犬が失明してしまう病気を知ろう!なりやすい犬種から予防対策まで

【獣医師監修】犬が失明してしまう病気を知ろう!なりやすい犬種から予防対策まで

お気に入りに追加

犬が失明してしまう原因は様々ですが、病気が原因なら予防出来たに越したことはありませんよね?今回は犬が失明してしまう可能性のある病気をご紹介します。予防に役立てていただけたらと思います。

16360view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬が失明してしまう病気

犬の目

白内障

白内障とは眼球の中にある水晶体が白く濁ってしまう病気のことです。白内障になる主な原因は加齢によるものですが、後天性白内障の場合、糖尿病によるものや怪我などの外傷によるもの、他に水晶体に影響のある眼の病気などがあります。
進行すれば失明しますが、早めに発見し、早期治療をすれば進行を遅らせることができます。
白内障になったときの、犬の主な症状としては以下の様なものが挙げられます。

主な症状

  • 瞳の奥が白くなる
  • 視力の悪化
  • よくぶつかるようになる
  • 物音に敏感になる

白内障に初発、未熟、成熟、過熱とさまざまな過程があり、進行すればするほど手術をしても効果が上がらなくなります。

進行度

①初発…自覚症状はなく、視力の低下もありません。

②未熟…水晶体の一部が白濁している状態で、暗いところでは動きが鈍くなるなどの自覚症状が出てきます。

③成熟…水晶体の全体が完全に白濁した状態で、視力低下が進行しかなり見えなくなっています。

④過熱…水晶体の融解が起こり、失明手前の状態です。

緑内障

青い目

緑内障とは眼圧(眼球の内圧)が高まることで、眼球が飛び出した状態になり、そして網膜や視神経が影響を受け視力が悪化した状態です。激しい痛みも伴うため、犬は頭や顔を触られることを極端に嫌がります。

緑内障には急性緑内障と慢性緑内障の2種類あります。それぞれ症状の違いもあるため、緑内障のリスクを抱えている犬がいる場合は、主な症状を把握しておくことで早期発見にもつながります。

緑内障の初期症状は、目をこするようになったり、涙や目ヤニが多くなったり、犬が目を気にするそぶりが主です。少しでも疑いがある場合は早々に動物病院で検査を受けましょう。

主な症状(急性緑内障)

  • 充血、白濁
  • 瞳孔が閉じない、まぶたの痙攣
  • 目の痛みで頭を触られるのを嫌がる
  • 食欲低下、嘔吐
  • 元気がなくなる
  • 視力の低下

主な症状(慢性緑内障)

  • 左右の目の大きさが違う(慢性緑内障)
  • 角膜にヒビがあるように見える

遺伝的にかかりやすい犬種

  • 秋田犬
  • シベリアンハスキー
  • トイプードル
  • ボストンテリア
  • シーズー
  • アメリカンコッカースパニエル
  • 柴犬

水晶体脱臼

白内障や緑内障、遺伝や打撲、他の病気などで眼球の水晶体という透明な部分が、ずれてしまった状態のことです。ずれる位置により前方脱臼、後方脱臼と呼ばれます。
充血や激しい痛みがあり、緑内障になりやすいと言われていますが、無症状のこともあります。
ボーダー・コリーやジャーマン・シェパード、テリア種やプードルなどは先天的な原因があって、発症することが多い犬種だといわれています。症状は肉眼で確認することができるため、愛犬が目を気にしているようなら嫌がらない程度に確認し、すぐに獣医さんの診察を受けるようにしましょう。

主な症状

  • 瞳孔内の水晶体が欠ける
  • 水晶体の揺れ
  • 歩き方がおかしい、ふらつく

進行性網膜萎縮症

黒ラブ

網膜にある光を感じる部分に異常が発生し、やがて失明する病気です。この病気は特定の遺伝子を持った犬にだけ発症するもので、症例自体は少ないのですが、いったん発症すると確実に進行するためこの名前がついています。 発症すると白内障も併発しやすくなります。
最初は夜間や暗い場所で物にぶつかる、オドオドする等の症状だけですが、進行すると日中や明るい場所でも見えなくなっていきます。そして早ければ数ヶ月で失明してしまいます。

