犬にお茶を与えないほうがいい理由とは

14218view

犬にお茶を与えないほうがいい理由とは

多くの日本人がほぼ毎日のように飲んでいるといっても過言ではない飲み物「お茶」。昨今の健康ブームの影響で、機能性も考えられた多数の商品がありますよね。さて、この身近にある「お茶」は犬と一緒に楽しめるのでしょうか?

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

特別な場合以外は犬にお茶は与えないようにしましょう。

ティーカップ

「このお茶、飲んでいいの?」

緑茶、麦茶、ほうじ茶、はとむぎ茶、抹茶、ウーロン茶、、紅茶、ハーブティー、ルイボスティーなどなど、日本人は世界でも類を見ないぐらい、様々な国のお茶を楽しむ文化を持っています。
飼い主さん達が美味しいものを食べているその傍らで、愛犬が上目づかいでスタンバイしていたら、ちょっとぐらいお裾分けしてみようかな?と考えてしまうのは、愛犬家の誰もが経験した事のある心境ですよね?でもそこは「ちょっと待った!」

お茶の種類によっては、犬に与えると生命・健康に害を及ぼす成分が含まれている ものがあります。お茶の種類や成分をしっかり、把握されているのならばともかく、お子さんやご年配の方を含むファミリーで愛犬と暮らされている場合は、万が一の事を考えて、「お茶は犬に与えない!」というルールを家族みんなで守るのが無難でしょう。また、 飲み残しのお湯のみやグラス、茶葉などに犬が触れることもないように、気をつけたい ものですね。

次の項では、なぜ、犬にお茶を与えない方がいいのか、また、与える場合に気をつけたいことを解説します。

犬にお茶を与えないほうがいい理由

犬にお茶を与えない方がいいとする理由は、お茶に含まれている成分の中に、犬の生命や健康に害を及ぼす成分が含まれているからです。特に気をつけたい成分は、「カフェイン」「シュウ酸」「緑茶ポリフェノール(カテキン・タンニン)」の3つです。

カフェインについて

コーヒーを犬に与えてはいけないのはよく知られていますが、これは「カフェイン」が多く含まれているためです。カフェインを摂取した量や体質によっては「カフェイン中毒」を起こし、興奮や痙攣、頻尿、嘔吐や下痢といった症状を起こし、最悪の場合は死に至ってしまいます。

このカフェインは、玉露・番茶・抹茶をはじめとする緑茶(日本茶)、紅茶、ウーロン茶にも多く含まれており、特に玉露はコーヒーに匹敵するか、それ以上のカフェインを含有しています。

シュウ酸について

お茶の種類によってはシュウ酸を多く含むものがあり、結石の原因になることがよく知られています。シュウ酸を多く含むお茶として有名なのは緑茶(日本茶)の中でも玉露、紅茶、ウーロン茶(種類によって差があり)がよく知られています。このように、結石の予防という点からもおすすめできませんし、また、治療中の犬の水分補給に、これらのお茶を用いるのは禁忌です。

緑茶ポリフェノール(カテキン・タンニン)について

緑茶、紅茶、ウーロン茶に含まれる成分として、緑茶ポリフェノール(カテキン・タンニン)も有名です。

カテキンは、独特の渋みを持ち、体脂肪の燃焼によるダイエット効果や抗酸化作用による老化防止、善玉コレステロールの増加や血糖値を下げる降下があることが知られています。
タンニンも、カテキンと同じく独特の渋みを持ち、収れん作用を持つことからスキンケア用品に使われています。また、抗酸化力を持つことでも知られています。

日本人の緑茶(日本茶)ブームの元となっているともいえる、緑茶ポリフェノールですが、独特の渋みや苦味が苦手な犬も多いようです。(稀に、これらのお茶が好きな犬もいるようですが)、カフェインやシュウ酸といった成分をわざわざ愛犬に与えるリスクを冒す必要なないように思います。

犬にお茶を与える場合に気をつけること

前項で述べた危険な成分、カフェインが入っておらず、シュウ酸がなるべく少なく(植物には多かれ少なかれシュウ酸が含まれます)、緑茶ポリフェノール(カテキン・タンニン)が含まれていないか、少ないものを選べば、犬にお茶を与えられないこともありません。

