犬は感情が読み取れる!飼い主の心はしっかりと伝わっている

52791view

犬は感情が読み取れる!飼い主の心はしっかりと伝わっている

犬は人の感情を読み取っているのでしょうか?あなたが悲しいときや嬉しいとき、犬が人の感情をわかっているような顔をしていたことはありませんか?それは気のせいではありません。最近の研究で犬たちがとあなたの感情を理解していたことがわかったんです!

本当に犬は人の感情が読めるの?

嬉しい

人が嬉しいときも犬に感情が伝わっているの?

犬は悲しんでいる人には対して寄り添う、感情を読み取っている、と言われていました。
しかし、今回オーストラリアの研究チームの研究の結果、悲しみと同じように他の感情も読み取れることがわかったそうです。

犬は、人の喜んでる顔と怒っている顔を理解し、飼い主以外の顔でも感情を読み取れるらしく、笑顔はポジティブなもの、怒った顔はネガティブなものだと判断できているということです。
またその感情にどのような行動が適切かを判断することもできています。

飼い主との間には絆が有るので、だから感情を理解できるというのはわかりますが、他人の感情も読み取るというのは驚きですね!

犬が人の感情を読み取る実験

パグ

実験チームは人間の笑顔と怒った顔をタッチスクリーンに表示して、24匹の犬にそれぞれグループに分け、選び出す課題のものを選ばせました。

一方のグループには連続して笑顔の写真を選ぶとご褒美を、もう一方のグループには怒った顔の写真を選ぶとご褒美を与えました。

その結果、犬たちはちゃんと笑顔も怒った顔も区別したそうです!特にジャーマンシェパードやボーダーコリーの成績が良かったようです。

犬は笑顔の写真を選ぶのは早かったのですが、怒った顔の写真は同じように訓練したにもかかわらず、選ぶのを嫌がったそうです。
犬は人間の感情にとても敏感なことがこの実験でわかりました。

犬と人間の関係は古くから続いていますが、まさかこんなにも人間の感情を理解するとは思いませんでした。
やはり犬と人間との間には、種族単位での絆があるのかもしれません。

驚くべき犬の感情読み取り能力

見る

見ているのは右半分

犬は人間の表情から感情を理解する際には、顔の右半分を見ます。人間の写真を上下逆にしても、ちゃんと右半分を見て判断します。これは犬独特の能力と言えるでしょう。
そして実は2歳の人間の子供とおなじぐらい、アイコンタクトをすることができるのです。
子どもとおなじように悩んだ人を見るとうろたえます。
さらに、歳をとればとるほど相手の気持ちを深く理解し、適切な行動を選択しようとします。

このようなことを考えてみると、人間と同じように成長していくのだと感じますね。
その成長のしかたも人間の一番近くにいるからこそなのかもしれません。

歳をとればとるほど身近になり、一緒にいたいと思うようになります。
いつかくる別れを知りつつも、離れられないのはそういう理由もあるのでしょう。

犬が感情を読み取るのは顔だけじゃない!

窓

驚くべきことに、犬は人間の表情だけではなく、人間の会話からも感情を読み取るそうです。
英サセラックス大学の研究によると、人間の言葉の子音と母音を聞き分け、さらに会話のトーンでも感情を理解するといいます。
人間と同じように言語処理を行っているようですね。

例えば犬を褒めるときに笑顔で明るいトーンで褒めれば、ちゃんと理解をするということです。
他にも、犬が怖い人が汗をかきながらも「かわいいね」などと撫でたりすると、緊張から出る汗の臭いを嗅ぎ分け、本当は怖がっていることがわかってしまうのです。

犬の嗅覚でそこまでわかってしまうとは……犬には嘘がつけないということです。
うそ発見器よりも優秀なのでは無いでしょうか?(笑)

麻薬探知犬や救助犬なども、このような能力を応用しているとすれば、納得の働きぶりということになりますね。
そして犬が表情豊かなことにも納得できます。
彼らは本当に私たちの感情を理解していたのです。

犬が感情を読み取る方法とは

実は犬が人間の感情をどのように読み取るかは……わかっていないのです!太古の昔から一緒に過ごしてきた絆の深さなのでしょうか?
読み取る方法は明らかになってはいませんが、理解していることは事実です。我々は悩んで考えるよりも、犬たちと楽しくコミュニケーションを取るほうが向いているでしょう(笑)

