犬が肥満になる原因や適正体重、健康に及ぼす5つのリスクまで

犬が肥満になる原因や適正体重、健康に及ぼす5つのリスクまで

お気に入りに追加

犬が肥満になる原因には、飼い主が大きく関わっています。肥満は健康に及ぼすリスクも大きいので、適正体重を正しく知って管理してあげたいですよね。そこで今回は、犬が肥満になる原因と、適正な体型や体重を知る上での目安、肥満によって引き起こされる病気と症状について詳しくご紹介します。

20043view

犬が肥満になる原因

餌を食べる犬

食事量が多い

犬は与えられた分だけ食べる性質があるため、適量以上のフードは体内で消費しきれず肥満の原因になります。カロリーが高いフードに変える際は適正量を確認した上で与えるようにしましょう。

また、知らないうちに家族の誰かがおやつを与えていないか確認することも大切です。ダイエットに効果的な犬用のサプリメントも販売されているので、成分を調べて上手に取り入れてみるのもいいですね。

運動量の低下

食事に対して運動量が少ないと肥満になります。散歩の回数が少ない、室内でもあまり体を動かして遊ばないといったことがあれば、エネルギーはそのまま脂肪になってしまいます。肥満の状態になると、犬がますます運動を嫌がるという悪循環に繋がるので、日頃からの運動不足解消が大切です。

季節によるもの

寒い冬には犬も脂肪を溜め込もうとするため、肥満になる傾向があります。気温が下がると自然と散歩の時間や回数も減るため、特に注意が必要です。外出ができない場合は、室内での遊びを取り入れるなどして、意識的に運動を増やすようにしましょう。

成犬になるタイミング

子犬の頃は成長のために、多くのエネルギーを取り入れようとします。しかし、1歳を過ぎると成長の速度が緩やかになるため、徐々に代謝が落ちます。基礎代謝が低下しているのに食事量を変えずにいると、肥満に繋がってしまう場合があります。

避妊や去勢手術後

避妊や去勢手術などを行った犬は、ホルモンバランスの乱れが体内にも影響を及ぼします。そのため基礎代謝が低下したり、逆に体力を取り戻すために過食を招いたりといった状況が起こります。結果として肥満に繋がるため、術後の経過を注意深く観察しましょう。

犬の肥満の目安

体重計に乗る犬

犬の適正な体型

犬の適正体型を簡単にチェックできる方法として「ボディ・コンディション・スコア(BCS)」というものがあります。犬を上からの見た目、横からの見た目と、肋骨や腰のあたりを触った感触で、肥満が痩せすぎかなどを診断します。

理想的な体型は、肋骨が薄い皮下脂肪に覆われていて、触ると骨がわかる状態です。上から見ると腰のくびれが緩やかにある状態と言われています。肋骨や腰骨がはっきり浮き出ている場合は痩せすぎ、皮下脂肪に覆われていて触っても肋骨の場所がわからない場合は太りすぎと判断できます。

犬の適正な体重

生後1歳時(大型犬は2歳の体重)の適正体重は以下の数値を参考にしてください。
犬種:体重

犬種体重
チワワ1~3kg
ミニチュアダックスフンド3.5~4.8kg
ポメラニアン2~3kg
ボーダーコリー18~24kg
柴犬7~10kg
ビーグル8~14kg
ラブラドールレトリバー25~34kg
ゴールデンレトリバー25~35kg
シベリアンハスキー18~27kg

適正体重は、理想的な体型のときに測定した数値を目安にします。そこから10~15%を超えると肥満傾向と言われていますが、同じサイズの犬であっても、毛量や骨格に差が出ることがあります。個体差もあるので、あくまで基準のひとつとして考えましょう。

犬の肥満度チェック

メジャーをくわえて体重計に乗る犬

以下の項目から、愛犬が肥満であるかどうかチェックしてみましょう。

  • 犬の体重を把握していない
  • 散歩の時間が1日30分以下である
  • フードの給与量を計っていない
  • しつけのご褒美におやつを与えている
  • おねだりされると、つい食べさせてしまう
  • 肋骨や背骨の位置が見た目でわかりにくい
  • お腹に締まりがなくたるんでいる

