知ってた?犬の『歩き方』には種類がある

知ってた?犬の『歩き方』には種類がある

お気に入りに追加

犬は通常どの様に歩いているのでしょう?当たり前ですが【四本歩行】で歩いています。犬って、ゆっくり歩く時と速く走る場合では足の動かし方が違います!今回は犬の歩き方や走り方についてお話します。

51431view

歩き方で心理が読める

散歩

犬は歩き方で、その心理が読める場合があると言われています。

例えば散歩の途中、向こうから見知らぬ犬がやって来ました。その犬が自分に気づくと、急に歩き方と動作もゆっくりになったりします。そして立ち止まったりする場合もあります。

立ち止まる

これはカーミングシグナルの一つであり、相手対して『自分には敵意がない』事を知らせています。
また、『相手を落ち着かせよう』とする意味でもあります。

今度はまた別の犬が向こうからやって来たとします。
その犬とすれ違う際、まるで【弧を描く】が如く通り過ぎたのです。

これもカーミングシグナルの一つで、相手に対し自分が敵意を持っていない事を示し、無事にその場を通り過ごそうとする行動になります。この様に歩き方にも意味がありますので、愛犬を観察しながらの散歩も面白いのではないでしょうか。

犬の歩き方は何種類もある

犬の歩き方

犬の歩き方や走り方は何種類もあり、それぞれ名前がついています。走る速度などによって足を動かす順番が微妙に違うと言われています。

代表的なものを幾つか挙げてみます。

ウォーク(常歩)

ゆっくりとした歩き方で、左後足→左前足→右後足→右前足、の順番で歩きます。犬種によっては前足と後足がほぼ同時に出る場合もある様です。犬は2本以上の足が同時に地面に着きますので、足への負担も少ないため、さほど疲れないのだそうです。

この歩き方はスピードは出ませんが、体の重心移動が少ないため、あまり胴体を揺らさずに歩く事が出来ますので体力の消耗も少ないのです。普通は大体この歩き方をします。

▼ウォークの参考動画

トロット(速歩)

トロットは速歩の事で、右足に対して左後足が同時に地を離れ同時に着地させる歩行です。
その際、左後足と右前足→右後足と左前足と言う様に、斜め向かいの足同士2本がペアとなり一緒に動いて行きます。

この歩き方はドッグショーで用いられます。常歩よりも歩幅が広くなるためやや速く歩けます。

割と長い時間を歩き続ける事が出来ますので、散歩中ずっとこの歩き方をするワンコもいるそうですよ。

▼トロットの参考動画

キャンター(駈歩)

この歩き方は歩くと言うよりも軽く走る感じです。足を動かす順番はウォークに近いとされています。

動かし方は右前足→左前足→左後足→左前足、の順番です。体をリズミカルに上下させ、1本ずつ足を地面につけて蹴る様にして走ります。速歩では追いつかない時などに用いられます。

▼キャンターの参考動画

ギャロップ(襲歩)

グレイハウンド

犬が全力で走る時の走り方です。
キャンターと同じで右前足→左前足→左後足→左前足、の順で動かしますが、一瞬ですが4本足の全てが完全に空中に浮きあがる状態になります。

体を思いきり伸び縮みさせ、全身をバネの様に使って走るため、とても速く走る事が出来ます。世界で最も走りの速い犬と言われている【グレイハウンド】は、最高時速時速が60km以上も出るそうです!(しかしこの走り方は体力の消耗が激しいため長時間走る事は出来ません)

▼ギャロップの参考動画

歩き方をチェックして健康管理

歩き方をチェック

犬の歩き方は普段の健康管理としても非常に重要です。
例えば以前より歩幅が狭くなったり、チョコチョコ歩きをする様になった場合は、肩や足腰の関節に異常があるかも知れません。

そんな兆候が現れたら動物病院で診察してもらう事をオススメします。特に年を重ねると犬は足や腰に影響が出て来ます。ですので散歩をしている時などに歩き方のチェックは必要になります。

『リズミカルに歩いているか?』
『4本の足を均等に使えているか?』

等を毎日チェックしてみては如何でしょうか。

まとめ

シニア犬

私は愛犬がシニア犬になるまで、歩き方や走り方などあまり気にしていませんでした。
しかし8歳を過ぎた頃から歩く速度が遅くなって来ました。

『これは加齢によるもので筋力の低下』だと獣医師さんに診断され、進行を少しでも遅らせるために毎日の散歩とマッサージ,リハビリを欠かさずしてあげています。

リハビリ

これからシニア期に突入しようとしているワンちゃんには、飼い主さんが日頃からチェックをしていれば愛犬の健康をしっかりと維持できるはずです。

それには犬の歩き方や走り方を理解していなければなりません。皆様も犬の歩き方や走り方を理解して、愛犬の健康管理にお役立て下さい。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 シッポ

    歩き方に名前が付いている事も知らなかったし、勉強になりました。あと、動画のワンチャンがとても可愛かったです。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    勉強になりました。ウチのワンコの歩き方は、お散歩1時間半弱の内、8割トロットです(笑)
    いつも『君はフナムシみたいだねぇ~』と言いながら歩いています(笑)
  • 投稿者

    女性 あんず

    今回の記事、動画がたくさんあって分かりやすかったです!また、ワンちゃんも可愛いですね。我が家の愛犬はシーズーです。お散歩の歩き方をよく見ていると、特に変わった様子はありませんでした。毎日比較的ゆっくり歩いています。しかし、向こう側から違う犬がやってきたりすると、体をビヨーンと伸ばして、立ち止まり、ゆっくりクンクン匂いを嗅ぎ合っています。確かに相手を落ち着かせようというような感じです。敵意がありません!という感じで、荒波を立てずに別れようとしているように見えました。我が家の犬は小型犬で足が短いので、歩き方の種類が分かりにくいのかもしれませんが、大型犬などは足も長いと思うので、いろいろな歩き方を見ることができると思います。
  • 投稿者

    50代以上 男性 トイプードルソラ

    私はトロット馬のギャロップから勝手にギャロップと思い違いをしていました。

    よく分かりました。リブログできませんでしたので、この記事を勝手に紹介させて頂きました。

    我が家のソラは7歳そろそろシニア世代。老犬に成ると腰が曲がり歩行が悪くなります。19歳で亡くなったコロちゃんがそうでした。

    だから毎朝伸び伸びをさせています。
  • 投稿者

    10代 女性 たろさん

    歩き方に名称があるなんて知りませんでした!我が家の愛犬も気分によって歩き方がかわりますね(^o^)ノリノリの時はトロットと呼ばれるような早歩きでどんどん歩きます。飼い主がスマホを触ってたりすると寂しいからか散歩がつまらないな~と思うようでのーんびり歩いてます。顔もつまらなそうです(笑)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。