいものですね。私たちが愛犬と生活する中で、より良い関係を築いていきましょう。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 30代 女性 38moto

    これは犬からのアピール全面押しですね。寂しがり屋や甘えん坊に特に多い行動になります。
    顎を乗せるということは、犬の急所である喉も預けている状態です。信頼関係が築けていなければできない行動です。飼い主さんをとても信頼しているという証ですね。

    信頼、安心して顎を乗せる行動と、飼い主を下に見て顎を乗せる行動が同じなのは不思議でした。理由が真逆なので、愛犬が顎を乗せてきた時どちらなのか判断に困ってしまいます。

    うちの愛犬もよく顎を乗せてきます。そのまま寝てしまうこともありますが、起きて目だけこちらを見ていることもあります。頭を撫でると、そのまま床へ顎を降ろします。甘えているんだなぁと思っています。

    犬の性格によりけりですが、飼い主にどうしてほしいか一生懸命アピールをしているので、愛犬と意思のキャッチボールをできるよう気持ちを読んで、絆を深めていきたいですね。
  • 女性 らぶぽん

    犬もあごをのせてくる行動、かわいいですよね。①~④までうんうんと読ませていただき⑤でどきっとしました。うちはどちらだろうと。。
    うちのわんこは飼い主がソファなどでお昼寝のときは腕の近くにあごをのせて静かに見つめてきます。目の間を優しくなでてあげると満足したのかソファの下で自分もお昼ねを始めます。その他は人間がご飯中、終わったころを見計らっていすの上にあごをのせて触ってアピールをします。忙しいときや手が離せないときは、少し触って、後でねというと大概静かに引き下がります。あごをのせてくるしぐさはかわいく無防備にも近いですので、飼い主に甘えているんだなと感じています。飼い主さんの主導でわんこの甘えに答えて意思を汲み取ってあげられたら、と私達家族は思っています。忙しいときは待てや後でね、などわんこ主導にならないようにたまには我慢してもらえばいいかなと思います。
  • 30代 女性 匿名

    初めての室内犬で、いつも参考にさせて頂いてます(_ _)
    アゴを置いたり、上目遣いされると可愛くて 呼んで膝の上でナデナデしてたのが間違いでは無かったのでホッとしました(*ˊᵕˋ*)
  • 30代 女性 匿名

    ⑤はありえません。犬が飼い主を下にみたり、リーダーだと思う様な序列は作りません。
    すべては飼い主との信頼関係です。
    もし飼い主に攻撃的になるとしたらそれは単に信用がなく不安にさせているだけです。信頼されるためには犬の気持ちを尊重して人間側の気持ちばかりを押し付けない事が何より大切です。
  • 40代 女性 マコまま

    我が家の愛犬は11歳のビーグルの女の子です。私が座椅子でくつろいでいると足の間に入りたがるので、足を開いてあげます。すると愛犬は足の間に入りあごを足に乗せたりしてくれます。やはり安心して信頼して甘えてくれているのですね。とても嬉しいです。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。