うち愛犬ももしかして?犬のアレルギー3つのチェックポイント

【獣医師監修】うち愛犬ももしかして?犬のアレルギー3つのチェックポイント

最近ワンちゃん達にもアレルギーの子が多く、アレルギー用ご飯や、病院で皮膚病の治療をしているご家庭も多いようです。アレルギー性皮膚病などの際の対策について、我が家で行った方法をお伝えします。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

ワンちゃん達のアレルギー

研究者

人のアレルギーはよく知られていますが、ワンちゃん達のアレルギーはまだまだよく分かっていないことが多いようです。

ワンちゃん達は人以上に体の変化に敏感なので、気になると舐めてしまったり、掻いてしまったり、お困りの飼い主さんは多いかと思います。

我が家のワンちゃんも一時期同じ所を舐めたり、齧ったりなどで毛が抜け、皮膚が赤くなってしまったことがあります。

その際に我が家で実践した方法など、少しでも役に立てればと思います。

犬のアレルギー、3つのチェックポイント

一般的にアレルギーという場合は、感染による皮膚病、ホルモンが関係している皮膚病でない際の皮膚病のことを指すようです。

アレルギーが疑われる場合にチェックすべき項目をいくつかあげるのでお家のわんちゃんに当てはまるか確認してみて下さい。

チェック①

まず一つ目に皮膚病になりやすい犬種かどうかを確認して下さい。

お家のワンちゃんとして人気があり、皮膚病になりやすい犬種として、柴犬、シーズーなどがあげられます。

これらのワンちゃんは特に皮膚病になりやすいようなので注意が必要となります。

チェック②

二つ目にお家のワンちゃんの年齢を確認して下さい。

アレルギーになりやすいのは成犬になってからのワンちゃんが多く、二歳以上で急になってしまうワンちゃんも多いようです。もっと若齢から起こる皮膚の慢性的な痒みはアトピーと診断される場合もあります。

チェック③

三つ目に食べさせるご飯を変更しなかったか確認して下さい。

新しいご飯に変えた後、何かいつもと違う食べ物を食べた後、いつもと違う所に行った後などいつもと違うことをした場合に起こることが多いようです。

チェック項目に当てはまったら…

もし、お家のワンちゃんにそのような思い当たることがある場合は、動物病院で診てもらうのが安心ですね。

アレルギーの反応があるか、どのような食べ物、草木、カビ、昆虫などに対してのアレルギーがあるか、薬用シャンプーなどの治療も行なう必要があるかなど相談してみることが良いかと思います。

ワンちゃんのご飯には最近沢山の食べ物がブレンドされているものも多いため、場合によってはアレルギーのワンちゃんのための処方食などにしなくてはいけないこともあります。

アレルギーで亡くなってしまうワンちゃんもいるのでもし思い当たる場合は早めに病院に連れて行ってあげてくださいね。

アレルギー対策に服を着せる

犬用服
▲我が家の犬用服

我が家のワンちゃんはアレルギーではなかったのですが、体を気にして舐めたり、掻いたりするときは悪化させないためにも洋服を着せています。

小さい頃から洋服を着ていないと、洋服を着せられるのが苦痛になってしまうワンちゃんいます。

なので、服を着せなくてはいけない場合のことも考え、なるべく小さい頃より服に慣れてもらうようにしておくことも大切ですね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 匿名

    服を着ることに慣れている方がいいと
    愛犬がパピーの時 聞いたことがあり お出かけのときなどは着せていました。
    洋服=良いイメージを犬は持ったようです。
    数年前の手術の際 エリザベスカラーを
    嫌がり固まってしまった時 患部を舐めないように いじらないように 服を着せて乗り切りました。
    洋服は おしゃれだけではなく 病気の時にも役立ちます。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。