犬が飼い主のニオイを嗅ぎまくる理由

17291view

犬が飼い主のニオイを嗅ぎまくる理由

犬は初対面の人間のニオイを嗅ぎたがります。子犬も同じ様に人間のニオイを嗅ぎますが、特に飼い主に対し必要以上にニオイを嗅ぎまくります。それはどうしてなのでしょう?その理由について考えて行きます。

犬は飼い主を知ろうとしている

子犬の時は、とにかく顔の前にある物のニオイは何でも嗅ぎます。
特に飼い主に対しては『これでもか』というくらい嗅いできますが、これは犬はニオイで相手を知ろうとするからなのです。
犬同士ですと、お尻にある肛門腺のニオイを嗅いで相手の情報収集をしますが、でも人間には肛門腺などありませんので、犬は飼い主のニオイを嗅ぎながら脳裏に刻んで行くのです。
一説によりますと、犬は臭いから飼い主の性別と年齢を知る事が出来ると言われています。

人間は目視する事で相手が何者なのか、どの様な状態なのかを知る事が出来ますが、しかし犬は視覚より嗅覚が発達しているため、ニオイを嗅いでそれを知ろうとするのです。
ですので出来るだけ愛犬に自分のニオイを嗅がせてあげるのも、信頼関係を作るのに役立つと思います。

ニオイ

私の場合、愛犬を決めるのにブリーダーさん宅に行った際、私のニオイの着いたハンカチを渡して、『愛犬にニオイを嗅がせて下さいと』頼んで帰宅しました。
そのため、初めて愛犬を自宅に迎え抱っこした瞬間に私の顔を舐めてくれました。
あの時の嬉しさは今でも憶えています。
これはたぶん、ブリーダさんに渡したハンカチの効果だと思います。 
きっと毎日私のハンカチのニオイを嗅いでいたのでしょう。

嗅ぐ場所でそれぞれ意味が違う

犬は飼い主の身体のニオイを嗅ぐ場合、身体の場所によってそれぞれ意味が違います。
口、手、足などのニオイを嗅いで何を知ろうとしているのでしょうか?

口元は食べ物のニオイがする場合があります。
飼い主が食事を済ませたばかりなら、口元からは食べ物ニオイがしていることでしょう。
犬はそのニオイを嗅ぎ取って飼い主からご飯が与えられると認識するのです。

母犬が子犬に餌を一度咀嚼して柔らかくしてから食べさせる事がありますが、犬はそれを本能的に記憶しています。
そのため成犬になっても飼い主の口元のニオイを嗅ぎ、ご飯を食べさせてもらえるのかを確認しているのです。
また犬の習性で、飼い主の口元のニオイを嗅いで舐める時は、自分は格下だとを表現する一つの方法となっています。
つまり犬が飼い主の口元のニオイを嗅ぐのは、『あなたに服従します』『だからご飯を食べさせて下さい』、と言う表現になります。

これは犬全般に言えますが、人の手のニオイを嗅ぐ行為は、飼い主に限らず相手が自分に対して敵意の有無を知ろうとしているからです。
相手が手のニオイを容易く嗅がせてくれる場合は、相手が自分に敵意は無く危害を加えないと判断します。
ニオイを嗅いだ後、相手の手を舐めて『自分はあなたに服従します』というサインを出します。

犬に手のニオイを嗅がせる事を拒否する人は、『この相手は自分に対して親和的ではない』と判断し、相手に近寄らず警戒心を高めてしまいます。
警戒心の強い犬や臆病な犬には、まず手のニオイをいを嗅がせてあげましょう。
そうする事で犬は安心し落ち着きます。
ただし飼い主さんの許可を得てから手のニオイを嗅がせて下さい。
噛み癖のある犬もいますので注意が必要です。

足を嗅ぐ

足のニオイを嗅ぐのは、自分が知っている人かどうかを確認する意味があります。
そのニオイに記憶があれば知っている人、記憶が無ければ初対面の人と判断します。
足のニオイを嗅ぐ事で『自分が知っている場所から来たのか?』『どの様なところを歩いて来たのか?』などが分かっしまうのだそうです!

