イエロードッグプロジェクトについて。黄色いリボンは犬を見守るサイン

7858view

イエロードッグプロジェクトについて。黄色いリボンは犬を見守るサイン

みなさんは「イエロードッグプロジェクト」をご存知でしょうか?私が黄色いリボンをつけたワンコに出会って知った、優しい心づかいのプロジェクトを紹介します。

イエロードッグプロジェクトについて

黄色いリボンをつけた犬はそっとしておいて欲しい

人にもいろいろな性格があるように犬だっていろいろあります。すべての犬が、「人間大好き!犬の大好き!いつでもどこでもかまってかまって~」というわけではありません。

イエロードッグプロジェクトは、「お散歩中に黄色いリボンをつけた犬に出会ったら、近寄らずにそっとしておいてあげましょう。」という趣旨で2012年6月に、スウェーデンの犬の心理学者やトレーナーのグループが始めた運動です。

他の犬や周りの刺激に敏感な反応をしてしまう犬に、黄色いリボンをつけて目印にしていたオーストラリアのドッグクラブにヒントを得ているそうです。そしてこの運動「イエロードッグプロジェクト」の趣旨に賛成したアメリカ、オーストラリア、カナダの有志が基金を立ち上げ、今ではフランス、ドイツ、南アフリカ、スペインなどの国にも広がり続けている様です。

犬にもいろんな事情がある

怪我や病気のリハビリ中だったり、他の犬に対しての反応が強く、落ち着いて歩く練習中かもしれません。とても怖がりだったり人にも警戒が強い犬だったり、いろいろ事情はあるものです。我が家の犬のように保護犬出身だと、過去のトラウマを抱えている子も少なくありません。

お散歩の経験がないまま成犬になって譲渡されるケースでは、最初の散歩自体が怖くて、車や電車の音でパニックになってしまうこともあります。やっと少しずつお散歩を楽しめるようになっても、突然見知らぬ人にさわられたり、他犬がグイグイ近づいてきたらストレスがかかってしまいます。

こちらの反応を気にしないで「うちの子はワンちゃんが好きなの~」とか、ものすごい警戒吠えしているのに、「ほら、○○ちゃんだよ、大丈夫だよ」などといって近づいてこられて困るなんてことは良くあります。犬の反応を無視して挨拶させたがる飼い主さんは意外と多いのです。

家の犬も反応してしまう対象はありますし、人も見ず知らずの人にはさわらせません。人にも犬にも車にも会わないで散歩できたら、のんびりマイペースで楽しく歩けるのにと、いつも思っています。

日本でのイエロードッグプロジェクトの認知度とマナー

イエロードッグプロジェクトに出会う

私は犬と暮らして数年たったある日、お散歩で初めて黄色いリボンの犬に出会いました。うちの犬は他犬の好き嫌い(というより、未去勢年上犬が怖いらしい)が激しく、好きなタイプだと鼻を鳴らしてまで挨拶したがるのですが、数メートル離れたところで飼い主さんが、「近寄りすぎると吠えてしまうのでごめんなさい。」と声をかけてくれました。

うちの犬はその犬を気に入って挨拶したい様でしたが、私もその気持ちがよくわかるので、離れた場所で「うちも同じです」とかるくあいさつしてお互い反対方向へ離れました。

その後、何度か出逢ううち距離を少しおいていれば地面の匂いなど嗅ぎながらのんびりやりすごせるようになり、その方と会うたびに短い会話をして初めて黄色いリボン「イエロードッグプロジェクト」のことを知りました。いつもリボンはついていて気が付いていましたが、可愛いからつけているだけだと思っていたのです。

イエロードッグプロジェクトから学ぶ犬に対するマナー

日本ではトレーニングの内容も、どこか人間本位で犬にとっての自然な行動まで阻止してしまうやり方が認められています。苦手なものは極力やめてあげるのではなく、苦手なものには慣れさせるというやり方です。吠えることも「無駄吠え」という意味のわからない言葉を作ってしまいました。

お散歩中の吠えにも吠えたら嫌なことが起こると認識させるため、缶に小石をいれて持ち歩き吠えたら耳元で音を鳴らすとか、他の犬に突進したりリードを引っ張る犬にはチョークを使うとか、私はいつも自分がやられた時のこといを想像してしまい悲しくなるので自分の犬にはやりませんし、やられている犬を見るのも辛いです。

お散歩はできれば犬にも人にも会わないコースを見つけて、草や土の匂いをゆっくり楽しみたいものです。過去にトラウマがあっても、草や土は静かにゆっくり犬を受け入れてくれます。

だんだんに心がほぐれてストレスのないニコニコワンコになった時、他の犬や人にも異常反応しなくなるものだということを実感しています。だからこの黄色いリボンの犬の意味「イエロードッグプロジェク」が日本でももっと紹介される機会が多くなるといいなと思います。

ホームセンターのペットコーナーでふれあいと称して仔犬をお客さんに触らせたり抱っこさせたりしているのを時々見かけますが、ちょっと考えれば犬に対して人間はたいそう失礼で身勝手だとわかります。

ただでさえ、はやくから親と離されて不安なのに毎日知らない人に見つめられたり、触られたりしてどこかの家の子になったとたん、ゲージで長時間一人ぼっちにされたり、勝手な時にいじくりまわされたり、その結果吠えたりお散歩でリードを引っ張ったりしたら問題行動といわれてしまうことだってあります。

本当はイエロードッグプロジェクトでなくても知らない犬にむやみに近寄ってしつこく撫でまわしたり、相手の犬が嫌がっているのに自分の犬を近づけたりするのはマナー違反だと思います。

