愛犬に鶏肉を食べさせてスタミナ回復!栄養の秘密とおすすめレシピ

愛犬に鶏肉を食べさせてスタミナ回復!栄養の秘密とおすすめレシピ

我が家の愛犬は鶏肉が大好きです。大好きな鶏肉の栄養や、与えている部位、一度に食べる量はどのぐらいなのか?また与える時に工夫している事や気を付けている点についてまとめました。我が家秘伝のお勧めの調理・活用方等もご紹介します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

愛犬も大好きな鶏肉の栄養面はどうなの?

ジャーキーをおねだりしている愛犬

皆さん、お宅のワンちゃん達は鶏肉が好きですか?

我が家の愛犬は、鶏肉がとっても大好物です。「チキン欲しい?」と聞くとジャンプして大喜びするほど大好きなんです。ホント、都合の良い言葉は良く覚えている愛犬です。

そんなワンちゃん達が大好きな「鶏肉」は、主にどんな栄養があるのでしょうか?

とってもヘルシーな食材

鶏肉は消化が良く、高タンパク、低脂肪で滋養にも良いヘルシーな食べ物と言われています。

主な栄養素であるタンパク質は、血液や皮膚を構成している成分であり「怪我の修復」にも必要な栄養と言われているそうです。

その他にも細胞同士を結びつける、コラーゲン等も豊富に含まれていることは有名です。コラーゲンは美容成分としてご存じの方も多いと思いますが、肌や関節の動きを助けてくれます。

また、鶏肉は各部位によって豊富に含まれている栄養もさまざまです。

胸肉やささみは必須アミノ酸が豊富!

鶏胸肉やささみは各部位の中でも低カロリーで脂肪分が少なく、必須アミノ酸の1つであるトリプトファンと言う成分が多く含まれています。

トリプトファンとはストレスや不眠、興奮した神経を静める働きのある栄養素です。疲れた愛犬の心の栄養補給にとっても効果的です。

我が家のおすすめメニュー

豊富な栄養素がつまった鶏肉を、我が家ではご褒美メニューとして週に1回程度を目安に与えています。

鶏肉とフードのご飯

作り方は以下です。

  1. 用意した鶏肉を脂身、骨等を包丁取り除きます。
  2. お湯で茹でた後、細かくほぐします。
  3. ①、②で調理した鶏肉をドライフードと混ぜて与えます。

※1日の量の目安は20グラム程度です。お肉を与える時は、ドライフードはその分減らすことが重要です。

鶏肉とフードのご飯

▲フードに茹でた鶏肉をトッピング。この調理法がシンプルですが、うちのワンコは一番好きみたいです。

茹で汁で熱中症予防!

調理した際に出る「鶏肉の茹で汁」は、熱中症予防に利用する事が出来ます。

熱中症の予防の為に、しっかり水分をとってもらいたいところですが、なかなかお水を飲んでくれない犬なので心配していたところ、犬友さんのアドバイスで、鶏肉の茹で汁をティースプーン一杯分だけお水に混ぜ与えてみると、鶏肉の匂いにつられてしっかりと水分をとってくれました。

鶏肉の茹で汁

▲鶏肉の茹で汁はティースプーン一杯分だけ

茹で汁の混ざった水を飲んでいる愛犬

▲茹で汁を混ぜると水分を取ってくれます。

ジャーキー

鶏肉のジャーキーも、手作りのご褒美おやつとして作っています。

作り方は以下の通りです。

  1. 骨と脂身を取った鶏肉を小さめに切ります。
  2. 下処理した鶏肉を150℃に予熱したオーブンで50分程度焼きあげます。

ポイントは、焦げ過ぎない程度にワンちゃんの好みの固さまで、オーブンの様子を見ながら焼き上げることです。

▼自家製ジャーキーの完成!

ジャーキーの写真

※手作りの無添加なので、4~5日以内に食べさせて下さい。

鶏皮で愛犬の関節を強化

鶏皮も、愛犬の健康の為に食べさせたい部位の一つです。鶏皮にはグルコサミンやコンドロイチン等の栄養素が豊富に含まれており、愛犬の関節の動きをスムーズにしてくれる働きがあります。

ただし、鶏皮は高脂肪でカロリーがとても高いため、与えすぎには十分に注意しなければなりません。

我が家では、出来る限り脂肪分を包丁で丁寧に削いだものを、トースターでカリカリになるまで3~4分程焼いて、小さくカットして、1日に2グラム程度を目安に与えています。

与えるときに注意すること

鶏肉

生で与えちゃダメ!

