皮膚病でお悩みのわんちゃんにエゴマ油をお試しあれ

【獣医師監修】皮膚病でお悩みのわんちゃんにエゴマ油をお試しあれ

お気に入りに追加

自分の愛犬が皮膚病に掛かってしまったら、かわいそうで見ていられませんよね。皮膚病は皮膚へのダメージが大きく、治り難いのが特徴です。ここでは皮膚病予防に効果的なエゴマ油の活用法をお伝えして参ります。

10686view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

皮膚病の再発防止にはエゴマ油が効果的

我が家の愛犬は、2年前に原因不明の皮膚病(化膿性湿疹)に掛かってしまいました。

元気がない愛犬

原因ははっきりとは分かっていませんが、獣医師によると年齢的なものもあり免疫力が低下した際に、他の何らかの要因が重なって発症したのではないかとの見解でした。

皮膚病発症の少し前にペットサロンでシャンプーしたのですが、その際シャンプーを変えたとサロンのトリマーさんから聞きました。

これは素人の考えですが、免疫力が低下した時にシャンプーが変わったから皮膚病になったのではないかと思っています。

症状は、頭から背中を中心に尻尾まで【赤いブツブツ】が沢山できてしまい、食欲もなくなり元気がなくなってしまいました。
また、直径3cm位でしょうか。背中の毛が7箇所も円形に脱毛してしまいました。

直ぐに動物行院で抗生剤を注射してもらい、飲み薬を処方してもらったのですが、抗生剤と薬が切れると再発してしまうという状態が1年も続きました。

そこで皮膚病の専門医がいらっしゃる動物病院を見付けましたので、そこで再治療する事にしました。
その病院の獣医師に予防法お聞きしたところ、α-リノレン酸が非常に多く含まれる植物油の一つである【エゴマ油】の摂取を提案されました。

エゴマ油の効果は学術的に証明されており、わんちゃん用サプリメントや皮膚病用フードなどに配合されていますので、皮膚病予防と皮膚の再生には効果的だと獣医師から聞きました。

エゴマ油

エゴマ油を提案された際に『皮膚病は長い目でみながらの治療になりますよ』と言われましたので、長い期間を覚悟しながらエゴマ油を毎日フードに入れて摂取させました。
すると皮膚病は徐々に治りはじめ、1年後には薬なしでも皮膚にブツブツができなくなったのです。
それから更に一年経った現在でも再発していません!
今後もこの方法を続けて行けば、たぶん大丈夫ではないかと思っています。

※エゴマ油はエゴマからとれる油で、別名「シソ油」とも呼ばれ、α-リノレン酸に富みオメガ3脂肪酸を多く含む油として今とても注目されています。

α-リノレン酸の優れた力

油には【オメガ3】【オメガ6】【オメガ9】の3種があります。
この3種類をバランス良く摂取するのが理想なのですが、それはなかなか難しいと言われています。
オメガ3は【α-リノレン酸】が含まれ、アトピー・喘息を改善させます。 
オメガ6は【リノール酸】が含まれ、摂取過多によりアトピー・喘息を促進させてしまいます。 
オメガ9は【オレイン酸】が含まれ、アトピー・喘息に中立だとされています。

α-リノレン酸は、アトピー性皮膚炎や喘息などを抑制するホルモンを体内で作りますので非常に優れた力を持った成分と言えるでしょう。
その他αリノレン酸は、魚の油,あまに油,しそ油にも多く含まれていますので、もし入手できるのならこちらもお勧めですよ。
魚の油はわんちゃんのによっては食べない子もいますのでどうでしょうか? 
因みに私の愛犬は魚の油は食べません。

摂取量はどのくらい

スプーン

ではどのくらい摂取させたら良いのでしょうか?
いくら皮膚に良いと言っても摂取過多はいけません。
肥満になり別の病気になる可能性があるため適量を摂取させましょう。
4~9kgの小型犬ですと1日大さじ1杯程度が良いでしょう。
中型犬で1杯半,大型犬で2杯くらいが良いそうです。

α-リノレン酸の効果

研究によりますと、人間を含めた哺乳類にα-リノレン酸は健康に良いとされ、免疫機能や免疫細胞をコントロールし、更には皮膚や被毛の健康も維持すると言われています。

  • 毛艶と毛ぶきが良くなり、皮膚や被毛の健康を維持する効果あり。
  • アトピーやアレルギーの症状の緩和に役立つ。
  • 癌,心臓,血管の病気の予防効果が期待される。

エゴマ油は何処で買えるの?

エゴマ油は大手スーパーや自然食品を扱うお店で手軽に買う事が出来ます。
大手スーパーではサラダオイルが売られているコーナーに数種類陳列されています。

しかしここで気を付けなければならないのが「ブレンドオイル」です。
ブレンドオイル(一般的なサラダオイル)は、綿実,大豆,胡麻,紅花,向日葵(ひまわり),とうもろこし,米など2種類以上の原料がブレンドされていますので、中にはリノール酸が多く含まれる物質があるため、摂取過多になると症状を悪化させる場合があります。
ですので、出来ればブレンドオイルではなく高純度または100%のエゴマ油の購入をお勧めします。

まとめ

元気になった

犬の皮膚病は、アトピー,食物アレルギー,ウイルス感染,ノミダニなど、様々な原因で発症します。
原因を突き止めて完治させるのは非常に難しいと言われています。
それでも皮膚病の専門医に診てもらえれば完治する可能性は非常に高いのです。

運良く私の自宅近隣に皮膚病の専門医がいた事で、まだ完治したのかは分かりませんが、最終的な治療から1年経った現在でも再発は認められていません。

もし皆様の愛犬が皮膚病に掛かってしまったら、可能な限り専門医を探して診察してもらうのが良いと思います。
そして皮膚病予防として、エゴマ油を毎日フードに混ぜて食べさせてあげて下さい。
貴方の愛するわんちゃんのために・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。