犬を飼う前に読んでほしい「12個の飼い主適正チェック」

犬を飼う前に読んでほしい「12個の飼い主適正チェック」

お気に入りに追加

初めて犬を飼われるアナタの為に12個の質問や、その質問に関する話しをしていきます。少々厳しく、また細かい内容になりますが参考にしていただけたら幸いです。

126838view

1.命を預かる覚悟はできてますか?

可愛い仔犬

犬だけに限られた事ではありませんが、生き物を飼うというのは、その子の大切な命を引き受けるという事です。
犬を飼い始める時は、多くの人が楽しく幸せな時間を想像し楽しみにしていることでしょう。しかし、犬を飼うというのは楽しいことばかりではありません。特に飼い始めは犬も飼い主も、状況や環境に不慣れで大変な思いをすることでしょう。

また、命を預かる重責を感じる人もいるかもしれません。犬はかわいい“動くぬいぐるみ”ではありません。病気やケガ、命を左右する選択、それらすべての責任が飼い主にあるのです。

穏やかで幸せな一生を過ごすのも、粗末に扱われて悲しい一生を終えてしまうのも命を預かるアナタ次第です。全ての責任を背負うという事を今一度考えてみて下さい。

2.キチンと正しい躾はできますか?

おもちゃで遊ぶ子犬

犬を迎えた人が通る初めての試練とも言える基本的な躾はアナタが思うよりもずっと難しいということです。
「おすわり」「お手」などの躾はそれほどむずかしいことではありませんし、できなくても生活に対して支障がありませんが、一緒に暮らしていくうえでもっと重要なことを飼い主は犬に教えていかなくてはなりません。

トイレトレーニングから噛みグセの止めさせ方に無駄吠えの防止など、犬が人間社会に入り込むため、当たり前のように必要とされる最低限の躾は、実は大変な時間と忍耐が必要とされます。因みにひと昔のようにバシバシ叩いたりする躾は現在では厳禁な上に、却って逆効果です。

3.体力と気力はありますか?

歩かないトイプードル

犬にとっての散歩は、1日の一大イベント!と言われるくらい大好きな習慣です。
犬種によっては1日数回を長時間かけて歩かせないといけないし、もちろん雨や雪といった悪天候だとしても、またアナタ自身の都合や体調不良も犬にとはっては全く関係ありません。
しっかり犬に付き合ってあげられる体力や、毎日欠かさず続ける事のできる気力が必要とされます。

4.部屋が汚れる覚悟はありますか?

部屋を汚す犬

犬はアナタが予想するよりも抜け毛や臭いが発生します。どんなに気を使っても、気が付いたら部屋の隅や家具に毛が付きますし、トイレや体臭等で慣れてない人には臭く感じる事もあります。更には子犬の時は当たり構わず噛み跡をつけたり壁に穴を空けてしまったり粗相もしてしまいます。
アナタがインテリアにこだわったりする方や潔癖症ならば、あまり犬を飼う事は勧められません。

5.行動範囲が制限されますが大丈夫ですか?

旅行鞄と犬

アナタは遠出や旅行をするのは好きですか?
もしアナタが出掛けるのが好きな方なら、犬を飼う前に今までのように自由に外出ができなくなってしまうのだという事を覚えておいて下さい。
大分増えてはきましたが、まだまだ日本はペットと同伴できる場所も限られてしまいますし、長期で家を留守にする場合はホテルに預ける事になると思います。
でも事情を理解出来ない犬にとっては大好きな家族と離されて寂しい思いをさせてしまうので、きっとアナタは後ろ髪を引かれてしまうでしょう。

6.何が起きても犬を守れますか?

まだまだ幼い犬

犬にとってアナタは飼い主であると同時に、災害時には生命を救い安全な場所へ避難させるレスキュー隊員となり、時には飼い犬に危害をくわえようとする他の犬、あるいは生き物から身を守ってあげるボディガードとなり、また鳴き声や行動に対して苦情を言ってくる人達に対してキチンと謝罪してあげられる弁護士にもなる必要があります。
何があっても守ってあげて下さい。

7.経済的余裕はありますか?

病気を患った犬

犬を飼うには沢山の費用がかかります。
毎月のフードやトリミングを始めとし、狂犬病などのワクチンやフィラリアの薬と季節毎に必要な病院の診察代にと少なくとも年間およそ10万以上はかかりますし、更に将来もし愛犬が病気になれば保険が効かないので高額な医療費も発生する事もあるんです。

8.イザという時に託せる人はいますか?

