犬が花火の音を怖がる理由と対策について

犬が花火の音を怖がる理由と対策について

お気に入りに追加

我が家の愛犬は花火の音が大嫌いですが、同じように花火の音が嫌いなワンちゃんは多いのではないでしょうか。そんな花火の音を怖がるワンちゃんのための克服法はどの様なものなのか見て行きます。

21931view

犬が花火の音を嫌う理由

人間は花火がどの様な物か理解していますので、大きい音で花火が鳴っても驚きませんよね?
でも犬は花火がどういうものかを知りません。
犬が花火の大きな音に驚いて、訳がわからずパニック状態になる犬が結構多くいます。

ここでは犬が花火の音を怖がる理由と対策についてお話して行きます。

花火

どうして犬は花火の音を怖がるの?

動物は全般に大きな音に弱いと言われていますが、犬の先祖である狼は群れで行動するため、特に防御本能が高いようです。
群れで静かに寛いでる所に突然大きな音がすると、群れ全体がパニック状態に陥ってしまいます。
そうなるともう収拾がつきません。
つまり、花火のような大きな音を怖がるのは犬の本能なのです。

犬が花火を怖がるもう一つ理由として考えられのは、ズバ抜けた聴力にあります。
人間よりも400倍遠くの音が聞こえ、低音には鈍感ですが高音に関しては人間の4~5倍の高さの音域が聞こえるのだそうです。

犬にとって花火の音というのは、耳元で数多くの大砲を撃たれる様なものでしょう。
1000発の花火が鳴ったら1000発同時に大砲の発砲音を聞く事になります。

基本的に小心者の犬にとっては恐怖のどん底に突き落とされてしまいます。
これでは身体の震えが止まらなくなるのも無理はありません。
場合によっては、首輪を外すかリードを噛み切って脱走すると言う事態にも成りかねません。
十分注意したいものですね。

犬にとって怖い物音は花火の音だけではない

犬にとって怖い物は花火だけではありません。
例えば掃除機の音,雷,飛行機,ヘリコプター,サイレンなどです。
サイレンの音に反応して遠吠えする犬もいますが、実はサイレンの音は犬の遠吠えの周波数によく似ていると言われており、もしかすると仲間の声だと思っているのかもしれませんね。

犬がみせる花火恐怖症の行動

犬が花火の音に驚いた時に見せる行動をいくつかまとめてみました。
花火の音を聞いて、これらに当てはまる行動を愛犬が見せた時は、もしかすると花火恐怖症かもしれませんよ。

  • その場から脱走しようとする』
  • 身体全体で震え出す
  • 呼吸が荒くなる
  • 嘔吐する
  • 失禁してしまう
  • 急に落ち着かなくなる
などです。

怖がる犬

犬の花火恐怖症の解消方法

では犬が花火の音に怖がらなくなる様にするには、どうしたら良いのでしょうか?

ここでは幾つか対策をあげて説明して行きます。

犬に花火の音を録音して毎日聞かせる

花火の音を録音して、最初は小さい音から聞かせ徐々に大きな音にして毎日聞かせ慣れさせましょう。
花火のDVDを購入して聞かせるのも良いでしょう。
この方法は訓練として行うのですが、少し根気のいる方法です。
幼犬の頃からこの方法で訓練すれば克服できるでしょう。
ただし、その音で犬に恐怖感を与えてしまわないように注意が必要です。

犬に花火が鳴ったら良い事があると理解させる

この方法は食べる事に執着心がある犬に効果がある方法です。
花火の音が聞こえたら抱きしめて上げ、落ち着いたら好物のオヤツを与える。
そうする事により、大きな音が聞こえたら「オヤツが貰えるんだ!」と理解させます。
犬は学習できる動物ですので効果があると思われます。

放っておく

大きな音を聞いて犬がパニクっても、飼い主は慌てず騒がず犬を自分の側に寄せ落着くまで放っておく。
これは犬に「何があっても怖くないんだ」と解らせるためです。

「ご主人様は強くて頼りになる」
「何時でも自分を守ってくれる」

と理解させる事が肝心です。

抱きしめる

大型犬の場合、花火が鳴って犬の行動に異常が生じたら、その場で落ち着くまで抱きしめてあげて下さい。
小型犬なら抱っこしてあげると良いでしょう。
そして、どの様な言葉でも良いですから優しく声を掛け撫でてあげて下さい。
例えば『よしよし』『良い子だね』『怖くないよ』『大丈夫』『可愛いよ』など、短いフレーズで声を掛けると気持ちが通じ易くなります。

狼狽えない

犬が花火でパニック状態になっても、飼い主は決して狼狽えず毅然とした態度をとり愛犬を宥めてあげましょう。
飼い主が狼狽えてしまうと、犬は更なるパニック状態に陥ってしまいますので落ち着いて行動しましょう。
 

