フィラリアにかかってやっと救出された犬は全てが初体験!喜びの表情に涙

フィラリアにかかってやっと救出された犬は全てが初体験!喜びの表情に涙

粗大ゴミに囲まれて外界から遮断された囲いの中で孤独に生きていた犬。病気になってやっと、犬の所有者から救い出すことができました。

お気に入り登録

ネグレクト状態でも所有権を手放さないのはなぜ?

世話

「ミッシー」は、10年にわたって小さな囲いの中に閉じ込められていました。

粗大ゴミに囲まれた状態で外の世界から隔離され、食べ物や水の供給も滞りがちな中、雪の日も日照りの日も孤独に過ごしてきたのです。

そんなミッシーの存在を知った動物愛護団体PETAのメンバーたちは、できる限りミッシーを訪問して食べ物や水をやり、冬には小屋にワラを敷いてあげていました。

ネグレクトを決め込む飼い主は説得に応じず、決してミッシーを引き渡さなかったのです。

病気になってやっと

けれどある時、ミッシーは心臓に寄生虫が巣食うフィラリアにかかっていることが発覚しました。

所有者はそれを聞いた途端に、ミッシーの引き渡しを承諾したのです。

ついにこの「独房」を出られるミッシー。嬉しくてたまりません。

PETAのシェルターでフィラリア治療を始めますが、まずは体を洗おうね。

ブラッシングも、人とのこんな触れ合いも、何もかも初めて!

白髪はあっても、子犬のような表情のミッシーです。

ボールを追いかけて廊下を跳ねるミッシー!

いたずらするミッシー!

失われた時間を取り戻すかのように、一瞬一瞬を思い切り楽しむミッシーです。

動画のすべてのショットがいじらしい。

その後

本来は犬の10年を奪ってはいけなかったし、フィラリアにかかる前に救いたかった。

でも、現在はフィラリア陽性でも症状の進行を止めたり遅らせて、犬はそこからまだ生きることができます。

ミッシー生まれて初めてのドライブで向かった先には…是非是非、動画をご覧ください!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:PETA (People for the Ethical Treatment of Animals) 

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。