ベッドでご飯を食べる犬

どんなにアナタが責任を持って犬を飼っていたとしても、突然の事故や病気でどうしても世話ができなくなってしまう場合も無いとは限りません。
もしそうなった時の為にもアナタの代わりに愛犬の世話をしてもらえる人や施設を見つけてあげておく事も大切です。

9.環境は万全ですか?

犬に応える飼い主

犬を飼う上で必要な環境は整っていますか?
ペットの飼育が可能な住居はもちろん、車の通りが比較的少なく安心して散歩のできるコースに、自分で連れて通える距離に動物病院があるのが理想的です。

10.自分の時間は減ります。大丈夫ですか?

子供と犬と時計

アナタは自分だけの自由な時間を大切にしていますか?
自由気ままな猫とは対象的に、犬は飼い主であるアナタに真っ直ぐな愛を向けてきますのでシッカリと応えてあげなくてはいけません。
例えアナタが1人で読書やテレビ鑑賞等に夢中になっていたとしても、犬は大好きなアナタに構って欲しくて甘えてくるでしょう。
それを中断して犬の相手をしてあげる必要もあります。

11.寂しい思いをさせない自信はありますか?

寂しそうな顔のプードル

私達人間にとって1日は24時間ですが、犬にとっての1日はたったの7時間しかありません。
だから長時間犬を独りきりで留守番をさせるという事は、人間に置き換えると丸1日留守にさせていると同じような感覚なのです。
その寂しさを補ってあげられるだけの愛情をしっかり注いであげましょう。

12.一生忘れないでいてあげられますか?

いつまでも忘れないで

考えたくありませんが、犬は私達よりも早く旅立ってしまうのが辛い現実です。
最期まで責任を持って世話をしてあげることが大事ですが、寂しがり屋で甘えん坊な性格の子が多い犬にとっては離れ離れになっても、いつまでも大好きな飼い主さんに忘れられずに思い出してもらえる事もとても嬉しいと思います。
一生忘れずに想っていてあげましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 サンタまま

    当たり前じゃん!命に変えても守ります。育てます。優しくも厳しくも、うちを頼って来てくれた天使だもの。仕事に行く以外側にいます。一人の時間があるだけ週末は一緒に過ごします。旅行にも行きます。沢山遊んで悲しんで経験させます。ほんとは優しくて甘えん坊なのだから…怒るときは本気ででも、守ります。あの子の一生を
  • 投稿者

    女性 メイのママ

    3年前に縁あって向かえた娘 とてもお転婆ですが素直で賢い子です 本当に感謝!仕事中は嫌いなジージと一緒ですが帰ってきてから、休みの日はほぼいっしょです それでも何らかのストレスは感じているんだろうなぁ…とにかくメイが健康で長生きできるよう、ママは頑張るよ❗時には厳しく、そして、いっぱい大好きを伝えられるように…
  • 投稿者

    50代以上 女性 ぽりん

    今年の始め、家族の宝だったワンコを亡くしました。最期の時、抱いて声をかけて…腕の中で旅立っていきました。言い様の無い悲しみでした。この世から光が消えたような気がした…。でも今また、チビワンコを迎えて暮らしています。先代ワンコを思い出して、まだまだ涙いっぱい。でもチビワンコに沢山笑わせてもらう…。沢山の事を教えてくれた先代ワンコといつまでも一緒に、チビワンコを守っていこうと思っています。
  • 投稿者

    女性 はな

    先月9月15日。21年飼っていた愛犬を亡くしました。
    未だに愛犬の事が忘れる事が出来ず、時々気が滅入る時があります。
    ですので、愛犬の着ていた服や、寝ていた布団等を処分出来ずにいます。
    かといって、寂しさを紛らわすために次にまた飼いたいとは思えないのです。
    気持ちを切り替えるにはまだまだ時間がかかりそうです。
  • 投稿者

    40代 女性 も

    私はペットショップ反対派ですがこのような条件、約束事を誓わせてから本当に買うor飼うべきかどうかを考えさせ、義務付けする必要があると思います。
    店頭に貼っといてください。
    人間の身勝手さを正当化してはいけません。
    もっともっとこの条件が広まるといいな。
  • 投稿者

    40代 女性 ももちゃん

    覚悟あります。
    なにがあっても3人娘は守ります。自分の飯が納豆だけになろうが災害で万が一犬と人間が離れなければならなくなったときも離れません。
    彼女たちは、わたしの宝です
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    ペットを安易に飼う人が増えていると思う。
    こういう飼い主の適性検査してから飼う様にすべきだと思いますね。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    犬を自分が守るということに属しますが、犬のカーミングシグナルや身体的不調及び早期対処は必要です。
    そのためには犬を家族に迎えるということ、犬の基本的な勉強は必須です。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    ワンコたちは、人間の様にあれが欲しい、あそこに行きたい。買ってくれなきゃやだ。とは言いません。 ただ一緒に居てくれる。ずっと一緒。それで充分。
    そこに居てくれるだけで、幸せです。
    ワンコのおかげで仕事をする励みになる。病気になれないから気をつける。
    私にとって、ライナスの毛布。代わりはありません。
  • 投稿者