イエロードッグプロジェクトに関するまとめ

散歩中の犬と飼い主

日本では犬を飼いたいと思ったら、ペットショップに行けばいつでも可愛い仔犬が待っています。大型スーパーの一角にまで生体販売があるほどですから、そこへ行ってセットでゲージやらおしっこシートやらがそろいます。

新聞の折込チラシで、フードを年間契約したら仔犬の価格を割り引くというのまでありました。そんなことでは、どの自治体にも保護犬があふれているという事実を何かで耳にしたことがあっても、簡単に幼い犬を買える店に行く方が簡単ですよね。

年間17万という殺処分を知っても、実際には保護犬を迎えるほうが手間も手続きも大変そうで、しり込みしてしまう人が多いような気がします。生体販売自体がなくなる日は遠くても、日本人の犬を飼いたい家族が保護犬の譲渡の情報をもっと知る機会をつくり、同時にイエロードッグプロジェクトの主旨を自治体や獣医保護団体、愛護センターなどが協力してパンフレットなどを配布するなどしたら良いのではないかと思います。

保護犬と暮らしている私も知らなかったし、いま、わが家の犬にリボンをつけても多分気づいてもらえないでしょう。この記事を読んでくださった方が気にかけて下さったら嬉しいです。

▼フェイスブックでもこのプロジェクトはご覧になれます。
https://www.facebook.com/TheYellowDogProject/?fref=ts

すこしでも幸せな犬と優しい人間がふえますように。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 40代 女性 leon

    facebookでこのイエロードッグプロジェクトの記事が数年前に拡散されていて知りました。それ以降は、愛犬のお散歩中にリードに黄色いリボンがついている犬を見かけると、飼い主さんに軽く会釈だけして道をそれるようにしています。
    うちの犬は比較的、犬も人も大丈夫なタイプですが、それでも散歩中に急に駆け寄られて来たり、子供などは急に手を差し出したりなでたりしてくるので犬も私も驚くことが多々あります。とっさのことに驚いて噛み付いてでもしてしまったら大変なので、出来るだけ注意してそそくさと立ち去るようにしていますが、犬や人が苦手な犬に黄色いリボンを目印に近寄らない配慮が出来るようになると事故もなく安心できますね。
    犬を飼っている方でご存知の方はそこそこいらっしゃるかと思いますが、犬を飼っていない方にも広く知れ渡るようになるといいですね。
  • 女性 facecook

    私もイエロードッグに関してはよく知りませんでしたが、犬友達がイエロードッグを実際に見たと言っていました。この話を聞いた後、興味がわきました。うちの犬はシーズーでとても人懐っこいです。どんな人でもお尻をフリフリさせて近寄っていきます。そんなフレンドリーな犬なので、ついつい外で会う犬にもうちの犬と同じように接してしまいそうになることがありますが、確かにどの犬もフレンドリーなわけではないですよね。ただ単純に人見知りなワンちゃんもいたり、もしかしたら心に傷を受けていて、そっとして欲しいというワンちゃんもいることでしょう。なので、このように黄色いリボンを付けていてもらえると、とても助かります!とても良いプロジェクトですね。
  • 30代 女性 ハッピー

    イエロードッグプロジェクト、あまり知られていませんよね。私は以前黄色いバンダナを付けた飼い主さんを見かけた事をきっかけで調べてみて知っていましが、やはりまだ知らない方が多いと思います。
    私たちと同じように犬の中にも「人見知りの子が居て当然」。そんなあたり前の事に気が付かせてくれたとても良い活動だと思います。この活動がもっと広がる事を祈っています。
  • 女性 コロ

    イエロードッグプロジェクト、こういう記事からどんどん世の中に発信されて浸透していけばいいですね!
    リードに黄色いリボンだと見逃してしまうこともありそうなので、写真のようにわんちゃん自身に黄色いバンダナを巻いたり、大きな目印になればわかりやすくていいかなと思います。
  • 女性 ゴン吉

    治療中の場合はあまり外に出かけることはないと思いますが、例えば自己免疫疾患の治療中の時は抵抗力が低下しているので、なるべく他のわんちゃんには近づいてほしくないというのが本音だと思います。理由があって近づいてほしくないという時は、この黄色いリボンで角が立つことのない意思表示になると思います。
    リードだけではなく、カートにも意思表示として付けてもいいと思います。
  • 40代 女性 美咲

    イエロードッグプロジェクトですか!これは全く知りませんでした!
    でもとっても興味深いものですね。
    実はうちの愛犬もどちらかというとシャイで、子供が「わー!犬だー!」なんて寄ってくるとビビってしまうタイプです。よく小さいお子さんを連れたママさんなども「ほら、わんわんだよー、触ってごらん」なんて近づいてきますが、ちょっと待ってー!!と思うことがしばしば…。
    犬との接し方や触れ合い方、距離の取り方などはなかなか一般的には知られていないので、こういった活動が認知されるとともに子供に対する(できればその親も)動物に対するコミュニケーションの取り方が周知されていけばいいなと願っています。子供も過度に怖がることなく、犬もストレスなく触れ合える社会になるといいですね。
  • 40代 女性 匿名

    「イエロードッグプロジェクト」という言葉は以前どこかで聞いたことがあったのですが、意味は初めて知りました。確かに、動物は人間と違い<感情>を本能のまま出すので、飼い主であってもコントロール出来なくなる場合があるかと思います。黄色いリボンをつけるという行為で、周りに《そっとしてあげてください》というメッセージが伝えられるのなら、とても効果的な事だと思いました。犬見知りの子は思っている以上にいるのだと思います。我が家の愛犬もまさにそうです。散歩中に向こうから親しげに近づいてくると、なかには相性が良くない犬種に吠えてしまったり、「スミマセン」と謝ることもしばしばあります。
    もっと日本でもイエローリボンが広く認知されると有り難いと思いました。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。