ボーダーコリーの値段は?ブリーダーとペットショップの相場や価格が変わる理由

ボーダーコリーの値段は?ブリーダーとペットショップの相場や価格が変わる理由

お気に入りに追加

頭が賢く、室内犬や室外犬としても人気の高いボーダーコリーの値段は、これから購入を考えている方にとって一番気になるところではないでしょうか。ボーダーコリーの値段は幅があり、どのくらいの予算を見積もっておくべきかわかりづらく感じることもあります。ボーダーコリーの値段について抑えておきましょう。

24070view

ボーダーコリーの値段の相場

ボーダーコリーの横顔

独特の毛並みとカラーが人気のボーダーコリーについて、購入を考えている方も多いですよね。牧羊犬としても知られているボーダーコリーは、購入する際にどのくらいの金額が必要なのかをあらかじめ知っておくことで、戸惑うことなくスムーズに購入することが可能になりますよ。

一般的に言われている価格相場は10万円程度から。犬の状態にもよりますが良質な子犬の場合は20万円程度というのも見かけます。そのためボーダーコリーの平均値段は10万円から20万円程度と考えておきましょう。

またオスよりもメスが人気、そのため値段も高くなることがあるようです。また、ボーダーコリーをペットショップで購入するのか、ブリーダーから購入するのかにもよって価格は異なってきます。

ブリーダーの価格相場

ブリーダーから購入をする場合、その販売価格はペットショップよりも少し高めとなる傾向にあります。その平均のお値段は15〜25万円程度。これは、ブリーダーから購入をする場合優れた血統の犬が販売されていることが多いことなどが理由としてあげられます。

ペットショップの価格相場

ペットショップの価格相場は10〜20万円程度となります。この値段の違いも、血統の違いなどが大きく関係しています。また、良い血統を扱うブリーダーからボーダーコリーを仕入れている場合は、相場よりも高めの販売価格となる場合もあります。

ボーダーコリーの値段が変わる理由

ボーダーコリーの子犬

毛色や模様によって変わる

ボーダーコリーの売買値段の違いとして一番わかりやすいのが毛色や模様の違いです。片パンダやバイアイといった左右非対称の模様やカラーの個体よりも左右対照にカラーと模様が入っている個体の方が価格相場は高くなります。

また、毛色がブラウンなどの場合は、人気も高く値段も20万円以上を超えることも少なくありません。最高額でも30万円近くすることもあります。他にも、グレーにブラックのブチ模様が入っているブルーマール、薄く明るいオレンジのようなカラーのレッド、シール&ホワイト、イザベラ、マーブルなどが人気の毛色となっています。

ボーダーコリーを選ぶ際にもどのような個体を選ぶか、茶色などの人気カラーを選ぶのか、あまり人気がないカラーの個体を選ぶのかによって価格は大きく異なるというのを覚えておきましょう。

血統によって変わる

カラー以外で値段に変わる重要なポイントと言えば、血統の違いです。両親犬や祖父祖母世代がチャンピオン犬だったり、優良ブリーダーの犬舎出身である場合は、それだけ価格は高くなります。

逆に、スタンダードと認められていない容姿であったり、ブリーダーからの売れ残りでペットショップに卸されている個体であったり、子犬時代に売れなかった成犬である場合は、価格が低くなりやすい傾向にあります。

そのため、価格を安く抑えたいと思うのであれば初めから成犬や売れ残っている子を家族として迎え入れるのもおすすめです。成犬の場合は、訓練済みの状態で販売されていることもあります。ボーダーコリーは大変頭の良い犬種ではありますが、それ故に訓練方法もより高度なものとなります。

その点、訓練済みの成犬であれば、四苦八苦しながら訓練を行う必要がありません。ぜひ、これからボーダーコリーを家族として迎えたいと考えている方は検討をされてはいかがでしょうか?

