シーズーの値段について

シーズーの値段について

まるでぬいぐるみのような愛らしい容姿で人気のシーズーですが、「高いのでは?」とお値段が気になる人も多いですよね。実際、シーズーの値段はどれくらいなのでしょうか。今回はシーズーの値段の相場や、シーズーはどのようなポイントで値段が違ってくるのか、について解説していきます。

はてな
Pocket
お気に入り登録

シーズーの値段 「ブリーダー」の価格相場

ドヤ顔のシーズー

結論から言うと、シーズーは10万~20万円程度の値段で購入することができます。ブリーダーから直接購入した場合、大体このくらいの値段でシーズーを購入することが可能なのです。

ただし、ペットショップで購入する場合には仲介する業者のマージンがあるため、もう少し高めになることが多いでしょう。しかし値段が高くつくとはいえ、実際には手軽に購入できるペットショップでの購入を検討している人も多いですよね。

  • ペットショップでの平均的なシーズーの値段
  • シーズーの値段はどこで違ってくるのか
  • お得にシーズーを購入するにはどうしたらいいのか

以上を解説していきますので、ペットショップ、ブリーダー、どちらからシーズーを購入するべきか、どんな個体を購入すれば良いのか、迷っている人は是非参考にしてください。

シーズーの値段 「ペットショップ」の価格相場

女子力が高そうなシーズー

これはあくまでもおおよその平均値ですが、ペットショップでシーズーを購入した場合の値段は20万~27万円程度です。ブリーダーから購入した場合は高くても20万円程度であることが多いので、やはり少し高めになります。

シーズーをペットショップで購入するべきか否かは、この数万円の値段の差をどう考えるか、によるのです。仲介が入るので数万円高くなるのは当然としても、ペットショップで購入する場合は、面倒が少ない、比較が簡単にできる、アフターサービスが充実している、などのメリットがあります。

メリットのためであればそのシーズーの値段は高くはない、と判断できる人はペットショップで購入するのがおすすめです。多少の手間があっても安くお得に買いたいという人は、ブリーダーから購入した方が良いでしょう。

シーズーの値段に関わる4つの要素

おめかし中のシーズー

シーズーという犬種の価値に関わる要素は、主に性別、流行、容姿、育て方の4つになります。ここではこの4つの要素について、それぞれ掘り下げて解説してゆきます。

性別

結論から言うと、シーズーはオスよりもメスの方が値段は高めです。これは性格の違いが大きな要因となっています。もちろん個体差があるので一概に言えることではありませんが、シーズーはオスよりもメスの方が性格的に大人しい傾向があり、飼育しやすい個体が多いのです。飼育しやすい方がペットとしての価値が高くなるのは当然ですよね。

更にメスの場合、将来的に子犬を生ませることも可能となります。意図的に子犬を増やしたいと思っても、オスではそれもがかないませんよね。性格、出産の可否、この二つの要因によって、メスの方が値段は高めとなっているのです。

流行

ペットにも流行り廃りがもちろんあります。犬種によって流行している種とそうでない種に分かれるので、流行っている犬種が高く、そうでない犬種は安くなるのも当然といえるでしょう。

シーズーは比較的安定して人気のある犬種なので、流行によって値段が大きく変わってくることは少ないですが、それでも小型犬が流行っているのか、大型犬が流行っているのか、などによって値段は違ってきます。ちなみに春先になるとペットを購入しようと考える人が増える傾向があり、シーズーもこの時期は値段が高めになることが多くなります。

容姿

基本的に犬は、スタイル、顔つき、毛色などの容姿が優れている個体は価値が高くなり、そうでない個体は価値が下がります。この容姿が優れているか否かの判断は、基本的に売主の主観ではありません。犬種によって標準が定められており、それを基にして価値が決定されます。つまり簡単に言うと、シーズーも血統が良い個体は値段が高いということなのです。

育て方

これはブリーダーによる育て方の違いです。一般家庭と大差のない環境で生まれたシーズーと、しっかりとした育成環境で生まれたシーズーとでは、後者の方が値段も高くなります。設備投資などにかかるコストが高くなりますので、当然のことですよね。信頼度が高い分、値段も高くなります。

シーズーの値段をどう考えるか

疲れて休憩中のシーズー

シーズーの値段が個体によってかなり違ってくることはご理解いただけたと思います。しかし結局、相対的に考えてどういったシーズーが値段的にお得なのか、あまりピンとこない人も多いのではないでしょうか。それはやはり、自分が何を優先して個体を選ぶか、によって違ってくるからです

例えば、容姿の良い個体を購入したいのでとにかく血統を重視したい、という場合であれば、多少値段の高い個体を購入したとしても、高い買物ではないでしょう。値段の高い個体は、やはりそういった意味での信頼性が高い傾向にあるからです。

しかし容姿にこだわりがないのであれば、わざわざ高額な個体を購入する必要はありませんよね。オスなのかメスなのか、程度の判断基準で購入すれば良いでしょう。

オスの方が安いことが多いですが、性格もそれほど気にしない、むしろ子供を産ませたくない、と考えている人も多いですよね。そういった人が血統の良いメスを購入してしまうと、これはお得とは言い難い買物となってしまいます。結局は自分がどういった個体を購入したいのかをあらかじめ明らかにしておくことが、お得な値段でシーズーを購入するための第一歩なのです。

シーズーの値段に関するまとめ

疲れ果てて眠っているシーズー

シーズーの値段が安いのか高いのか、というのは、購入する人間の価値観によって大きく変わってしまいます。どういったポイントに、どの程度のお金を払うべきなのか、購入前によく考えておきましょう。