主な症状

  • 暗いところで物にぶつかる
  • 夕方や夜の散歩で不安そうにする
  • 暗い時の外出を嫌がる

なりやすい犬種

網膜剥離

眼球内部にある網膜が剥がれてしまった状態のことです。目の充血や痛みといった症状が出ないため気付きにくく、おかしいと思った時には進行してしまっているケースが多くみられます。網膜剥離が起こりやすい犬種も特定されているので、遺伝によるところもあるのではないかと言われています。また抱えている病気から網膜剥離を併発することもあり、糖尿病や進行性網膜萎縮症、高血圧、白内障、緑内障などから起こることも多いです。

主な症状

  • 触られると驚く
  • 物にぶつかる

なりやすい犬種

  • シーズー
  • ラブラドールレトリバー
  • シェパード
  • サモエド
  • コリー
  • テリア

愛犬の失明を予防する

片目

白内障

角膜の炎症が広がったり、眼球をぶつける、潰瘍などが原因となることがあるので犬の目の様子はこまめにチェックしましょう。
そして常に目元を清潔に保ってください。
目やにや涙が多い、目が充血していると感じたら、早めに病院を受診してください。

症状が比較的初期段階の時は点眼薬や内服薬にて進行を抑えることが可能です。加齢からくる白内障の場合、外科手術を行うことは非常にリスクを伴います。点眼薬で可能な限り進行を遅らせる治療が一般的です。

糖尿病などの病気からくる白内障の場合、まずそちらの治療から優先され、落ち着いた頃に点眼薬や内服薬を用いた治療が始められます。犬は嗅覚や聴覚が優れているため、視覚が衰えてもストレスになりにくいと言われています。

ですが、加齢によりいずれの感覚も衰えてくるものです。犬は家具の配置を記憶しているので模様替えなどは控え、段差などは緩やかにするなど愛犬に負担のかからない環境づくりも予防と対策にとても重要です。

緑内障

残念ながら緑内障には具体的な予防方法がありません。そのため早期発見することが大事だと言えます。治療は高い眼圧を抑える薬を投与し、状態を見ながら数種類の薬を合わせて治療していきます。他に眼圧を下げる点眼薬も必要になります。眼圧が高い場合、抑えるためにレーザー手術が行われることもあります。

それでも効果が見られない時や、犬に痛みがある場合は眼球摘出手術を行います。手術は犬にとっても人間にとっても大きな負担がかかります。緑内障を起こしやすい犬種であれば、定期検査を受けると良いでしょう。

水晶体脱臼

犬の眼の色、開き方、歩き方などで早期発見をすることができます。普段からよく目を見るようにしてください。脱臼している場合、見た目に違和感がありますので比較的わかりやすいです。
先天性・遺伝性の場合は発症の予防が難しいので、こちらも定期検査をオススメします。

進行性網膜萎縮症

遺伝性であるため具体的な予防方法、治療法はありません。
急に失明するのではなく数ヶ月~数年にかけて、徐々に見えなくなっていくため、見えなくなることを考えて家具を配置したり家具の足や角はクッションを巻くなど、触れ方を変えてみたりと工夫することが必要です。
盲目の犬用のハーネスなどの準備も良いかと思います。

網膜剥離

別の病気によって引き起こされることがあるため、まずはその病気を治療することが大事でしょう。
遺伝的に発症ものなので、日頃から犬の様子をよく観察し、何か小さな変化があれば受診するといった細かい対応が必要かと思われます。

まとめ

子犬

全ての病気に言えることですが、犬の変化に気づきすぐに病院を受診することが1番の予防方法でしょう。日頃からコミュニケーションを取り、目元を清潔に保つことが重要かと思います。

遺伝的な病気の場合は発症した後のことを考えて家具の配置を変えたりすのことも大切ですが、飼い主側の心の準備も大切ではないでしょうか。
また、お世話をするのは飼い主ですが、1番不安になっているのは犬であることも忘れずいてください。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 さゆみ