これからの研究で感情をどのように読み取っているか解明されるのが楽しみですね。

犬が感情を読み取ることのまとめ

オオカミ

はるか昔……3万年も前から人間と共に暮らしている犬。
元々は野生のオオカミであったものが、人間に慣れた個体同士で子供を作り、それを繰り返して現在のペットに適した犬になったと言われています。
犬種は様々ありますが、そのどれも人間とコミュニケーションを取るために吠えたり鳴いたりするようになり、人間の表情から感情を読み取ることで人間を支えてきたのでしょう。

そのことが犬と人間が、他の動物とまた違う絆を結ぶことにつながってるのではないかと思います。
あなたが怒った時、悲しい時、嬉しい時、あなたの犬はどういう反応をしますか?
しょんぼりと尻尾を垂れるのか、側によってきて手を舐めるのか、尻尾を振りながら駆けまわるのか。
愛犬のそのどれもが、あなたの感情を理解した上での行動だと思うと、さらに愛おしく思えませんか?

犬たちは私達と、コミュニケーションを取ることを望んでいるのです。
お互いを思いやることができる、良い関係が築けるようにしていきたいですね。

愛犬が感情を読み取ってくれたと感じた瞬間はありますか?

楽しい・嬉しい・悲しいなど自分の感情を愛犬が読み取ってくれたと感じた瞬間がある飼い主さんはその時のエピソードをぜひ紹介してください\(^o^)/

  • 30代 女性 KOUME

    犬が人間の感情を読み取れるということは聞いていましたが、実際に研究で証明されて、発表までされるなんて、初めて知りました。これは、ますます犬に親近感がわきますね。
    確かに、犬たちは少なくとも雰囲気でも何かを感じ取っているようです。うちの愛犬も夫婦喧嘩をしていると、わざわざ怒っている方に寄ってきます。そして毎回反省させられます・・・笑
  • 40代 女性 こみゃこ

    我が家の愛犬は、目が見えないので声のトーンで、感情を読み取りますね。褒めるトーンで愛犬もテンション上がって飛びついてきたり、私が呼びかけて、見えないのに顔を見ているつもりなんだなぁと思わせる仕草もあります。見えないなりに私が何を思っているのか感じようとしているのかもしれません。
  • 50代以上 女性 ハナハナ

    私が翌日休みだと家のビーグルは夜にはしゃいで甘ったれます。仮病は見破りますが、面倒がっていたらそれもわかります。視覚以外の感覚も駆使して判断していますね。
    これだけ通じるのだから、飼い主の都合で酷い目に合わせる時、犬は飼い主の顔に謝罪の気持ちや無関心をも見てしまうでしょうね。犬の能力が証明される度に、飼い主は愛犬に対して誠実であることが益々求められている気がします。
  • 40代 女性 S46

    とても興味深く読ませていただきました!実験の際に、犬たちに訓練をしていたのにも関わらず、怒った顔の写真を選ぶことを嫌がる子が多かっただなんて、可愛らしい結果ですね!犬も人間の子どもと同じで、みんな怒っている表情が苦手なのですね。

    犬と一緒に暮らすようになってから、犬たちが想像以上に人の感情を読み取る力に長けていてることに驚きました。そして犬たちもまた、人と同じように感情があるのですよね。

    飼い主が楽しそうにしていると愛犬も嬉しそうですし、逆に悲しい表情をしていると、愛犬も同じように元気がなくなります。夫婦喧嘩をすると、愛犬がソワソワして落ち着かなくなりますので、今では愛犬のために夫婦喧嘩もしなくなりました、笑。

    犬が私たちの感情を読み取るときに、顔の右半分の表情を見ているとは知りませんでした!私たちの正直な感情は、顔の右側の表情に出やすいということですね。これを本能で知っているだなんて、本当にすごい。
    私も、これからは人と話す際に、右半分の表情を見てしまいそうです^^;
  • 40代 女性 ぴいすけ

    記事にあるように、犬も歳を重ねるほど人間の感情がわかるというのは本当にそうだと思います。
    以前暮らしていた犬たちも、シニアになると驚くほどこちらの言うことや状況を理解するようになりました。
    最初に飼ったマルチーズの男の子は、シニア期には母の愚痴に相槌をうっていました!偶然とは思えないほど絶妙なタイミングで、「ウウ」とか「ウン」などと声を出すのです。
    あと、別の男の子は妹が腹痛に苦しんでいるとき、名前を呼ばれると逃げていきました。薄情なやつ!と思っていましたが、記事に書かれていた「怒った顔はいやいや選ぶ」という研究結果を読んで、なるほどと納得がいきました。人間がネガティブな表情をしていると、犬もいやなのですね。犬の幸せのためにも、なるべく笑顔で生活していきたいなあと思いました。
  • 女性 colo