与える際は、人間(成人)が飲むよりも3〜5倍ぐらいには薄めましょう。愛犬が水を飲まないからといっても、給水器に入れて水代わりにするのはおすすめできません。

お茶の種類別注意点

麦茶

ピジョン・ベビー麦茶

麦茶は大麦から作られており、たんぱく質、カルシウム、鉄、そしてビタミンB1やB2が主成分です。ノンカフェインの代表的な飲料のひとつでもあり、茶葉を使用していないため、緑茶ポリフェノール(カテキン・タンニン)も含まれません。シュウ酸の含有量も緑茶や紅茶、ウーロン茶よりは随分少ないとされています。特に夏場に飲まれることが多いのは、麦茶に身体の熱を冷ます働きがあるためです。

最近では、生後1ヶ月頃の乳児にも与えられる麦茶が市販されていますので、簡単に利用できそうなイメージですが、酸化防止剤などが添加されていますので、気にする方はお家で作ったものを与えるようにしましょう。

ハトムギ茶

帝塚山ハウンドカム・ハトムギパワー

はと麦(別名:ヨクイニン)は、古来より、美肌(シミ、ソバカス、肌荒れ、アトピーの改善)利尿作用がある穀物として、漢方や民間療法で薬用として用いられています。市販されているハトムギ茶には酸化防止剤が入っていたり、麦茶がブレンドされているものもあるので、ハトムギ茶として飲むのなら、お家で作ってあげましょう。

また、お茶としての利用が有名ですが、最近ではシリアルやふりかけが市販されています。豊富なアミノ酸や食物繊維など、栄養満点のはと麦を取り入れるのなら、手作り食やドッグフードへのトッピングという利用もオススメです。

その他

ローズヒップティー、カモミールティー、ミントティー等のハーブティーは、それぞれのハーブの特性に応じた効果が期待されますし、ルイボスティーには抗炎症作用があるためアレルギーへの効果が、たんぽぽ茶には利尿作用に加え、肝機能の働きを高めることが知られています。
与える際には、愛犬の体調(妊娠中、パピー期は避ける)を考慮し、疾患がある場合は、獣医さんとしっかり相談しましょう。

まとめ

「愛犬にお茶を与えるなんてナンセンス!」

そんな気持ちからまとめはじめた記事でしたが、科学的に分析し、愛犬の健康のために熟慮した上で、 うまく利用できるならば、 絶対にお茶はダメと言い切れないどころか、 思わぬ効果が期待できるかも しれない・・というのが素直な感想です。

この記事が、皆様の愛犬の健康促進、症状改善の一助になれば幸いです。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

平松育子先生

記事の監修
  • 獣医師
  • 平松育子先生
  • (ふくふく動物病院 院長)

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 40代 女性 もも

    我が家では、ルイボスティーなどを薄めて飲ませていますが、もちろんカフェインなどが入っていないものを選んでいます。この記事を拝見して、具体的にどういう成分が犬の体に良くないか知ることが出来ました。これからも、気をつけて飲ませてあげたいと思います。
  • 30代 女性 ちゃー

    犬にはお水だけで十分だと思います。まだ赤ちゃんの頃は、犬用のミルクも与えていましたが、お茶を飲ませようとは一度も思ったことがありません。以前、犬にビール与えてる飼い主さんをテレビで見たことがありますが、ありえないと思いました。『ビール好きなんですよね~』と面白がってあげていたのですが、犬の健康のこときちんと考えてほしいと思ってしまいました。
  • 40代 女性 ちえ

    我が家の愛犬も、緑茶などを飲んでいると何故か欲しそうに見ていることがあります。ただ、今まであげることはなかったのでよかったです。緑茶ポリフェノールのカテキンが犬によくないと知って、知識を持つことの重要性を感じました。愛犬の健康の為にも、あげるとダメな飲み物・食べ物は理解しておきたいですね。
  • 40代 女性 ろちゃん

    我が家の子たちの飲み物としては、基本的に100パーセント水を与えています。私がふだん飲んでいるのは、主にコーヒーと麦茶ですが、犬にあげようと考えたことはありませんでした。ただ、健康に良くない成分が含まれているということは意識はしていなかったので、これからは抹茶入りのお菓子などにも気をつけなければと思います。
  • 20代 女性 mimi

    愛犬は、すぐ体調を崩してしまうので口に入れるものは気を使っています。時々、人間の食べ物もあげたいと思いますが心を鬼にしてガマンしています。お茶も不安なので安全な水をあげたいです。
  • 30代 女性 fanta

