犬がまばたきをするのはどんな時?まばたきにはどんな意味がある?

犬がまばたきをするのはどんな時?まばたきにはどんな意味がある?

お気に入りに追加

あなたは愛犬のまばたきを見たことがありますか?実は犬は人間よりもずっとまばたきの回数が少ないのですが、犬が意図的にまばたきをする場合もあります。この記事では、そんな犬のまばたきの意味を紹介します。

16622view

「犬がまばたきする」と言われると、「あれ?そう言えばうちの犬がまばたきをするのってあんまり見ないような気が......。」という方は多いのではないでしょうか。

身近なようで案外知らない犬のまばたき。
時にはそこにコミュニケーションのメッセージが託されていることもあるんです。
犬のまばたきについて知っておきたいことを、ご紹介いたします。

目をつぶっているゴールデン

なぜ犬のまばたきの回数は少ない?

犬は人間に比べるとまばたきの回数がずっと少ないのですが、その理由は目の構造の違いにあります。
犬の目には人間にはない『瞬膜』という白い膜があり、眼球を保護しています。
犬の目をよく見ると脇の方に白っぽい膜が少し見えるのですが、これが瞬膜です。
瞬膜は眼球を保護する役割があり、瞬膜から涙が常に補給されるので、犬は長い時間まばたきをしないで過ごすことができます。
犬が寝ている時に、白目になって恐ろしい顔になっていることがありますが、あの白目は瞬膜が眼球を覆っている状態です。

目がこのような構造になっているのに、犬がしきりにまばたきをして、その他にも前足で目をこすろうとしたり、涙の量が増えているような時は、目にゴミなどの異物が入っている場合があります。
前足などで傷をつけると大変ですので、犬用の目の洗浄液または生理食塩水や精製水で軽く洗い流して、溢れた水分は綿棒などで優しく取り除きます。

まばたきの他に、目の充血や涙、前足でこする仕草などが続く場合、また片目だけでウインクしているようなまばたきは、目の病気の可能性がありますので獣医師の診察を受けましょう。

犬はまばたきにメッセージを込めることもある

茶色の目の黒ラブ

目にゴミが入ったとか病気などではなく、純粋にまばたきを多くしている時は犬が視線の先に居る者にメッセージを送っている場合もあります。

犬にとって、相手と視線を合わせてジッと見つめることは、その相手への挑戦を意味します。
双方の犬が視線を逸らさずに見つめ続けることは、犬同士のケンカの第一歩になります。
そういう時に、「自分には敵意はありません。友好的に挨拶したいと思っています。」という態度をを示すために、犬はまばたきを使います。
まばたきをすることで凝視がストップするので、自分は友好的だというサインになるというわけです。

つまり、犬のまばたきは、目の前にいる相手と自分自身を落ち着かせるためのカーミングシグナルの一つでもあります。
カーミングシグナルとしてのまばたきは、大抵の場合、後ろにやや倒れた耳、軽く開いて微笑んでいるような顎、リラックスした体の筋肉など他のシグナルと共に見られますので、よく観察すると目の異常の時のまばたきとは区別できるかと思います。

犬同士だけでなく、人間に対しても友好的なメッセージとしてまばたきを見せることがあります。
ポジティブなサインなので、そんな時にはきちんと褒めてあげてくださいね。

微笑むオーストラリアンシェパード

犬のまばたきを真似してみよう

その場の緊張した空気をほぐし、友好のメッセージを送るシグナルとしてのまばたき。
私たち人間もこれを利用することができるんです。
初対面の犬に会う時は、意識して犬にむかってまばたきを多く見せるようにすると、犬に安心感を与えられます。

また、犬が攻撃や緊張のシグナルを見せた時にも、こちらはまばたきを見せることで空気を和らげることができます。
単にトラブルを回避するだけでなく、犬との絆を強めるツールにもなるまばたき。利用しない手はないですね。

前述したように無闇に犬をジッと見つめることは、犬への挑戦(もっと言えばケンカを売っているとも言えます。)に当たるので、犬を正面からジッと見つめることは極力避けましょう。
犬に視線を向ける時にはしっかりまばたきをしながらアプローチしましょう。