    年齢と共に、身体のあちらこちらに不具合が生じるのは人間もワンちゃんも同じですね。
    散歩の際、目が見えない、耳が聞こえないというシニア犬のお友達に会うことが度々ありますが、楽しく過ごせている様子を拝見する度に、飼い主さんの苦労や心遣いはいかほどか。察するにあまりあります。
    白内障、緑内障という病名は知っていても、他に多くの失明につながる疾患があるんですね。また、疾患によっては、先天的にかかりやすい犬種も存在しているとか。
    日々の飼い主さんの健康チェックは欠かせないものですが、それだけでは不安ですよね。
    私はとにかく不安なので、フィラリアのお薬をまとめ買いしないで
    毎月病院に行って購入する、その際にちょっと獣医さんに診察して頂いています。
    フィラリアのお薬を飲む期間だけではありますが、早期発見によりつながるのではないかと考えています。
  • 投稿者

    女性 フォイ

    以前、私が飼っていた犬はある程度老犬になってから白内障になってしまい、そのまま全く目が見えなくなってしまいました。最初の症状としては、目がなんだか白くくもってきたことから始まりました。以前から犬の白内障については知っていたのですが、いざ愛犬の目がこうなってしまうとすごく焦りました。一度白く濁りだすと、かなり進行が早いような気がします。結構あっという間に全然見えなくなってしまいました。やはり視野が狭まっていたようなので、とても歩き辛そうにしていました。また、壁にぶつかったりもしていて、とても悲しい気持ちになったことを覚えています。もっと早く気が付いてあげればよかったです・・・。獣医さんに定期的に診てもらい、早期発見してもらうことが大切です。
  • 投稿者

    女性 雀3号

    愛犬が白内障なので、早い段階から点眼や予防に効果のあるブロッコリー、かぼちゃなどの野菜を与えるようにしています。そのおかげで幸か不幸か進行もだいぶゆっくりなので濁りはありますが、それほど不便を感じていないようです。
    部屋の配置も殆ど変えていないので、ぶつかることもなく目的地まで普通に歩いて行けます。自分の休める場所は、ご飯やお水の場所に大きめに置いたクッションマットの上です。

    老化による白内障なので手術は考えられません。出来ることは、可能な限り進行を遅らせることだけなので、点眼を欠かさないこと、効果のあるものを食べさせること、免疫を上げること、くらいです。
    糖尿病によって白内障を悪化させてしまうこともあります。食事に関してはとにかく気を付けて、太らせないように注意しています。
  • 投稿者

    女性 カカオ

    もう他界してしまいましたが、ラブラドールが高齢になり白内障を発症しました。行動からは気づいてあげられず、眼球の状態を見て気づきました。高齢だからしょうがない、とそのときは感じていましたが、体に不具合がき始めると愛犬が一気に年をとっていくような気がします。目が見えないことで、お散歩中も元気がないように感じますし、お家では自分のスペースの行きなれたところしか行かないようになります。見えていない状態で嗅覚と耳だけで動いているので当然といえば当然なのですが、あのときは無知で予防対策も何もしてきませんでした。今は早期に発見できればそれを予防するサプリなどもあると聞いています。出来れば、出来るだけ長く健康な体で日々を過ごしてほしいです。早期発見、愛犬の異常やSOSに敏感になろうと思います。
  • 投稿者

    女性 May

    我が家の愛犬は既に老犬です。足腰も悪くなってきているので、大好きだったお散歩も少し面倒くさがるようになり、なんだか切なくなってしまいました。また、目も以前のような輝きはなく、白く濁った感じになってきています。獣医さんに聞いた所、白内障が進んでいるとのことで家族中でショックでした。実は以前飼っていた犬も白内障で目が失明してしまったのです・・・。瞳の奥が白く濁り、ヨロヨロと歩き、壁などにもよくぶつかっていました。目が見えなくなるということは犬にとっても本当に不便で、辛いことだと思います。私自身は緑内障で治療をしています。この緑内障が犬に起こるとは知りませんでした!緑内障も放っておくと人間でも大変なことになります。失明してしまうというのは本当にショックですよね。早期発見と治療で進行を遅くできることができるので、よく注意してあげると良いですね。
  • 投稿者

    30代 女性 Rie

    白内障は老犬になってくるとある程度避けられない病気かな、と覚悟しています。昔実家で飼っていた犬も老犬になったら目が白くなってきて、だんだん見えなくなっていました。でも犬って案外見えていなくても元気で、鼻や耳で状況を読み取っていた気がします。少しずつ色々な感覚を失っていく愛犬を見るのは切ないですが、できるだけのサポートをしてあげて快適な生活を送らせてあげたいです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。