愛犬が寝たきりに!私の介護体験談

6074view

愛犬が寝たきりに!私の介護体験談

今元気な愛犬が突然倒れてしまい、寝たきりになったとしたら…あなたはどうしますか?寝たきりになってしまった愛犬を介護し、最期を看取った私の体験談をお話しします。

愛犬が寝たきりに?!介護生活スタート!

愛犬紹介

ペス

名前:ペス
年齢:15歳
犬種:パグのMIX
性別:オス
大型犬よりの中型犬(24キロ)

子犬の時から室内飼いで、外にでれば鳩にも負ける、そんな根っからのお坊ちゃんでした(笑)
人間が大好きで、いつも尻尾をふって近所の人達と触れ合っていました。
特に子供とは楽しく遊んでいたので微笑ましく思っていたものです。

きっかけは転倒

横向き寝たきり

小さいな頃から一緒に過ごしてきた家族であるペス。
フローリングの我が家は、彼にとっては歩きにくかったのでしょう。
元々年齢からおぼつかない足取りだったのですが、ある日足を滑らせ転倒し、足を痛めてしまいました。
最初はびっこを引いて歩いていましたが、段々と歩けなくなり、最後は寝たきりになってしまいました。
足を滑らせてからわずか3日の出来事でした。

初めての介護経験

寝たきりの24キロの犬を1人で持ち上げるのは大変!母と2人で世話をしていましたが、それでも余裕は全くありませんでした。
立てなくなっていたので、オムツをつけていましたが、MIX犬であるため大型犬と中型犬の間ほどのサイズで既成品では漏れてしまいました。
そこで人間の大人用のオムツのMサイズを購入し、尻尾を通す穴を開けて使っていました。
他にもペスに合う洋服のサイズがなかったりもしました。
それも私のTシャツを塗って手作り!もう開き直って、ほとんど手作りでした(笑)

床ずれとの闘い

寝たきりになると必ず出てくるのが『床ずれ』です。
私達もかなり苦労しました。

本当は数時間ごとに体を反転させたり、動かさなければならないのですが、24時間つきっきりというわけにはいかなかったので、軽く床ずれになってしまいました。
そこで様々なグッズや対処法を試してみました。

低反発クッション

低反発

市販の人間用の低反発クッションを使いました。
床ずれのできやすい前後の脚や首元などをカバーできるように置き、ペスが動いてもずれないよう、またはすぐに位置を直せるようにシーツをひいてその上にペスを寝かせました。

テーピング

テーピング

ジタバタと動くと脚が傷ついてしまいます。
犬用のソックスでもいいのですが、嫌がって取ってしまうので、人間用のテーピングを軽く巻いて傷つかないようにしていました。
数時間ごとにテーピングを外して、マッサージをすることも忘れずに行いました。

授乳パッドとビニール袋

できてしまった軽い床ずれは綺麗に洗い、薬を塗ってから傷に授乳パッドを当てて、その上からビニール袋をかぶせ、テーピングで軽く巻きました。
こうすることで回復するらしく、実際ペスの傷も少しずつよくなっていきました。
これも数時間ごとに交換する必要があります。

赤ちゃん返り

なでられる

昼も夜も側にいて!

介護をしていて困ったことのひとつに『赤ちゃん返り?』があります。

もう15歳になっているのに、まるで子犬のように甘えたり駄々をこねたりしていました。
うちの犬は緑内障で目が見えなくなっていたうえに、耳が遠くなっていました。
そのため、世話をしている人が離れてしまうと鳴いてしまうのです。
一声「ヴァウ!」と大きく吠えたりもしました。
きっと不安だったのでしょう。

もちろんそれは夜にもありました。

深夜2時頃に起きては甘え、ジタバタと立ち上がれない体を動かして寝る。
そういう状態でした。

私と母が触れると途端におとなしくなり、ぐっすり眠りについていました。
私達は誰かひとりが必ずペスの側にいるように頑張りましたが、徐々に限界が近づいていきました。

介護はもう限界

寝たきり

睡眠時間もあまりとれず、四六時中呼ばれる生活が続きました。
家族は疲弊してしまい、ペスも気難しくなるばかりでした。

『安楽死』その文字が頭をよぎりました。

しかし、できるだけ自然に逝ってほしい、それが家族全員の願いでした。
その気持ちだけで私達は頑張り続けました。
それがもっと続くかと思っていたのですが、ある日突然終わりを告げてしまいました。

ペスとの別れ

ペスが逝ってしまったのは本当に突然でした。

ある日、餌を食べなくなり、黒い液体を嘔吐し、動けなくなりました。
その日の夜には黒い便を出し「うぅ〜」と唸っていました。

私達が眠りについて、翌朝、朝の準備をするために少し目を離したときにペスは亡くなっていました。
あまりにも呆気無くて呆然としたのを覚えています。
事前に調べていたペット葬儀屋さんに電話をして、火葬し、合同墓地へ。

たったの2日で全てが終わってしまいました。
しかしペスは苦しむ時間が少なくてすんだと思います。それだけが救いでした。

以上が、私が愛犬ペスを介護したお話しです。

その後、私はペットロスになりましたが、それはまた別の機会にお話しできればと思います。

▼老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識についてもっと知りたい方はこちら
老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識一覧

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。