▼シーズーについて詳しく知りたい方はこちら

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 nico

    シーズーってすごく飼いやすそうな犬種ですよね。見た目ももちろんかわいいんですが、おっとりしているというか攻撃的なところなどは一切なさそうですし、ちいさい子供がいるうちや高齢の方がいるうちでもトラブルなどを起こさなそうなので安心して飼えそうです。でも一度近所でシーズーが道路に座り込んで動かない状態を見たことがあって、聞いたら自分の行きたい方向じゃないとかたくなに動かないんだとか…。あんなにおとなしそうでかわいい顔しているのに結構頑固、マイペースなところもあるんだな~と思って、飼い主さんには申し訳ないけどつい笑っちゃったことがありました(*‘∀‘)でも素直なだけじゃない、そんな一面もかわいいですよね♪
  • 投稿者

    30代 女性 komanu

    友人が飼っているシーズーは男の子で、すごく凶暴です。何人も噛まれ、流血していました。他にシーズーをお迎えしている知人、友人もいなかったのもあり、私の中ではシーズーは「凶暴」なイメージでした。ですが、この記事の内容を読み、画像もとても可愛らしくおとなしそうな容姿でしたので、イメージを改めたいです。
    やはり犬にも「流行」があることが悲しいと思いました。少し前まではチワワやトイプードル、今では世界的に柴犬(日本犬)が人気だったりします。あとは、犬種に限らずですが、しっぽが多少曲がっていたり、皮膚が弱かったりすると価格はグンと下がりますよね。それにしても、簡単に飼おうとは思えない値段ですし、高額だなと感じます。
  • 投稿者

    30代 女性 Mimi

    我が家は代々シーズーを飼っていますが、ブリーダーさんではなくペットショップからお迎えしました。10年以上前ですが生体価格で先代のオスが20万円、今の子はメスで12万円でした。

    シーズーは顔つきが異なるので整い具合、顔の柄の左右対称、毛並、体の大きさ、あとは血統で値段が変動すると思います。先代のオスは非常に血統がよく(チャンピオン犬の血が濃い)、今の子の血統は先代よりはやや劣ります。
    顔つきは少し違うもののどちらも比較的整っており、柄・毛並ともに遜色なく、また性格や頭の良さはしつけ次第なので、普通に家庭で飼うに大きな違いは感じません。我が家の子たちはペットショップから良心的なお値段でお迎え出来ていると思います。

    ちなみに異なるペットショップで出会ってますが、やはりペットショップのマージンや立地で金額の違いは大きいと思います。先日六本木のペットショップで結構大きくなったシーズーのオスが40万円超でしたから。

    また、ペットショップの店長さんの話では、最近はチワワやトイプードル、フレンチブルが人気なのでシーズーはなかなかペットショップには入ってこないとのことです。また、シーズーはしつけやすい犬種で飼いやすいので、入ってくると比較的早く家族が決まるとおっしゃっていました。(飼いやすいとはいえ、飼い主がきちんとしつけをしないと頑固な一面もあるので手に負えなくなる事もありますので誤解のない様に。)

    我が家はペットショップで良い子に会えたものの、シーズーをお目当てにお迎えを考えている方はブリーダーさんから購入されるのが色んな子を見て決めれるので良いかもしれないですね。また、シーズーを飼うにあたり気になる両親の顔、体調、柄も確認でき、良い子を良心的なお値段でお迎えが出来るかと思います。
  • 投稿者

    30代 女性 にこママ

    私の実家ではずっとシーズーを飼っていました。私が物心つく前からシーズーがいて、私が実家を出るまで3匹のシーズーと一緒に暮らしました。どの子も優しくてかわいくて大好きでした。みんな親がペットショップで買ってきた子でしたが、どの子も月齢が大きくなった子ばかりで安かったらしいです。
  • 投稿者

    40代 女性 はるか

    シーズーの価格を聞いて正直思ったより安いんだなという印象を受けました。人気者もありそうなので高価なイメージでしたね。ただ購入は安く買えても長い毛を持っているのでケアにはほかの犬種よりトリミングやシャンプーなどにお金がかかりそうです。ただ安い高いで愛犬を決めるのではなく、この子なら家族として一生いられる!と思えることが大切だと思いますね。
  • 投稿者

    20代 女性 あめたま

    シーズーは確かに流行に左右されることもなく、常にペットショップで見かける犬種だと感じられました。
    安定した人気を誇っているので、知名度も高いですよね。

    シーズーに限らず、メスは大人しい性格の個体が多いのと、子供を産めるという利点があるため、オス犬と比べると若干値段設定が強めだと考えられます。
    シーズーは特に20万円程度の販売価格という事で、少しでも安いオス犬を飼育する飼い主も多いことでしょう。

    店頭で買い求めるならば、生後半年経った子は販売価格が50パーセント程度まで落ちる可能性があります。
    子犬であればあるほど市場価値が高いので、生後半年も経つのに飼い主が見つからなければ、店頭側は販売価格を下げます。

    したがって、安くシーズーのメスを買い求めたいのならば、生後半年半年くらいの子であれば安く買える可能性が高いです。
  • 投稿者

    30代 女性 みくりん

    全犬種に言えることですが、各犬種の規格に近いほど値段は高額になります。
    本当に血統の良いブリーダーさんの子犬は、まずペットショップには並びません。
    ペットショップにいる子犬の親がチャンピオン犬と言っても、どの大会のチャンピオンなのかはわかりません。
    ドッグショーはピンからキリまであります。
    小さな大会で優勝したチャンピオン犬と、世界的な大会で優勝したチャンピオン犬では全く犬質が違います。

    本当に血統の良い子犬は50〜100万円はしますよ。
    アウトブリーディングで質の良い父犬を借りた場合、種付け料だけで100万円以上しますから。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。