    カフェインが含まれるものは論外ですが、水をあまり飲まない犬にはなんらかの味が付いているものをあげるのは良い策だと思います。うちの犬が夏場にあまり水を飲まないことを知人に紹介したところ、麦茶やコーン茶などを薄めてあげると良いと聞き、早速やってみたら大ヒットでした。基本的には水ですが、蒸し暑い季節の散歩から帰った後など、積極的に水分を補給したいときに与えるようにしています。ほのかな甘みが良いのでしょうか、水よりも飲んでくれていると思います。
    ただ、ハーブティーに関しては気を付けた方が良いと思います。うちの犬はてんかんの疑いがあるので、特に気を付けているのですが、神経系の病気を持っているワンちゃんには特定の匂いが強い刺激になる場合があるようです。てんかんの場合は、ローズマリーやラベンダー、ペパーミントなどが良くないと言われています。
  • 女性 ココ

    我が家の愛犬にお茶を与えたことはありませんが、私が飲もうとしていた麦茶をうっかり床にこぼした時に、愛犬に舐められてしまいました。普通の水ではないので焦りましたが、その後は吐くこともなく、安心しました。しかし、その後はよく注意しています。人間にとっては美味しい!と思えるお茶ですが、犬にとっては結構強い味や香りがするのではないでしょうか。カフェインやポリフェノールは特に危ない感じがしますね。カフェイン中毒で死に至ってしまう可能性があるとのことですが、怖いです!しかし、いくら犬が飲めるお茶があるとしても、ガブガブ飲んでもらうのには少し抵抗があります。愛犬の体のことや安全のことを考えると、あまり大量に与えるのは避けた方が良いのかもしれません。
  • 30代 女性 はなぽん

    犬にお茶をあげるという発想がなかったので記事を拝見して新しい発見でした。
    3倍~5倍に薄めることや麦茶など、人間の赤ちゃんとほんとに似ていますね。
    うちはお茶系には興味はないようなのですが、ミルク入りのコーヒーには反応します 汗。ブラックのコーヒーには反応なしですが、ミルク入りだと目を離すと狙ってくるので危険です。幼い頃の母犬のお乳のにおいと似てたりするんでしょうか。とはいっても、コーヒーもミルクもわんちゃんのからだにはよくないものです。カフェイン中毒など、とても怖い結果にもなりかねません。過去、誤って舐められてしまったときはお水を大量に飲ませた記憶があります。目を離したことが間違いだったのですが、本当にいやな汗をかくほど心配しました。
    今はお茶系には興味をもっていませんが、こちらの記事も参考に今後も愛犬の管理をしてあげたいと思います。
  • 女性 TE

    うちの犬は、水をあまり飲まないため、夏の熱中症対策にコーン茶をうすめたものを飲ませます。
    コーン茶は、少し甘みがあって香ばしいので、あまり水分を取らないうちの犬でも喜んで飲んでくれるんです。
    緑茶などのカフェインが入っているお茶は、犬にはNGということだったのでノンカフェインなら大丈夫かな、と自己判断で与えていましたが、記事中に麦茶OKとあったのでホッとしました。
    また病気をして具合が悪い時、嘔吐や下痢をしたときなども、出来るだけ水分を取らせたいので、コーン茶の他にもヨーグルトやスポーツ飲料を少し水に溶いて与えたりしています。
    水だと飲まなくても、少しだけ味や匂いをつけると飲んでくれるので助かります。ヤクルトを混ぜたことも!
  • 女性 mint

    神経質な愛犬に、ペットアロマの講座へ通った際に勧められたハーブティーを薄く出したものを飲ませようとしたら、ニオイが嫌だったのか飲んでくれませんでした。
    今のところお水をおいしそうに飲んでくれるのでお茶を与える機会はないと思いますが、なぜかうちの犬はコーヒーの匂いが大好きなんです。
    コーヒーを淹れると、隙あらばマグカップに顔を突っ込もうと必死。コーヒーを犬に飲ませていけないことくらいは分かっているので、食卓には上がれないように注意していますが、一度カフェオレを飲まれてしまったことがありました。
    相当おいしかったのでしょうね、牛乳も入っていますし。私が遠くから大きな声を上げてもカップから引き剥がすまで必死に飲みまくっていました…しばらくすると、ぼえーっと嘔吐。無事すべて排出できました。大興奮に一気飲みしたから嘔吐してしまったのかな。
    以後、コーヒーには気を付けています。
  • 女性 へのへの

    記事を読む限り、犬にはやはりお水が一番なのですね。
    犬の体調などで、どうしても水分を多くとらせたいのに水を飲みたがらない、という時には飲んカフェイン、ミネラル分が多くないようなお茶を利用するのは良いアイデアかもしれませんが、日常的にはやはり与えない方が安全なように見受けられました。
    出かけた先などで、水を切らせてしまったりしたときに、たまに私用の麦茶などを与えてしまったことがありましたが(ノンカフェインなので大丈夫だと思っていました)、麦茶にはミネラル分が豊富に含まれていそうです。(ミネラル麦茶、ってよく聞きますし…)。結石になる恐れがあると知って、ちょっとひやっとしました。先代の犬は結石で長いこと苦しんでかわいそうだったのに、スコーンと忘れてしまっていました!
    これからは、犬にはお水、を徹底しようと思います。
  • 女性 サラダ