犬を花火の音が大きく聞こえる場所に連れて行かない

犬を花火の音が大音量で聞こえる場所には連れて行かないか、その場所に行かない事です。
犬の身になって考えてあげましょうね。

バッチフラワーレメディエッセンスを飲ませる

バッチフラワーレメディエッセンスとは、花を原料に用いて製造されたエッセンスの事で、このエッセンスを飲むとストレスや恐怖心が緩和されると言われています。
因みに【ヨーロッパブナ】【みぞほうずき】【クマツヅラ】【はんにち花】などのエッセンスを飲ませると効果が期待できるそうです。
一応念のため獣医師の意見を聞いてからご使用ください。

バッチフラワーレメディエッセンス

異音や大きな音を緩和させる服を着用させる

これは番外編なのですが、異音や大きな音を緩和させる服を購入して着用させる。
その服は【ボディーラップシャツ】と言い、マジックテープが独自に配置されており、適当な締め付け感が抱きしめられる感覚に似ていると言われています。
サンダーシャツとかアングライアティラップ、などと言う商品名で販売されている様です。
試しに購入してみるのも良いかも知れませんね。

まとめ

愛犬の写真

犬は花火のような大きな音を怖がるのは本能ですから、訓練して改善されたとしても突然元に戻ってしまう場合もあります。
そうなったら愛情を持って気を落ち着かせてあげて下さい。
必要に応じて訓練を再開させるのも良いでしょう。

日頃からスキンシップを取り、愛犬と強い信頼感を築く事が最も重要なのではないでしょうか。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 mika

    夏の風物詩である花火も、人よりもずっと聴覚の発達している犬からしたら、恐怖の対象物以外他ならないと言われれば確かに納得出来ます。知らずに花火大会に連れて行って不幸な事故が起きない事を今年も願うばかりです。
  • 投稿者

    20代 女性 さえさえ

    私の実家で飼っている愛犬も、毎年、花火の音が近所からすると震えて吠え出します。抱っこをして見守っていましたが、愛犬の性格が臆病なんだろうと思っていたので、本能で怖がる事を今回の記事を読み初めて知りました。
    実家の愛犬は毎朝、新聞配達のバイクの音にも吠えていますが、それも花火の音と同じように本能で怖がって反応していたんですね。怖がる理由が納得できました。
  • 投稿者

    20代 女性 かねごん

    我が家のわんちゃんも3匹共花火などの音が苦手です。わんちゃんは、基本的に大きな音が苦手で敏感です。なのでとても大きな音を発する花火には毎年我が家のわんちゃんはパニックです(笑)わんちゃんはかなり優れた聴覚を持っていて、人間の何百倍というほどなので花火などにあれほど反応するのは致し方ないのかなって思いました。
    我が家のわんちゃんは私たち家族がそれぞれ抱っこをしてあげるとおさまるので花火の時期はそれで乗り越えます(笑)
  • 投稿者

    40代 女性 MAKI

    花火の音や雷など、普段耳にしない大きな音は、犬にとっても本当に怖く感じるのでしょうね。我が家も同じく大きな音が苦手です。今は老犬になって耳が遠くなり、いいのか悪いのか反応しなくなりましたが・・・、

    良く聴こえていた時期はブルブル震えたり、息がハアハアと上がっていました。そんな時はこちらが普通に何食わぬ顔で一緒におもちゃで遊んだり、いつもと変わらずにそばで接してあげると犬も落ち着いてきました。

    記事あったようにおやつをあげて楽しませたり、その子にあった対処法を見つけてあげるといいですね。
  • 投稿者

    40代 女性 まぴこ

    花火の音にパニックになってしまうわんちゃんは、結構多いですよね。
    我が家の愛犬(7歳)も、花火の音が苦手でした。

    まだ1歳になる前に川沿いをお散歩していた時、突然すぐ近くで花火が上がってしまったのです。人間もびっくりするくらいの迫力でしたから、愛犬はブルブル震えてパニックになってしまいました。少し離れたところですぐに抱っこして、話しかけたりして落ち着かせてみましたが、かなり怖かったらしく震えが止まりませんでした。

    私たちは、わんちゃんをお迎えしたら一緒に色々な場所にお出かけしたい!と思っていたのですが、一緒に見たかったお祭りの花火もこの様子では難しそうでした。

    うちの子は少し怖がりなところがあったので、我が家にやって来てから少しずつ色々な物や人や音に慣らしてきました。怖いものや苦手なものはひとつでも少ない方が生きやすいし、嬉しいことがいっぱいあった方がきっと楽しいだろうなと思い、なるべく苦手なことを自分で克服できるように育ててきました。

    愛犬と過ごす初めての夏。怖くないかなり遠い場所から花火を一緒に見てみることにしました。遠くても犬にとっては音もそれなりにしたので、最初のうちは膝の間に挟まって、小さく震えていました。それでも、美味しいおやつを手作りしてお弁当箱に詰めて、楽しい雰囲気で一緒に食べながら過ごしたので、徐々に身体の緊張が緩んでいくのが分かりました。