そう言えば私の愛犬も思い当たる節があります。
私が外出して帰宅すると、よく行く場所だとそれ程ニオイを嗅ぎませんが、初めて行った場所だと必要以上に足のニオイを嗅いで来ます。
たぶん何処に行って来たのかチェックしているのでしょう。
犬って本当に面白い動物ですね。

お尻や股間

犬同士のコミュニケーションは、お互いにお尻の臭いを嗅ぎ合います。
人間に対しても同じ様にお尻や股間のニオイをを嗅いで来ます。
この行為も相手を知り覚えるための手段です。

お尻や股間は他の場所と違い、特有のニオイを犬は感じている様で、その様にニオイを嗅いで相手との友好関係と信頼関係を深めようとします。
また、『あなたに服従します』という意味も含まれています。
しかし股間のニオイを嗅ぐと言う行為は飼い主なら良いのですが、他人のお尻や股間を嗅がせない様に躾けておきましょう。

身体の同じ部分を集中的に嗅ぐ

犬がニオイを嗅ぎ始めると結構しつこく嗅ぎますが、それが特定の場所に拘る場合は飼い主自身が病に侵されている場合があります。
毎日同じ場所をしつこく嗅ぐ様でしたら、飼い主様が病院の検査をすることをお勧めします。

犬は嗅覚が圧倒的に発達していて、例えばニオイで『癌を感知』したりする場合があります。
専門の訓練を受けていなくても癌を感知できる犬もいます。
そのため病気の発見ができる可能性がありますので、愛犬がニオイを嗅ぐ行動を良く観察しておく事です。
もしかしたら愛犬が『命の恩人』になるかも知れませんよ。

まとめ

猫は聴覚の動物、犬は嗅覚の動物と言われています。
ニオイの種類によって差はあるそうですが、刺激臭で人間の約1億倍の嗅覚があるそうです。
また、生活環境や年齢にもよりますが、雄犬は発情期の雌犬のニオイを8km離れた場所からでも感知できるそうですよ!
ですので犬が生きて行くためには、ニオイを嗅ぐと言う行為は必要不可欠です。
子犬を自宅に迎え入れたら、可能な限り飼い主である自分のニオイを嗅がせて上げて下さい。
それが信頼関係を築く重要なポイントになります。

逆に愛犬のニオイを嗅ぐのも重要な事です。
口、耳、肉球、肛門、泌尿器、と言う様に身体全体のニオイを嗅いで下さい。
ニオイで愛犬の身体の調子が分かります。

毎日ニオイを嗅いでいれば、何か問題があれば何時ものニオイと違うはずです。
ニオイを嗅ぐ時は、もちろんボディタッチもありです。
身体のニオイを嗅ぎ、手で触れて愛犬の身体をチェックするのです。
それが病気の早期発見に繋がります。

つまり飼い主は自宅にいる愛犬専属の獣医師と言っても良いのではないでしょうか。
自宅の獣医師は愛犬の病気を予防させ、もしも病気になったら本物の獣医師まで直ぐに連れて行ける体制を常に作っておいて下さい。

獣医

縁あって一緒に暮らしている愛犬には、少しでも長く生きていて欲しいですからね。
愛犬家の皆様は、みんな同じ気持ちで暮らしているのだと思います。
愛犬に自分のニオイを嗅がせコミュニケーションを図り、愛犬のニオイを嗅いで健康チェックする。
是非やってみて下さい。

  • 50代以上 男性 三浦正男

    確かに、思い当たる事が有ります。我が家の愛犬は、猟犬で使っています。山の中で、離れていても、必ず私の元に、帰ってきます。
  • 女性 匿名

    うちの愛犬やお散歩友達のワンちゃんが、よく私の目ん玉のにおいを嗅いできます。
    ネットで調べても「目を嗅ぐ」という行動が見つかりません(笑)
    挨拶の一環のようなんですが、犬は目のにおいからどんな情報がわかるんでしょうねー。
記事を読んで、他の飼い主さんの役に立つ情報を書き込もう!

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!