    表情は見分けられていると思います。声のトーンも聞き分けていると思います。この二つは連動して読み取っているのではないかなと思います。

    笑いながら高いトーンの声で呼ぶと嬉しそうに駆け寄ってきてくれますが、怒った顔で低い声を出すと警戒して逃げて行ってしまいます。この場合は表情よりも声をよく聞いているのだと思うのですが、人の感情を声から読み取っているのは間違いないと思います。

    祖母が亡くなった時、暴れん坊だった愛犬は人の出入りが多かったせいかいつもより大人しく静かに座っていました。出棺が近づき周りの人が悲しい気持ちで祖母を送り出す瞬間、その愛犬が一度もしなかった遠吠えをして祖母を送り出しました。周りの人の感情を読み、大好きだった祖母がもう帰ってこないことに気が付いたのでしょうか。

    犬は、死に関する悲しい感情には特に鋭い感覚を持っていると思います。
  • 50代以上 男性 kintarou

    黒ラブ(8歳 男の子)の散歩のルートに横断歩道を使って道路を横切る所があります。 自動車が通り過ぎてしばらくして静かになってから目を合わせ「よし!」と声を掛けてから渡るようにしていたからでしょうか、この横断歩道では少し手前で立ち止まるようになりました。 また、狭い道路を散歩している時に自動車の音が聞こえてくると、私をチラッと見て立ち止まるようになりました。 人間社会のルールを分かってもらいたいと思っています。
  • 30代 女性 しろわんこすまいる

    ありますよー。うちには、2頭多頭飼いですが、特にミックスのお姉ちゃんが感受性は、強いと思います。

    例えば、映画を見て、感動してま涙してたとします。知らんぷりです。
    でも、とても悲しいことがあって、涙してる時……。必ず、私のそばに来て、ずっと黙って落ち着くまでそばに居てくれます。

    夫婦で楽しくしてると、ニコニコして、自分も輪に加わろうとします。
    逆に喧嘩してる時、近寄らない。もしくは、落ち込んでる方にぴったりひっつく。

    ほんとに、ワンコって私たちの感情を表情や雰囲気で読み取れるんだ!って思える瞬間です。
  • 40代 女性 ほのぼの

    あります。忘れられない思い出です。15年ほど一緒にいたオスのダックスフンドです。ある日一緒にお昼寝をしていました。体力も食欲もかなり低下していたので、彼を見ていたら、赤ちゃんの頃を思い出してしまい、もう悲しくて切なくて涙が止まらなくなってしまいました。
    彼は暫くわたしをじっと見ていたんですが、長い鼻をすっと私の顎の下に入れてきてくれました。体をぴったりくっつけて「泣かないで、悲しまないで」って言われてる気がしました。
    (書きながらまた泣いてます。。)
    本当に賢くて、誠実で、優しくて、可愛くて。乱暴に扱う人の気が知れません。
  • 女性 匿名

    フードやおやつが原因で便が柔らかくなる事があっても滅多に下痢をすることのない愛犬が、私が肩を脱臼し大騒ぎした次の日に下痢と血便をした。
    医師の診断はストレス性の下痢。
    お薬を飲ませたのは診断を受けた日のみで、後は普通の元気な便に戻っていった。
    脱臼はかなり痛かったが、愛犬のメンタルにもすごく影響を与えてしまったのだと可哀想に思った。
  • 50代以上 女性 MARs

    あります。
     もう星になり、宇宙の旅へいくというので、お見送りをしてから来年は9年になります。動物霊園万霊塔マンションの最上階から一段下の階、追善追福もしております。年に1回はわが家の誰かが夢を見ておきることがあります。
     生前は子供のpreschoolへも通い、子供と遊ばせて育てました。その子たちが、小学1年生になるころ、マーブルちゃん、ハーイというと手あげをして大きな口でハーイといっていました。
  • 50代以上 女性 くう

    朝、ご飯食べたあと私や娘が仕事にいく支度を始めると、もう寂しくなっていてじーっとして伏せて目だけキョロキョロ、呼んでも振り向きもしないししっぽも動きません。毎朝なのでとても後ろ髪ひかれています。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

愛犬が感情を読み取ってくれたと感じた瞬間はありますか?

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。