犬に玄米は食べても大丈夫?与え方やデトックス効果について

【獣医師監修】犬に玄米は食べても大丈夫?与え方やデトックス効果について

手作りごはんにかかせない穀類、その代表がお米です。玄米は消化が悪いとおもわれがちですが、柔らかく炊くことで犬も上手に消化できますよ。玄米のメリットと与える際の注意点をまとめてみました。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬は玄米を食べても大丈夫?

玄米の稲穂

結論からいうと、犬は玄米をたべても大丈夫です。

それどころか手作りごはんに使うなら、白米よりも体の中で糖質にかわりにくく、太りにくい食材というだけでなく栄養バランスもすぐれているのでむしろお勧めしたい食材です。

玄米のすぐれた栄養についてはあとで述べることとして、一番気がかりなのは消化しにくいということでしょう。
これは人の場合でも、胃腸の弱い人に玄米は向かないという意見もあるようで、特に犬の場合はほとんど丸のみだし、どうなんだと思われる方もいると思います。

しかし、繊維質などはもともと消化されなくてよいもので、繊維素であるセルロースやフィチンというものは、おなかの調子を整える良い菌の発育を助けて、有毒菌の発育を阻止するというすばらしい働き手です。

そして腸を刺激して排泄物を促すので、玄米食にすると確かに犬も人もウンチの量が増えます。

我が家ではたまたま、人間が玄米食だったため、犬のご飯も玄米が基本ですが、ウンチをみるかぎり消化されているようです。

犬に与える場合は、浸水時間を十分にとり、軟らかめに炊いたものを基本に、その他のたんぱく質、野菜などといっしょにもう一度煮込んでおかゆ状態にすれば心配ありません。
ただ、犬だけのために玄米を用意するのは手間がかかりすぎるのでおすすめはできませんが。

我が家は健康のためというより、玄米のほうが好きという理由で、ほとんど玄米か、さらにあわやキビはとむぎなどの雑穀をくわえたりしてバリエーションを楽しんでいます。

炊きあがったご飯を一回分ずつ、ラップでつつみ、冷凍庫にストックしておけば、便利に使うことができるのでおすすめです。

では次に、おすすめの炊き方や、玄米の効能や注意点について見ていきましょう

犬に玄米を与えるメリット・デメリット

玄米ごはん

犬に玄米を与えるメリットについて

お米は穀類の代表選手!まずは玄米と白米の栄養素を比べてみましょう。

学技術庁資源調査会《五訂日本食品標準成分表》を見てみると、玄米を白米に精米することでほとんどの栄養素が剥がれ落ちてしまいます。

なかでも、食物繊維、ビタミンB6,B1、ナイアシン、マグネシウムなどはほとんど失われてしまうことがわかります。
また、植物の種子という見方をすれば、白米は発芽しませんが、玄米は発芽します。

発芽して成長するための養分を蓄えていると思えば、その栄養素の差にも納得できますね。
そして、糠や胚芽、外皮に含まれるイノシトールというビタミンB複合体の仲間は、体内で脂肪やコレステロールをエネルギーとして使うようにコントロールする働き、つまり脂質の代謝を高め、肥満を防ぐといわれています。

同様に、胚芽や表皮に含まれるフィチン酸は抗がん効果、心臓、血管疾患の予防効果などで注目をあつめている一方で、フィチン酸は金属イオンを結合する作用があるため、体内のミネラルを結合して排出してしまうから、ミネラル欠乏症になるのでは?という説もあるようです。

しかし、近年玄米に含まれるフィチンは、ミネラル欠乏症には影響のないことがわかってきたそうです。
それよりも、放射性物質や様々な有害物質を貯めない体質をつくるために玄米食は有効だと言えそうです

犬に玄米を与えるデメリット

犬にも食物アレルギーを持っている子がいますが、もし愛犬が穀物アレルギーを持っている場合は、アレルギー物質が多く含まれる胚芽の部分や表皮をまるごと食べるので。玄米食はデメリットになります。
また、消化しにくいという点から、胃腸の弱い犬や高齢犬には少し工夫が必要です。