生で与えるのは大変危険です。サルモネラ菌等に感染すると、食中毒を引き起こしてしまう可能性があります。

食中毒を起こした場合、下痢や嘔吐を起こし、大切な愛犬の命にも関わります。

「骨」に注意!ケガの元です!

子供の頃、アニメや絵本で犬が骨をしゃぶっているシーンを何度か見た経験が記憶にあります。私も犬を飼うまでは、犬イコール骨をしゃぶってるってイメージがありました。

犬は骨が好きですが、鶏肉の骨は火を通すと縦に割れる性質があり、刺さる危険があります。

現在、様々な情報を見て「鶏肉の骨を食べても大丈夫」と思っている方もいるかもしれませんが、万が一、誤飲してしまったとき、割れた骨が喉や胃腸を傷つけてしまう可能性もあるので、与えるときは骨が残っていないか十分に気を付けましょう。

与えすぎに注意!

鶏肉は犬にとって、ヘルシーで栄養素が豊富に含まれている嗜好性の強い食べ物なので、与えすぎには十分に気を付けて、飼い主さんの管理のもと安全に与えて下さい。

また、初めて与える場合は、様子を見ながら少量ずつにしましょう。

まとめ

ヘルシーで犬健康にも良い鶏肉は、ご家庭でもすぐに手に入りやすいので活用していきたい食材ですよね。しかし、手ごろな食材だからこそ、注意点をよく理解して与なければいけません。

  • 鶏肉は必ず加熱して与える
  • 骨は必ず取って与える
  • 鶏肉は与えすぎてはいけない

この3点は特に重要です。

愛犬の健康の為に、その子に合った食材を上手に与えてください。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 momo

    我が家の愛犬にもおやつとして≪手作り鶏の胸肉ジャーキー≫を与えています。以前は市販のおやつを与えていましたが、添加物の多さによって肝機能の数値が悪くなり、手作りのものに替えてからは数値が改善されてきました。何故、ササミではなくて鶏胸肉で作るかと言いますと、ササミにはリンという成分が多く、溜まると良くないので価格も安くササミよりもリンが少ない胸肉にしています。そして、鶏胸肉を与える理由の1番にあげたいのが【疲労回復物質であるイミダペプチド】が豊富だということです。鳥が羽ばたく時に胸の筋肉を使うことでその成分が多く含まれるそうです。お陰様で我が家の14歳の愛犬も、疲労回復物質の多い鶏胸肉をあげているので良く歩きます。しかし、与える際に注意したい点があります。
    腎臓疾患がある子や尿石症でおやつの制限がある子はタンパク質の多いものがダメなので、日々の食事やおやつに関して獣医さんと相談した方がよいと思います。
  • 投稿者

    40代 女性 ととりこさまんさ

    鶏肉は部位・調理法を様々に変えて美味しく食べられますし、胸肉、ささみ、モモ肉といった正肉だけでなく、肝臓、砂肝、ハツといった内臓も手に入りやすく、調理もしやすい。漢方や薬膳料理の伝統がある中国や韓国の料理にも鶏肉を用いたものが多くあります。鶏肉は、愛犬にとっても、そして人間の健康にとっても、有り難い動物性タンパク質のひとつですね。
    さて、そんな鶏肉にも気をつけないといけないことが、いくつかあります。
    まずは、鶏肉アレルギーについて。案外と鶏肉アレルギーを持っている犬は多いものです。とくに症状がなく鶏肉ベースのドッグフードを長年食べている場合も、そこに鶏肉をトッピングして食べるのは、同一のタンパク質の過剰摂取になることが考えられます。
    また、腎臓疾患や結石など、食事制限が必要な疾病がある場合は、獣医師と相談の上で取り入れましょう。
    最後に、鶏肉の質について。一般的なスーパーで売られている「国産鶏肉」は(いわゆるブロイラー)は、抗生物質や成長促進剤を用いられていることが多いものです。一説には鶏肉独特の臭みは、鶏が健康的でないからという説もあるぐらいです。折角、愛犬の身体を思って取り入れるのならば、拘れる範囲でいい鶏肉を、工場で育った鶏ではなく、土の上でのびのび過ごした鶏を手に入れる努力をしたいものです。
  • 投稿者

    女性 miya

    手作りご飯を作ってあげる時に入れるものの定番はササミです。糖尿病の愛犬のご飯にもよく取り入れていました。高齢になるとフードを食べない日も多くなってきたので、ささみと高カロリーサプリメントでどうにか栄養補給をして体調をぎりぎり維持していた時もあります。