    30代 女性 つかさくんの相棒

    例えば、災害が起きて一緒に避難出来ないのであれば、避難せずに一緒に過ごします。
    悲しく泣いていたらそばにきてペロペロ慰めてくれて、どんな時も味方でいてくれる唯一無二の存在。

    どんなことがあっても、最期まで守って一緒に生きます!
  • 投稿者

    40代 女性 Shibarashi

    犬を飼いたい主人と相性がいい仔を探すため、ペットショップを廻り、最終的に保護施設で主人にボールを投げ遊ぼうと誘った柴犬くんにウチに来てもらいました。

    ペットショップでは相性や家庭の環境などより、内金の話ばかり。保護施設ではトライアルで暴れ過ぎ出戻りした仔と云うことで、経験者でないとと心配され。どちらの立場もよくわかりますが、お金だけで済ませられる方を選ぶ安易さを認めざるを得ません。

    もしワンちゃんを飼う前に資格試験や講習を義務化できたら、不幸なワンちゃんが減るのではないでしょうか。

    暴れん坊だった柴犬くんは、いまでは「大人しいワンちゃんね」と言われるようになりました。ずっと一緒にいようね、嵐くん。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    お年寄りが子犬を飼ったり、運動量が多量に必要な犬を飼ったりしている現状何とかなりませんかね?我が家は一戸建てを購入して以来ずっと犬がいる生活をしています。先日もとあるシェルターから中型犬の成犬を引き取りました。スタッフの方が「犬を飼うときに自分が本当にその子を最後まで面倒みられるのかを考えてほしい」と言っていました。その通りだと思います。可愛いとか癒されるとかだけでは命を預かる責任はとれません。
  • 投稿者

    50代以上 女性 パフママ

    動物を飼う事が初めてでしたが、チワワのパフを家族に迎える時にパフの死を想像し、覚悟してから飼い始めました。
    大事に育てようと思っていたのに私は病気で毎年入院ばかりしてしまいました。
    旦那が仕事に行ってる間はお留守番。
    今、7歳になりますがどんなに私の体調が悪くてもパフを悲しませたくないので入院せず頑張っています。

    パフは膀胱結石になりお金も出て行きました。

    その分シャンプー、カット、爪切り、お尻絞りを自分でやり節約してます。
    パフママの投稿画像
  • 投稿者

    女性 匿名

    家族に迎える時に将来病気に罹っても病院に連れて行く体力はあるから、飼うなら今しかないとおもいました。
    可愛いうちの子はショップの売れ残りでした。当時7ヶ月、今8歳になり老年性白内障になりました。通院投薬、少額ながらかかります。経済力の無さが悔やまれます。手厚い看護は望めそうにありません。

    最期まで見守る覚悟を持とうと日々考えています。最悪の場合はどうするのか、苦しむ我が子を見守るだけで、手の施しようがないとしても、安楽死は避けるつもりです。当たり前のように思っていましたが、安楽死を選ぶ方達は並々ならない覚悟を持っおられます。
    悔いのない毎日を送ることが愛犬との絆作りになります。
    可愛い我が子が元気に散歩する姿はとても可愛く、脚はまだ大丈夫。私の背中にちょっと身体をくっ付けて寝ている温かさに癒されます。

    飼い主適正チェックは皆さんが受けるようにすると良いですね。自分に適正があるか考えて飼う方が沢山いれば、放棄、遺棄される子が少なくなると思います。
    空前のペットブームと言われる現在、ペットショップの売れ残りの子も、引き取り業者により虐待されたりしているそうです。そんな子が無くなるように、ブリーダーさんから迎える事が良いと思います。

    可愛い我が子と幸せな時間を積み重ねていきます。

  • 投稿者

    40代 女性 ネオメンママ

    9月3日に長男を亡くし、自分も再起不能となるかというところで、まわりにも勧められ、次男坊を迎えました。
    長男を毎日思いだし、なきながら、次男坊に笑わされ、復活しました。
    平日は、朝、実家に預けにいって、仕事帰りにお迎え。まるで保育園です。
    長男も同じようにしたので、甘やかしすぎずに心がけています。
    次男坊の為に、ペット看護士とセラピストの資格をとりました。他のワンちゃんにもお役にたてるといいと思います。
  • 投稿者