女性とハスキーの子犬

まとめ

  • 犬は『瞬膜』のおかげで普段はあまりまばたきをしない
  • まばたきの回数が増えて、目の充血や涙も伴う、または片目だけのまばたき(ウインク)の場合は病院へ
  • カーミングシグナルとしてのまばたきは「敵意はありません」の友好メッセージ
  • 人間も犬に向かってまばたきをして見せると、友好的なメッセージを送ることができる

一口にまばたきと言っても、犬の場合は人間とはまた違う意味があります。
病気のサインでも、メッセージを送っている場合でも、きちんと観察して応えてあげたいですね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 UME

    この記事を読む前は、犬がまばたきをしている瞬間なんて一度も意識したことがありませんでした。まばたきをしていることは動物であったら当然だと思っていたもので、よく意識して見たことがありませんでした。しかし、記事を読んだ直後からしばらく愛犬を観察してみたら、結構よくまばたきをしていました!なんだか新鮮な発見です(笑)。うちの犬はパグなので、目も大きいということもあり、犬にしてはまばたきを多くしているのかもしれません。しかし、飼い主である私とまばたきを比較してみたところ、私の方がまばたきを多くしていました。やはり人間と比べるとまばたきの回数は減るようです。うちの愛犬も昼寝している時によく白目になっているのですが、こういう理由があったとは驚きでした!とても面白い記事でした。
  • 投稿者

    30代 女性 りん

    ああ、寝ている時の恐ろしい白目、うちでもよくなってます。あれ、瞬膜というのですね!確かに目のところに膜のようなものが見える時がありますが、目を守るために必要なものだったんですね。それにしても、犬のまばたきってあまり意識してみたことがなかったので、この記事を読んでから目をじーっと見つめていたら、まばたきじゃなくて居心地悪そうに目をそらされました。それでもまだまだずーっと見てたら、何度も何度もパチパチとまばたきをしていたので「やめて~」というカーミングシグナルなのかな?そのあととりあえずにっこりして「ごめんごめん!」と頭をなでたら眠りに入りました。まばたきひとつでも犬のサインとして読み取るとおもしろいですね。
  • 投稿者

    40代 女性 サンデー

    確かに犬はまばたきをするイメージがありませんでした。
    なのに、うちの犬はなんでか写真を撮るとき、シャッターのタイミングでまばたきをするから変な表情の写真ばかりです。写真を撮るときのまばたきはカーミングシグナルなのかな…
    でもカーミングシグナルで友好の印と書いてあったので、早速愛犬と仲良くしているときは、まばたきを意識的にしてみようかなと考えています。
    私の友好の気持ちがもっともっと伝わるといいのですが。確かにじーっと見られるのは敵意を感じますものね、人間でも。パチッパチッと犬に分かるよにやってみます。
    逆に愛犬が私に向かってまばたきをしてくれたら、そうか友好の気持ちか、と分かりますものね、されたら嬉しいですね。
  • 投稿者

    40代 女性 チャッピー

    これ、ドッグトレーナーさんから聞いたことがありました。うちの子を叱るとまばたきを頻繁にしたり目をそらしたりするので相談したら「敵意はないよ」「もう怒らないで」ってことだよ、と。勝手に面倒くさがっている??とか思っていたので、愛犬の気持ちが少し理解できてよかったです。
  • 投稿者

    女性 ゴン吉

    愛犬のまばたき、言われて見るとあまりじっくり観察したことがありませんでした。折角なので距離を置いてにらめっこしてみたところ、確かにだいぶ長い時間まばたきをしなかったです。目が大きいのでまめに閉じてほしい気もします。
    頭を撫でる時は目を細めてパチっと閉じることがあるので、これは友好的なサインなんでしょうね。
  • 投稿者

    20代 女性 ゆき

    あまり深く考えていませんでしたが、犬の瞬きに友好を示す意味があったんですね。確かにリラックスしてコチラを見る時は瞬き多めな気がします。瞬きなら私でも簡単に出来そうなので、うちの子が見つめてきたら試してみたいと思います!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。