次に消化しやすく玄米を取り入れる方法をご紹介しましょう

犬に玄米を与える方法

稲穂と玄米

玄米の与え方~我が家の場合~

まず、玄米はさっと洗ってから一晩から、12時間くらい浸水します。
ざるにあけてよく水をきってから、少量づつフライパンで乾煎りしてから炊くとかなり柔らかく美味しく炊きあがります。
これを犬用にはさらにほかの材料と煮込んでおじや状態にすればきれいに消化されたよいウンチが出でくれます。

我が家では活力なべを使うようになってから乾煎りしないで炊いてしまうことが多いですが、炊飯器で炊いていた時はこのひと手間で違いました。
また、炊く寸前に小豆や、はとむぎなどを少量入れてもおいしいし、サポニンなども追加されます。
玄米と一緒に炊くと、小豆も写真のようにゆびでつぶれる位柔らくなるので、小豆をつぶしてほかの具材と煮込んで与えます。

炊く前の玄米、小豆、あわ、はと麦

炊きあがり

我が家の犬は6才の中型ミックス2頭ですが、現在完全手作りごはんで5年目くらいになります。
よく食べ、よく遊び、よく寝て、快便です。
でも、もし胃腸の弱い犬や、玄米をあげるのが初めてという場合は、よく煮て粗熱をとったらミキサーやブレンダーで少しつぶすと安心です。
その子の消化能力に合わせて少しつぶしたり、とろとろのスープ仕立てにもできます。

ブレンダーでつぶしたもの

また、最近は玄米粉や、玄米を焙煎してポン菓子にしたものも販売されているので、とりいれやすい方法でためしてみるのもよいでしょう。

まとめ

玄米

玄米はなんといっても大昔から食されてきた安心安全な栄養食ですが、少し手間がかかるのと、ぼそぼそした美味しくない健康食のイメージがあるかもしれませんが、しっかり浸水すれば今は、土鍋も炊飯器も機能がよいので、甘く美味しいご飯が炊けますよ、

我が家では犬も人間も玄米大好きです。
最近では市販のフードやおやつにも玄米が使用されているものをよく見かけます。
化学物質や、添加物などまったくとらないでいられない現代なので、デトックスのためにも玄米を取り入れて見るのもよいのではないでしょうか。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    我が家では玄米の3分づき米を食べています。玄米よりも柔らかく食べやすく栄養分も玄米ほどではありませんが大半残っているようです。うちのワンコも生後3か月で家に来てから10歳の今までずっとこの3分づきご飯と野菜とお肉のドッグおじやです。たまたま我が家の炊飯器にある玄米メニューか、こく旨メニューで炊いています。研いですぐ炊いてもふんわり柔らかく炊けます。(決して高値な炊飯器ではありません)当然ドッグおじやもこの3分突き米をつかっています。お肉と野菜と一緒に煮るとお粥のようになります。10歳になりましたがとっても元気。まだまだ全速力で走ります。(若い頃に比べれば多少持久力劣ってはいますが)体重も成犬になってからほとんど変化なく、毎年の血液検査も今のところ異常ありません。歳のわりに歯もきれい。と獣医さんに言われます。おじやは3日分ほど作ってステンレス鍋ごと冷蔵で保存して、食べる時常温にチンします。因みに今回の食材。鶏ひき肉、人参、南瓜、キャベツ、さつまいも、3分づきご飯、煮干し乾燥シイタケ黒ゴマ 乾燥ひじき(合わせてミルしたもの)高野豆腐のすりおろし、切干大根(細かく切ってふやかしたもの)ごま油 これらを柔らかく煮たおじやです。これに生馬肉と納豆、大根おろしかキャベツのみじん切りをトッピングします。おじやは一食ずつ冷凍保存もできるのでまとめ作りもできますよ。人間のご飯や野菜が余っても冷凍保存しておけばドックおじやに使えるので無駄がありません。


  • 投稿者

    30代 女性 komanu

    栄養面に関しては良いことづくしの玄米食ですね!
    犬は肉食なので、栄養のバランスを考え、年齢や活動量によって変わりますが割合的には「動物性たんぱく質3~5:野菜3~5:炭水化物1~3」が理想です。