ひとつでも該当する場合は注意が必要です。愛犬のためにも家族で体重管理について意識しましょう。

犬が肥満になるとおこるリスク

肥満の犬

肥満細胞腫

肥満細胞腫とはがんの一種で、犬の皮膚腫瘍のなかで最も多いと言われている病気です。

症状

肥満脂肪腫は、主に皮膚下に発生して犬の体内でヒスタミンやヘパリンを放出することにより、周囲の組織に炎症や浮腫を起こします。胃腸に負担がかかり吐き気や下痢といった症状が見られたり、触ると周囲に赤みや腫れが生じたりします。

生存率

犬の皮膚にできる肥満細胞腫は基本的に悪性腫瘍です。グレードによる生存率は以下の通りです。

グレード術後1500日生存率(Patnaik 1984)術後1年生存率(Murphy 2004)
グレード Ⅰ83%100%
グレード Ⅱ44% 92%
グレード Ⅲ 6% 46%

初期段階で他に転移が見られなければ、的確な手術により完治が見込めます。しかし、グレードⅢまで進行していると、手術後1500日(約4年)を迎えた時点での生存率が6%まで下がります。

治療法

犬の肥満細胞腫の治療法として最も有効なのが外科手術です。再発を防ぐためには、1回の手術で腫瘍の根を取り去ることが重要になります。

すでに転移を起こしている場合や、体力の低下で手術に耐えられないと判断された際には、放射線治療や抗がん剤などが行われます。これらが実施される場合には医師より専門施設の紹介があります。

気管虚脱

犬が肥満になると脂肪によって気道が圧迫されるため、呼吸器系の病気を発症しやすくなります。呼吸器官が変形したり正常な弾力を失ったりすることで起こるのが気管虚脱です。

症状

肥満などで呼吸器に負荷がかかり、気管を守る軟骨が潰れると、呼吸困難や苦しそうに咳をするといった症状が見られます。呼吸器系の病気は酸素不足により失神してしまう場合もあります。特に気管が細い小型犬は悪化しやすい傾向にあるので注意が必要です。

治療法

犬が肥満によって気管を圧迫している場合、脂肪を落とすためのダイエットが有効です。しかし、激しい運動は咳を悪化させる恐れがあるため、散歩など軽めの運動を安定して続けるようにしましょう。

初期段階の治療法として、気管支拡張剤の投与や酸素吸入で一時的に症状の改善が見られます。重度の症例の場合、補強材を使ってつぶれた気管を広げる外科手術によって治療されます。代表的な「PLLP法」は、気管の外側にプロテーゼを縫い付ける治療法です。装着から2週間程度で気管粘膜に覆われるため、異物感が残りにくいとされています。

糖尿病

肥満体型の犬は、適正体重のときよりも糖尿病にかかるリスクが高くなります。体内のインスリン分泌量が下がることで、血液中の糖の値が異常に上がり、余分な糖が尿といっしょに出てしまいます。

症状

犬の尿に多量の糖が含まれているため、いつもと違う匂いがするのが特徴です。肥満などが原因で血液中の糖が増えると、毛細血管が詰まって網膜症などを伴う可能性もあります。放置しておくと目が白っぽく見える白内障や、肝臓疾患により腹水が溜まるなどさまざまな合併症に繋がります。

治療法

糖尿病の治療にはインスリン注射と食事療法が有効です。投与するインスリンの量は、尿検査と血液検査の結果によって決められます。インスリンの量が確定するまで動物病院に入院する犬もいますが、神経質な性格だとストレスを感じ、かえって血糖値が上がることもあるので獣医師とよく相談しましょう。

肥満の犬にとっては運動も効果的な治療法です。しかし急激な運動はエネルギーを消耗し、一気に血糖値を下げすぎてしまう恐れがあります。適度な運動を安定して行うことを意識しましょう。

