犬の心に傷をつける飼い主の絶対NG行為5つ

犬の心に傷をつける飼い主の絶対NG行為5つ

犬は繊細な動物です。大好きな飼い主からの行動に一喜一憂します。そのため、飼い主のちょっとした行動で心に傷を負うことも。今回は犬の心に傷を付ける飼い主の絶対NG行為をご紹介します。

お気に入り登録

犬の心に傷をつける飼い主の絶対NG行為

床に伏せて悲しげにこちらを見つめるパグ

飼い主のことが大好きな犬ですが、大好きだからこそされると心に負う傷は大きいです。そんな犬の心に傷を付ける、飼い主の絶対NG行為をここではご紹介します。皆さんも何げなく行ってしまっていませんか?

1.感情的に怒鳴りつける

怯えた表情のトイプードル

しつけをする際、あるいは愛犬が悪いことをしてしまった際、つい感情的になり、「何してるの!」と大きな声で怒鳴りつけてしまうことはありませんか?この行為にも犬は怯え、心に傷をつけています。

犬は人間の言葉がわかりません。そのため、感情的に怒鳴られても「なぜ怒鳴られているか」を理解することができないため、単に「怖い」と怯えてしまいます。

その相手が飼い主である場合、怖いという感情と同時に、「嫌われてしまったかも」と大きな不安を抱え、心に傷を付けることになります。また、信頼関係にも日々が入る恐れがあるので、感情的に怒鳴るのはやめましょう。

2.暴力を振るう

感情的に怒鳴る行為はNGであるという話がありましたが、それ以上にしてはいけない行為が暴力です。一昔前までは「しつけ」と称して、叩いたり、蹴ったりする飼い主もいましたが、これは犬にトラウマを残してしまう行為です。

暴力受けた側は、犬や人間に関係なく、体の痛みを感じるだけでなく、心にも「恐怖」という傷を負うことが多いです。そのため、飼い主の言うことを聞くようになる犬もいますが、それは信頼ではなく、支配です。

犬に恐怖を植え付け、飼い主との信頼関係にもヒビが入る結果となりますので、暴力は絶対にやめましょう。

3.1~2泊家で留守番させてしまう

立ち上がって窓の外を見つめる犬

犬を飼っていても「旅行に行きたい」「出張に行かなければいけない」という状況は訪れます。しかし、だからといって自分の家に愛犬を1匹でお留守番させることはNGです。

犬にとって、8時間お留守番させられるだけでも大きなストレスとなります。これは、犬の時間感覚と人間の時間感覚が異なるためです。
1日以上、飼い主が帰宅せず、尚且つ1匹で放置されてしまうと、「捨てられたかも」という考えがよぎり、トラウマという心の傷を負うことになります。

もしも1日以上家を空けなければならない場合は、親や友達、あるいは信用できるペットホテルに預ける、ペットシッターを利用するようにしてください。

4.追い払うような行動をする

忙しいとき、愛犬が「構って」と言わんばかりに近寄ってくると「ちょっと向こういってて」と言ってしまうこともありますよね。しかし、そのときに高圧的な態度で追い払うような仕草を見せてはいけません。

犬は人間の表情や声のトーン、仕草から人間の感情を正確に読み取る能力に長けています。そのため、このような行為をすると、犬も「自分を邪魔だと思っている」ということをニュアンスで感じ取ってしまうのです。

すると、繊細な犬は傷つき、悲しい気持ちになってしまいます。「飼い主に嫌われた」と思う犬もいるかもしれません。このように心に傷を付ける可能背があるため、追い払うような行動はなるべく慎みましょう。

5.子犬や子供ばかりを優先する

犬を撫でようとする赤ちゃんを見守る夫婦

家族に子犬が新たにやって来た場合や、赤ちゃんが生まれた場合、どうしても家族は赤ちゃんばかりを優先してしまいます。すると、今まで良い子だった犬が問題行動を頻発することも珍しくありません。

これは、自分以外が優先的に構われていることで、自分が放置されているのではという孤独を感じているからです。問題行動を起こすことで、構ってもらおうとしているのです。

しかし、その感情の裏には「自分はもう必要ないと思われているのでは」という漠然とした不安や心の傷が生まれています。このように悲しい気持ちを生み出さないためにも、新しい家族やって来た際は、しっかり愛犬とのスキンシップタイムを設けましょう。

まとめ

床に横になってこちらを見つめる犬

いかがでしたでしょうか。私たち飼い主が何げなく行っている行為でも、犬はその行為で傷ついている可能性があります。犬も感情がある動物であることを理解し、自分がされて嫌なことをしないという最低限のことを守るようにしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。