犬がきのこを食べても大丈夫!でも生で与えてはいけません

10715view

犬がきのこを食べても大丈夫!でも生で与えてはいけません

きのこには、しいたけやしめじ、えのきやエリンギなどたくさんの種類がありますよね。飼い主がきのこを食べている時、おねだりをしたら犬に与えても良い食材なのでしょうか?きのこの栄養や犬の体への影響などを知っておきましょう。

犬にきのこ類を与えても良い

きのこ

きのこ類は基本的に与えても大丈夫です。
(ただし、野生に生えているきのこは食べさせないようにしましょう!)

きのこ類にはどんな栄養があるのか、また与えるときの注意点、どのくらいの量を与えたらよいのかなど知識を深めましょう。

きのこの栄養

きのこの多くには、免疫力の強化作用や、がん予防、アレルギー、血糖値やコレステロール値の低下などに効果があるものがあります。
また、βグルカンという、がんを抑える物質を含んでいるものも多いので、がんと診断されている犬の食餌には、ぜひとも取り入れたいものですね。

そして、まいたけに含まれるβグルカンはがん予防の他にも、糖尿病、高血圧の改善に効果があります。
しいたけに含まれるレンチナンもがん予防に効果が高いです。

生しいたけよりも栄養価の高い、乾燥しいたけもおすすめです。
乾燥しいたけには、骨を作るビタミンDや貧血を防ぐビタミンB12が多く含まれています。

えのきには、ビタミンB1、しめじにはビタミンB2が多く含まれています。

少量のきのこでも食物繊維が豊富に含まれていますので、便秘解消に役立ちます。
また、肥満防止の効果にも期待できます。

きのこには野菜では摂れないビタミンDも多く含まれているのが特徴です。
ビタミンDは、カルシウムのバランスを整えるのを手伝ったり、歯や骨を丈夫にします。

きのこを与えるときの注意点

調理器具

きのこには食物繊維が豊富に含まれているので、食べさせすぎると消化不良を起こし、吐いたりウンチがゆるくなったり、下痢をしたりする可能性があります。

犬は本来肉を食べる動物で、野菜などの消化はうまくできません。
切らずにそのままのきのこを与えると、消化ができず、ウンチの中にそのままの形で排出されます。

ごくまれにですが、きのこを食べてアレルギー症状があらわれる犬がいるので、初めて食べさせる場合は、少量ずつ与えて犬に変化がないか様子を観察しましょう。

与えるときの注意点としては、特にしいたけは消化が悪いため、量を与えすぎないことです。

与える際は細かくみじん切りにして加熱するようにしてください。
または、フードプロセッサーでペースト状にするのもいいですね。

干ししいたけは栄養価が高いので、戻し汁をだしに使って犬の手作りフードを作ると犬も喜んで食べてくれます。

特に注意しなければならないのは、山へ出かけた時に生えているきのこや、雨のあとに庭に生えた野生のきのこです。
食いしん坊の犬は、そういうものを食べてしまうことがあります。

そのきのこの中には毒を持っているきのこもありますので、庭にきのこが生えていたら取り除き、散歩の途中にうっかり食べてしまうということがないように注意しましょう。

量はどのくらい与えていいのか

きのこには食物繊維が豊富に含まれていますので、大量に与えすぎないように少しずつから様子を見て量を調節していくようにしましょう。
ごく少量のきのこでもウンチがゆるくなったりするような場合は、きのこを与えないようにしてください。

さいごに

子犬

野生に生えているきのこ以外は、犬にきのこ類を与えても問題ないことが分かりました。
ただ、アレルギーなどできのこが合わないという犬がいることもあります。

きのこ類が大丈夫な犬には、消化不良を起こさないように与える量と与え方に注意が必要です。

きのこを原料とした、がん予防としてβグルカンを抽出したマツタケやはなびらたけのサプリメントが購入できます。

愛犬のがん予防に気をつけるには、手軽に与えられるサプリメントがあることを知っておきましょう。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!