    さすがに同じ歯ごたえだと飽きがきてしまうこともあったので、色々工夫をしました。
    野菜と一緒に煮込んだささみを少しほぐして、スープと一緒に混ぜ、そこに寒天を入れます。寒天をよく溶かしたら容器に入れて冷やすだけで簡単煮こごり風。

    鶏むね肉を開いて叩き、なかに野菜を入れてロール状に巻き、ラップで包んで茹でると簡単ハムになります。

    どれも食べさせ過ぎには注意が必要ですが、何も食べないよりは食べてくれるものを与えた方が体力回復にも繋がるので、神経質になり過ぎずに手作りしてあげるといいと思います。

    鶏のゆで汁をお水に入れて水分補給を促す方法は私も実行していました。お水に入れるのなら、茹でている時に出る灰汁はこまめに取った方がいいですよ。
  • 投稿者

    女性 ポムポム

    素敵なアイデア満載です!うちはフードがチキンがメインなので、特に別にあげることは考えていませんでした。ですが、チキンは茹でるだけでOKですし手軽で簡単。お菓子や間食にもとてもいいですね。中でも一番気に入ったのはチキンの茹で汁を少しお水に混ぜてあげるということ。お水を飲んでほしいときや水分不足じゃないかなと心配なときにとても役立ちそうです。頑固に育ったうちのわんこはお水、と声がけしても飲んでくれないときが多々あります。ですが、栄養もとれてわんこにも飲みやすくなるこの方法はこれからぜひ試してみたいです。胸肉やささみは比較的ローコストで手に入りますし、自分で調理してあげると添加物などの心配もいりません。茹で汁も活用できて、しかもさらに余ったものは人間のスープでもいい味を出してくれます。鶏肉は常備していますので、ぜひ試します!
  • 投稿者

    女性 いちごおれ

    鶏肉は低カロリーで高たんぱくで、フードの原材料にも一番多く使われているお肉だと思います。
    他の種類のお肉と比べてお値段もリーズナブルですし、家庭でも鶏肉は使う方も多いと思うので、わざわざ買い揃えなくても日常的に用意できるのが利点だと思います。
    比較的ヘルシーなササミや鶏胸肉をわんちゃんご飯に使う方も多いと思いますが、もも肉や軟骨にレバーなど部分により栄養にも違いがあるので、同じ鶏肉を使ったメニューでもバリエーションが増えるので使いやすい食材だと思います。

    我が家でも茹でた鶏肉をほぐしたものをドライフードにトッピングしたりします。その時にぬるく冷ました茹で汁も一緒に入れてあげると普段より食い付きが違うんですよね。
    夏場や冬場の水分補給にも、ささみの茹で汁はお水を飲む量が増えるので良いですよね。
    ジャーキーも市販のものは添加物など気になるのでお家でオーブンですぐなので作っています。
    長めに焼きカリカリに乾燥させた方が長持ちはしますが、シニアのわんちゃんなどはオーブンで30分ほど焼いてあげると柔らかめのジャーキーが仕上がるので、硬いものが食べれない時には柔らかめのジャーキーがおすすめです。
    冷蔵庫で2日ほど保管できますが、食べ切れない場合は冷凍すると良いですよ。
    時間短縮のため、余熱なしでオーブンでジャーキーを焼いた後は、そのまま天板の上で冷ましてあげると余熱でさらにカリカリになりますよ。焦げそうな場合はアルミ箔をかぶせてあげてください♪

    鶏肉を生で与えてる人もいるようですが、うちでは怖いので与えていません。
    加熱しなければ鶏の骨も大丈夫と言う方もいますが、辞めておいた方が良いと思います。
    鶏の骨ごとあげたい場合は、圧力鍋で調理してあげ骨がお箸でスッと切れるほど柔らかく煮込んであげれば、鶏の骨も与えることができます。
    コラーゲンは毛や皮膚に良いですし、コンドロイチンは関節に良いので膝蓋骨脱臼対策などでサプリメントを飲んでるわんちゃんもいますよね。
    食が細いわんちゃんにも匂いや鶏肉をトッピングする事で普段より食べてくれる場合もあります。

    鶏肉ばかりを食べるとバランスが良くないので、他の種類のお肉など使いながら過剰に摂りすぎないように注意しましょう。
  • 投稿者

    30代 男性 たろう

    鶏肉いいですね!生肉はな〜…なんて思ってましたけど茹でるという選択をすっかり忘れていました(笑)早速、今日からあげてみようと思います。というのも愛犬はもう老犬でペットフードをあんまり食べなくなってしまいました(^O^;)なので豆腐をかけたりすると食べてくれるので、鶏肉にも期待です!!とにかく愛犬にごはん食べてもらいたいです。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。