    女性 じゅりママ

    今年4月、急に震えだし何も食べなくなり病院へ…余命2週間…それからは主人と交代で付きっきりで看病しました。
    医師も驚く回復力を見せ、その娘も先日15歳の誕生日を迎えました。
    今までで一番嬉しい誕生日…
    ずっと守って行きたいです。あの2週間は本当にいい経験でした。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    見た目だけで選ばないこと。
    余程の散歩嫌いなワンコ以外は、散歩の時間はイベントですよね。

    家で放し飼いにしてるから。庭で放し飼いにしてるから。トレーナーさんから言わせると、飼い主さんの勝手な都合です。飼う資格ない!と話しておられました。
    本当に長く共に生活するワンコです。たまには飼い犬と飼い主で喧嘩みたいになることもあります。
    人付き合い優先したい人は向かないと思います。

  • 投稿者

    40代 男性 犬男爵

    これを読む前に犬を飼って後悔してる人も多いと思います。
    そしてこれから飼う自信のない人は早めにその子をかわいがってくれる
    里親様を探してあげてください!
    それがその子のためになると思います。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    我が家のトイプードルも10歳になりました。雨が嫌いな子なので 雨の日雪の日以外は 欠かさず お散歩で2キロくらい歩きます。365日のうち330日は行ってるだろうから 3300回この子と歩いて来たんだなぁと、最近しみじみ。だって 私たちがたった1日だけお休みするお散歩って この子にとっては1週間の待ちぼうけ。そんな可愛そうなこと 絶対できない!
    匿名の投稿画像
  • 投稿者

    40代 女性 あらしば

    ずっと、ずーっと犬を飼いたかった。社会人になり、お金に余裕が出来た時は仕事が忙し過ぎて飼えなかった。犬が大好きだからこそ、犬が不幸になるのは嫌だった。

    結婚して仕事を辞め、家を買い、犬の勉強をしなおして、今やっと保護施設から譲り受けた柴犬と暮らしている。

    我が家の柴犬は家を出たがらない。家を出てしまえば散歩好きで、クンクンしたり縁石を歩いたり、芝生を走ったり、犬友に会ったり作ったり遊んだり、帰り道キラキラした目で見上げられると、嬉しくなるし、飼ってよかったと思う。

    隣の家のダックスフントは、飼い始めた頃は散歩していた。家族でウチの前までノーリードで遊ぶことを散歩というなら。ダックスフントなら散歩はいらないと誰かに言われたのだろうか。もう10年も散歩している姿を見ない。

    別の近所のダックスフントも、トイプードルも、我が家の前までオシッコ散歩にノーリードで来る。自宅前は嫌なのだろう。数軒先のウチまで、散歩はそれだけだ。

    近所の多頭飼いの家は、始終鳴き続けて雨戸は閉まったまま。行政指導が入るまで鳴き続けた。

    17歳のレオくんは、もう後ろ足が踏ん張れなくて思うように歩けない。それでもウチの柴犬を見かけると、なんとか踏ん張って近づこうとする。飼い主さんが倒れてもいいように見守っている。

    14歳のチョビくんは補助が無いと歩けなくなった。飼い主さんは腰を痛めているが、少しでも歩かせてあげたいと補助具で持ち上げながら散歩している。

    犬を幸せにするのは、自分次第だろう。私は幸せに出来ているのだろうか。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    犬を飼う事はお金や時間を掛けるというのは当たり前だと思う。それ以前の条件として犬種ごとの特性や習性を事前に学び理解しておかなければ犬に対して誠実に向き合うことは不可能だと思う。今いる秋田犬が私にとって初めての犬である。もともとは猫派。
    犬は嫌いだった。こういう人もいるという認識と配慮も必要である事も受け入れなきゃならないという事を飼うと決めた日から徹底して自分自身に義務付ける事が大切だと思います。
  • 投稿者

    10代 女性 みつなあんみつ

    当たり前です。人間の好き勝手で飼われているのに、「可愛くない」「こんなわがまま犬いらない」と言われる、そんな犬はかわいそうです。
    これは、犬は飼えない私にも言えることです。
    このことがみんなに、いや、世界に届けばいいなあ。
  • 投稿者

    40代 女性 あやめの母

    前の愛娘が亡くなって、泣き暮らし、自暴自棄に

    なってました‼

    淋しくてまた新しい家族が欲しいって思った矢先

    インターネットで愛娘の命日の2日前に産まれた子を見つけました‼

    運命?生まれ変わりとビックリしました

    そして新しい家族に迎えました‼

    まだまだ手がかかる7ヶ月の子です!

    でも大切に育てたい・・育てます!!

    あやめは私の身体の一部です!

    あやめさえ元気でいてくれたら何も入りません
    あやめの母の投稿画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。