    花火の「ドーン!!」という音が聞こえたらおやつ。を何度も繰り返していたら、徐々にですが花火の音が聞こえるとアイコンタクトするようになってきました。「少しだけ怖いけれどなんだか平気みたい、花火の音が聞こえると美味しいものがもらえる!」というのをゆっくり時間をかけて分かってもらいました。

    その年は決して無理をしないように、怖がらない状態を確認しながら少しずつ少しずつ花火との距離を縮めていきました。そうして1歳になった翌年には、すごく近くで花火が上がってもおめめをキラキラさせておやつを食べられるようになっていました。

    最初はおやつも目に入らないくらいパニックでとても心配でしたが、無理をしないように楽しく慣らしていったこともあり、自分自身で乗り越えることが出来ました。

    自宅にいても近所で上がる花火の音が聞こえるのですが、今はしっぽをフリフリしながら嬉しそうにこちらを見てくれるようになりました。楽しいことがいっぱいあると幸せだなぁ~と、ニコニコの表情を見ながら感じています。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    我が家のダックス二頭は、花火や雷には無反応ですが、インターホーンの音にはテレビでも一斉に吠えます。
    なのでインターホーンの音は、小さくしてます。
    テレビでエレベーターがとまった時になる音にも、同じ反応をします。
    雷や花火の方が断然、大きな音なのに何が違うのでしょうかね?
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    雷、パトカー等のサイレン、野外のコンサート、家のインターフォン、夏の盆踊り大丈夫だから初めて先週の土曜日に花火大会へ出掛けました。花火大会の最初の10分位は、花火を見上げて犬も一緒に見上げてました。隣の人間の赤ちゃんが泣き始めたら、犬も一緒に泣き出して帰ります。帰り道にすれ違いの犬にも興奮状態で吠えていました。手作りの浴衣を着せてルンルン気分で出掛けましたが、来年からは犬を連れて行きませーん。
  • 投稿者

    女性 はにーちゅろす

    我が家の愛犬も花火の音は苦手なようで震えたり、落ち着きがなくなってしまいます。
    花火の音だけでなく、雷や大雨の音や風が強い日なんかでもブルブル震えてそわそわし音が止むまで震え続けてしまうときも。
    雷などは自然現象ですが、花火の音に関しては人でも苦手な人はいますよね。
    花火が上がる近くに住んでいる方はわかると思いますが振動もありますよね。

    花火大会の日は、犬の脱走などが増えてしまう傾向があるため、お散歩のときは花火が上がる時間は避けるのが一番だと思っています。外飼いのわんちゃんならば、首輪を噛みちぎったり、ドアに突進して脱走してしまうこともあるそうですので、その日だけは玄関に入れるなど、対策してあげてほしいです。
    怖がってしまうならば、花火大会には愛犬は連れて行かないのも愛情です。

    愛犬たちに、花火や雷の音などを鳴れさそうとまずは音を聴かせてトレーニングをしましたがあまり効果はなく、花火大会や雷の日には音だけでなく気圧や空気感など愛犬にしか分からない何かがあるんでしょうね。
    なので、雷や花火に怖がり震えて落ち着きがなくなったときは、抱きしめてそっと撫でています。時々声をかけたりはしますが、あまり過剰に大丈夫大丈夫とはせず、寄り添う程度に。
    これは、私が不在の時の事を考えて必要以上に大丈夫大丈夫とはしないようにしています。
    愛犬たちは、怖くて震えている間はオヤツにも興味を示さないですが、オヤツを食べれるわんちゃんならば音に気をそらしやすいので良い事があると思わせるのは効果があるかもしれませんね。

    愛犬たちは怖いときは私に寄り添ってぶるぶる震えるので雷がひどい日なんかは寝ずに一夜を明かしたこともあります。

    仔犬の頃に色んな音を聴かせて慣れさせるのも効果はあるかもしれませんが、元々の性格もあると思うので、怖がってしまうのは仕方ないと思います。

    我が家はテレビをつけ、そっと撫でて抱きしめてあげて落ち着くのを待っています。中には次の日の食欲も落ちてしまうわんちゃんもいるそうですので、体調には注意してあげたいですね。
    バッチフラワーレメディエッセンスは、初耳ですが落ち着かせる効果があるんですね。
    あまりにも興奮してしまったり、怖がってしまうわんちゃんには、こういった物を使ってみるのも良いかもしれませんね。
  • 投稿者

    40代 女性 くろ

    トレーナーさんから教えていただいたのですが、ダックスフンドなどの垂れ耳の犬種は花火などの大きな音は耳の中でエコーする感じになるそうでさらに大きく、恐ろしく聞こえるものだそうです。
    我が家のドーベルマンは断耳していないので耳が垂れています。1歳になるまでは花火だけでなく、ヘリコプターなどの大きな音には敏感に反応していました。恐怖からなのか吠えたりもしていましたが、こちらが狼狽えず何でもないような態度でいると自然と落ち着いて吠えることもなくなりました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。