    犬にお茶をあげようと思ったことはこれまでありませんでしたが、確かに使い方によっては良さそうですね。
    甜茶やルイボスティーなどはうっすら甘みがるので、水分補給をさせたいときには甘いものがすきなわんちゃんに有効そうです。
    うちの犬は小型犬なので、小さなペット牛乳のパックを買っても飲み切ることが出来なくて、それでも何かあったときの栄養補給・水分補給にと常備しているのですが結局賞味期限切れにしてしまいます。
    お茶だったら私たち家族が飲むので、無駄にすることなく良さそうです。
    うちは季節によって、麦茶だったり、甜茶、そば茶、黒豆茶、とうもろこし茶といろいろ、子供のために煮出したものをいつも冷蔵庫に入れています。
    今度愛犬が体調を崩したりして、水分補給が充分に出来ていない時には試してみようかな。
  • 40代 女性 SUSU

    犬にお茶???と一瞬驚きましたが、考えてみれば麦茶やはとむぎ茶、コーン茶などは成分的には問題のない物のようですね。
    我が家では基本的に水しか与えていませんが、手作りご飯でハンバーグなどつなぎに粉物を入れたい場合には、はとむぎ粉を使っています。小麦粉よりも栄養価は高いし、愛犬のイボ対策としてもはとむぎ粉を使っています。
    尿路結石や膀胱炎などの症状があるワンコは特に水分を多目に取ることが重要となります。これらの疾患を目的とした療法食には、水分を多く取るように敢えて塩分を多めに配合し喉が乾くように作られている物もあります。
    長期間の塩分の多い食事は心臓などその他の臓器に負担がかかってしまいますので、出来れば自然に水分を多めに取れるよう、水以外の物を用意してあげることも1つの方法なのかなと思いました。
    薄目の麦茶やコーン茶の他に、ヤギミルクの粉をお湯で溶いたもの、ポカリスエットなどスポーツ飲料を薄めたもの、はちみつをお湯で溶いた物もお勧めです。
    その他、アレルギーがないようであれば、スーパーなどで売っている鶏ガラを沸騰させないよう注意しながらゆっくりと煮出ししたスープも食いつきは良いと思います。灰汁や余分な油脂を取り除く必要がありますが、塩分を加えれば飼い主のスープにもなります。市販のダシにはない自然の風味があり、身体に優しいのがよく分かります。

    夏場は特に、水をあまり飲もうとしないワンコには、飲んでもらうために一手間かけることも必要だと思いますが、水自体を変えてみると案外解決してしまう場合もあります。
    愛犬もパピーの頃はあまり水を飲む方ではありませんでした。水飲みボトルから喉を潤す程度にしか飲まないことが多かったように思います。
    我が家でブリタのカートリッジ式浄水器を購入したのをきっかけに、愛犬の水もこれに変えたところよく飲むようになりました。犬は人間よりもはるかに優れた臭覚を持っています。人間には分からない水道水の臭みを感じ取っていたのかもしれません。

    その後、引っ越しをしたのをきっかけに、水素水が生成出来る浄水器を取り付けました。水素水に関しては、その効果に疑問を投げかける意見もありますが、この水素水に変えてから愛犬の水の飲み方ははっきりと変わり、とてもよく飲むようになりました。特に、水を交換した直後の飲みっぷりは笑ってしまうことがあります。
    その他、ハワイのミネラルウォーターとして販売されていることが多い純水もお薦めです。ミネラルウォーターは結石が出来やすくなるといった意見もありますが、この水はミネラルや不純物は含まれず、赤ちゃんのミルクにも使える純水です。
    愛犬に与えたことがありますが、とても気に入って飲んでいました。

    たかが水、されど水ですね。ドライフードだけでは特に水分が不足しがちになってしまいます。それぞれのワンコの好みに合った水分補給を見つけてあげるといいのかなと思います。
  • 女性 ひるね

    うちの犬はお水大好き、いっぱい飲んでくれるのでお茶を与えようと思ったことはありませんでしたがやっぱりお茶は犬には必要ないんですね。
    病気をしたときなんかは、鶏の骨付き肉を圧力鍋で炊いてとれたスープを飲ませます。そうすると食欲も出るようで、水分もたっぷり取れるしなので。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。