飼い主死亡で路上に放り出された3匹の犬。1年半ずっと帰りを待っていた

飼い主死亡で路上に放り出された3匹の犬。1年半ずっと帰りを待っていた

亡くなった飼い主と共に住んでいた家から放り出された3匹の犬たちは、亡き飼い主の帰りを待って1年半、家の周囲に居ついていました。飼い主亡き後に愛犬が路頭に迷わないように、飼い主は自分が元気なうちに手を打ちたいものです。

はてな
Pocket
お気に入り登録

3匹一緒に、ずっと待っている

1年半前に飼い主を亡くした3匹の犬

「フレッド」、「リッキー」、「エーテル」の3匹の犬たちの飼い主は、今回の保護活動の1年半前に亡くなりました。

生前に犬たちのことを遺言などに残していなかったため、3匹は路上に放り出されたのです。それ以来、毎日毎晩、3匹は飼い主の帰りを元の家の周りで待ち続けていました。

そしてやっと保護団体HOPE FOR PAWS に保護依頼が届き、現場にやってきました。

1匹目はフレッド

現在の家の所有者に許可をもらって、家屋の周りで犬たちを探します。最初に見つかったのは、行き止まりの壁ぎわで縮こまっていた、フレッドです。

目の前に立ちはだかる女性の足元をすり抜けて、雑草の中を、動画撮影している保護団体のリーダーの方へ走ってきます。

そこでリーダーが、ワイヤリードの輪でうまくつかまえました。

暴れまくって疲れきったところで、フレッドはあきらめがついたように大人しくなり、素手で触れるようになりました。

つぎはエーテル

他の2匹は、近所の小さなスーパーの周辺で目撃情報がありました。

情報の通り、まずはエーテルが見つかります。食べ物に近づいてきたところに、地面に置いたワイヤリードの輪をするする~っと近づけていくと、エーテルは、「何これ?」と見入ります。

輪を犬の首へ、パタッと通して、確保完了。あっけなかった!

最後にリッキー

エーテルが暴れていると「何事?」と、画面の左から1匹の犬が近づいてきました。リッキーに違いありません。

そしてリッキーも、確保。

1人1匹を引っ張って、車まで短い距離を歩かせますが、それぞれに暴れています!よく見ればエーテルは後方で地面に転がっているし。ちょっと面白い場面です。

やっと病院の一室で、3匹が一緒になりました。

その後

3匹そろって一時預かり施設に引き取られ、里親さんとの出会いを待つことになりました。

動画では最後に「どうか、飼い犬のことを遺言書や生前信託に含めてください」と訴えています。

飼い主自身の身に、いつ何時、何が起こるかわかりません。飼い主亡き後の愛する犬たちの身の振り方を、後回しにせず、今、考えて準備することが大事ですね。

他の犬たちとも仲良く遊んでいるフレッド、エーテル、リッキーを、動画でご覧下さい。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。