    わが家は一時期玄米を食べていましたが、やはり白米の方がおいしいと家族が言うので今では食べていません。私は好きなんですが、記事にもありましたように、犬用のご飯で玄米を購入するのは気が引けるので、たまに作る愛犬への手作りご飯は白米を使っています。
    昔は「炊くのに手間がかかる」と母親も言っていたので、私はずっと「玄米は手間なんだ」と思っていました。ですが、最近では炊飯器の機能で失敗無く美味しくできるようになっているんですね。
    この記事をきっかけに、わが家でも、もう一度玄米食にチャレンジしてみようかと思います。

    また、それに、玄米の良さを他の犬を飼っている人にも教えてあげたいですし、わが家でも愛犬が喜ぶ手作りご飯を作りたいと思いました。
  • 投稿者

    40代 女性 まかぶらたると

    玄米がわんこのご飯に加えてもOKというのは、新しい情報でした。
    もともとわが家の犬ごはんの考え方は、ドライフード100%をあげるというものでした。災害時や留守番、ペットホテルなどに預ける機会がある時、ドライフードを食べられない場合、あるいは食いつきが非常に悪い場合など、とても可哀想だと考えたからです。わが家の3匹のわんこのうち、1匹のチワワが、もともと食が細く、食べ残したりそもそも食べなかったりすることがあったので、特にその考えが強くなりました。
    しかし数カ月前に新しく3匹目のチワワを迎えた時、その子がとてもよく食べる子だったことが影響したのか、先住チワワも何でもよく食べるようになりました。
    フードの食べ残しをすることはゼロになっただけでなく、フルーツや野菜なども、喜んで食べるようになりました。特に芋やブロッコリーきゅうりなどは大好き、茹でた人参や大根などもよく食べます。
    それを機に、私も手作りフードをちょくちょく作るようになりました。今年の正月は、わんこ用のおせちも手作りしてみました!
    何を食べさせてOKなのか、今はそれをその都度調べて学びながら、手作りフードに挑戦しています。ドライのドッグフードが基本であることは変えないと思いますが、特別なときに補足的にこれからも作ってあげたいと考えています。
    今回この記事を読んで、玄米が正しい与え方をすればとても良い食材とのこと。人間にとっても良い食材ですし、これからさっそくバリエーションの1つとして、食事メニューに加えていきたいと思います。
    まかぶらたるとの投稿画像
  • 投稿者

    40代 女性 まかぶらたると

    玄米がわんこのご飯に加えてもOKというのは、新しい情報でした。
    もともとわが家の犬ごはんの考え方は、ドライフード100%をあげるというものでした。災害時や留守番、ペットホテルなどに預ける機会がある時、ドライフードを食べられない場合、あるいは食いつきが非常に悪い場合など、とても可哀想だと考えたからです。わが家の3匹のわんこのうち、1匹のチワワが、もともと食が細く、食べ残したりそもそも食べなかったりすることがあったので、特にその考えが強くなりました。
    しかし数カ月前に新しく3匹目のチワワを迎えた時、その子がとてもよく食べる子だったことが影響したのか、先住チワワも何でもよく食べるようになりました。
    フードの食べ残しをすることはゼロになっただけでなく、フルーツや野菜なども、喜んで食べるようになりました。特に芋やブロッコリーきゅうりなどは大好き、茹でた人参や大根などもよく食べます。
    それを機に、私も手作りフードをちょくちょく作るようになりました。今年の正月は、わんこ用のおせちも手作りしてみました!
    何を食べさせてOKなのか、今はそれをその都度調べて学びながら、手作りフードに挑戦しています。ドライのドッグフードが基本であることは変えないと思いますが、特別なときに補足的にこれからも作ってあげたいと考えています。
    今回この記事を読んで、玄米が正しい与え方をすればとても良い食材とのこと。人間にとっても良い食材ですし、これからさっそくバリエーションの1つとして、食事メニューに加えていきたいと思います。
    まかぶらたるとの投稿画像
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。