値段が安い場合は要注意

花畑を走るボーダーコリー

同じボーダーコリーを購入するのであれば、できるだけ費用を抑えてお得に迎え入れたいと考えている方もいらっしゃるでしょうが、犬の場合あまりにも価格相場よりも安い個体は注意が必要になります。

ボーダーコリーは大変人気の犬種であり、不人気なカラーでもなければまだまだ小さな子犬であるにも関わらず値段が安いとなると、持病を抱えている可能性があります。パッと見ただけでは、疾患があるかどうかはわからないでしょうが、いざ家族に迎えてみると隠れた持病が見つかり悲しい別れを経験する可能性も。

また、安いボーダーコリーの場合、ブリーダーが低予算で大量に繁殖をした子犬である可能性もあります。残念ながら世の中には、子犬を「商品」としか考えず、無茶な繁殖を繰り返したり劣悪な環境で飼育をする、悪質ブリーダーも存在しています。そのようなブリーダーのもとで繁殖をされた子犬は、疾患を抱えやすく体も弱くなりやすいのです。

あまりにも安いボーダーコリーを見つけたならば、その安くなっている理由についてペットショップのスタッフやブリーダーに質問をするようにしましょう。

まとめ

片手をついて座るボーダーコリー

ボーダーコリーを家族として迎える場合に気になる値段、違いなどしっておくことで効率的に購入することができます。お高いと考えていたボーダーコリーも、実はお手頃な値段で取引されているケースなども判別することができるでしょう。

ただし、安いからと言ってすぐに購入をすると、大変な事態に巻き込まれる可能性もあります。取引をするときは、その人が良いブリーダーであるかを見極めるようにしましょう。また、ボーダーコリーを迎え入れる方法としておすすめなのが、里親制度を利用することです。

里親制度を利用すれば、基本的に生体代はかかりませんし、結果的に犬の命を救うことにつながるかもしれません。是非記事を参考にして素敵なボーダーコリーと出会いましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 38moto

    ボーダーコリーというと、知能や運動能力の高さから人の指示をしっかり聞ける優秀な犬というイメージがあります。一般的に多く見るカラーはブラック&ホワイトで、顔のカラーが左右対称、加えて顔の中心に白いブリーズ、そして首回りの豊かな飾り毛が人気の犬種です。ブラウンやチョコといったレアカラーを持つ子犬はさらに値段も上がる傾向にあるそうです。親犬がチャンピオンで人気カラーの女の子のボーダーなら、35万円近くするのに対し、顔のカラーが左右非対称やバイアイの子は7万円台からあったりと値段の幅が広く、見た目も重視される犬種ではありますが、基本的な中身は賢い犬なので、どんなカラーの子でも飼い主さんの思う通りに育ってくれるのではないかと思います。ボーダーコリーはブリーダーも多い方なので、ペットショップだけではなく色々な情報を見聞きして唯一の一頭を見つけてほしいと思います。
  • 投稿者

    女性 まっしゅるーむ

    知能が高く運動神経も良いボーダーコリーは、根強い人気がありますよね。
    今までの経験から、あまりペットショップでボーダーコリーを見かける事がほとんどなかった為、探している方は店舗やグループ店に前もって確認してみると良いと思います。
    知らなかったのですがボーダーコリーは販売前にCL検査をしているんですね。
    脳疾患は、場合によってはかなり大変ですから・・なるべく健康な仔犬を迎えたいですもんね。
    (CL因子を確実に持っている仔犬は販売されないようですが、その後が気になりました)
    販売価格については、平均額は思っていたより高くはなかったですが、両親がチャンピオンだったり体格などが良かったりすると高くなる傾向があります。
    知っている方はブリーダーさんから、迎えていました。ブリーダーさんから迎えるメリットは値段ではなく、親犬や育った環境やルーツがわかる事でしょうか。何匹か産まれたボーダーコリーの仔犬の中から選ぶことになりますが、稀に年に一度兄弟犬で集まったりしている方もいます!
    目安やボーダーコリーの迎え方など参考になりました!
  • 投稿者

    女性 おひげ

    ボーダーコリーは見た目の美しさだけでは手を出してはいけない犬種です。本当に賢くて、きちんとトレーニングをしてリーダーシップを取れない飼い主の場合は悲惨な目に遭います。また知能が高い上に運動能力も抜群なので、アクティブな生活を犬とともに送る覚悟がない方には難しいでしょう。ちょっと嫌味っぽく書きましたが、以前住んでいたご近所さんがボーダーコリーを飼いだして、しかししつけやトレーニングも出来なく、庭につなぎっぱなしで結局手放した経緯があったためちょっと頭に来ていました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。