腎臓病

肥満による高血圧は、犬の腎臓病の原因となります。腎臓が正常に機能せず、本来であれば尿として排出されるはずの老廃物が蓄積されることによって「尿毒症」に陥ります。

症状

肥満の原因となる偏った食生活は腎臓に負荷がかけます。これによって腎臓病が進行し尿毒症に陥ると、犬に嘔吐や下痢、口の中から血が出るといった症状が見られます。最悪の場合、けいれんや昏睡を引き起こして死に至る場合ある病気ですので、早めに病院で受診して下さい。

治療法

肥満による慢性腎臓病においては、タンパク質やリン、ナトリウムの摂取を制限した食事療法が最も有効と考えられています。療養食を利用できない場合は、リンの体内への吸収を抑えるリン吸着剤や、毒素を吸着する活性炭を使うことも進行の抑制に効果的です。

腎臓病にかかると、口の痛みや吐き気によって食欲が落ち始めます。犬の体重が急激に落ちると体力の低下にも繋がります。ドッグフードの温度や固さを変えたり、獣医師と相談の上で嗜好性の高い食材を使ったりなど食べやすくする工夫をしましょう。

椎間板ヘルニア

犬の腰や首にある椎間板は、肥満による体への負荷や強い衝撃によって変形してしまうことがあります。椎間板ヘルニアとは、この椎間板が飛び出して脊髄を圧迫している状態を指します。

症状

触ろうとしたときに犬が避ける、悲鳴をあげるといった行為が見られたら痛みが出ているサインです。悪化した場合、神経が麻痺して歩行困難や排泄障害といった症状を引き起こすので、肥満気味の犬には注意が必要です。

治療法

椎間板ヘルニアは肥満以外にも、老化や遺伝の影響で起こると言われています。自然治癒することはないので、放置せず早めに治療を始めましょう。初期の段階であれば、痛み止めや消炎剤などの薬を投与も有効です。

もう1つ、原因となっている椎間板を手術によって取り出し、術後はリハビリによって回復に向かう方法もあります。内服薬の投与よりも再発性が低いですが、一か所を手術しても他の場所がヘルニアになる可能性もあります。犬の体への負担やリスクも考え、治療法については獣医師とよく相談した上での判断が必要です。

まとめ

肥満の犬

犬の肥満はさまざまな病気の原因になります。とはいえ無理なダイエットは、成長期の犬や老犬の健康を害する場合もあるので、愛犬の状態にあわせて行うことが大切です。可愛くおねだりされると、ついおやつを与えたくなりますが、犬にとってその一口が肥満に繋がります。飼い主には、日によって態度を変えない一貫した姿勢が求められます。

体の大きさや成長の度合いに考慮しながら、食事やおやつの量を調整したり、運動量を増やしたりして長い目で健康管理をしていきましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 moon

    我が家の犬は、犬種の標準体重よりはだいぶ軽いのですが、骨格がきゃしゃな作りなため出来るだけこれ以上増えないように心がけています。トリマーさんからはもうちょっと増やしていいと言われるのですが、生まれつき膝関節に亜脱臼を抱えて、股関節もゆるいため増やす気はありません。
    犬が若いうちは、あまり食べることに興味がなかったのが幸いして肥満の心配はさほどすることはなかったのですが、8歳を過ぎてから食べる量は変わらないのに少しずつ体重が増えてきました。やはり加齢とともに代謝が落ちるのでしょうか。ドッグランへ連れて行っても運動量が減ったように思いますし、筋肉量も減っているような気がします。
    年を取って、これからより足腰が弱くなるでしょうから体重管理をそろそろきちんと考えないとなと思っていました。小型犬の場合は100g、200gでも人間に換算したら相当なものですものね。こまめに体重計に乗せながら、食事管理と運動をしていこうと思います。
  • 投稿者

    女性 カレー

    これはしっかりと読みたいと思った記事でした。というのも我が家の愛犬が太り気味で、この前の定期健診で獣医さんからお叱りを受けてしまいました・・・。愛犬はフレンチブルドッグです。フレンチブルドッグはパグ同様、とても食いしん坊で太りやすい犬種です。ちょっとでもおやつを食べ過ぎる日が続くと、あっという間に見た目に出てしまいます。また、人間も同じことが言えますが、太るのはとても簡単ですが、痩せるのが本当に難しいですよね!犬の場合は、人間のダイエットよりも難しいと思います。やはり肥満は病気の原因になるので、避けたい問題ですよね。心臓病や呼吸器系に負担になるので犬の体にもかなりの負担になると思います。やはり飼い主さんがいろいろとケアしていかないといけませんね!
  • 投稿者

    女性 匿名

    うちの子はハスキー犬♂。体高は56㎝位体重は26Kgの標準的な体型で、食事の量は1日1,000 kcalが必要となっていますが、ちょっと少なめにしています。おやつは朝晩2回あげています。
    シニア用のフードにした時に、低カロリーになったので少し量を増やしたら体重が1.5kg増えてしまいました。今は散歩を増やしているので元の体重に戻りました。
    食むらがありフードジプシーをしています。試しに買ったフードはオーガニック、お肉が主原料など良さそうな物でしたがどれも気に入らず、結局元のフードに収まりました。

    愛犬の体重管理をするのは飼い主しかいないので気をつけていきます。
  • 投稿者

    女性 きなこ

    愛犬は太っているのかどうなのか不安に感じることがあります。シーズー(オス)と暮らしているのですが、シーズーの一般的な標準体重を見ると5~7キロほど。我が家のシーズーは、3歳頃のやんちゃざかりの時は8.5キロほどありました。1歳の頃の体重をメモしておかなかったので、実際これが肥満なのかどうかわかりませんでした。
    周りのシーズーはみんな4~5キロほどだったので、流石に心配になり獣医さんに相談したところ、背骨と肋骨、そして肉球を確認し、「この子はこの体重でも肥満ではないです。骨格が大きいので、大きいシーズーなんでしょうね」と言われ安心しました。
    必要なのは標準体重よりもその子に合った体重を知ることだと思います。

    犬は、肉球が大きいと足の骨格も見合ってしっかりと育つので、体も大きくなることがあるそうです。BCSで確認してなお心配なら、ひとつの目安として肉球の大きさも見てみるといいかもしれません。大きければ、標準より体重があっても大きく育つ犬なのかも。

    ただ去勢手術をした直後はとても太りやすくなってしまい、一時期はぐんぐん体重が増えてしまったことがあるので、肥満にさせない食事と運動はとても大事だと思いました。
    現在はシニアになったので7.5キロほどを維持し、関節に負担がかからないようにしています。
  • 投稿者

    30代 女性 てと

    家にしっかりとした体重計がないのでいつも動物病院の体重計を利用させてもらっています。我が家の愛犬(シェットランドシープドッグ)は大体いつも8kgくらいですが、冬になると10kgくらいになる時がありますね!冬を乗り越えるために食べる量も多くなってますが、散歩も寒くて短くなっているのも原因かな…(笑)でも肥満になってしまうと病気になりやすくなるのでやはり管理は必要ですね。
  • 投稿者

    女性 ゴン吉

    冬になるとよく食べるようになるのでいつもより少し体重が増えます。うちだけなのかなと思って心配だったのですが、寒いと脂肪を溜め込もうとするというのを知りほっとしました。ですが、油断して増えすぎないように注意したいと思います。
  • 投稿者

    50代以上 女性 くっきー

    ダイエットさせる時はドッグフードをいつもより少なくしてキャベツとか豆腐など低カロリーなものを混ぜてあげています。ブロッコリーもよく食べますね。量を単に減らすだけだと愛犬がストレスになってしまうので、工夫してあげるといいと思います。またおやつは出来るだけ控えてます。それにプラスしてやっぱりしっかりと運動ですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。