犬が自分の体を傷つけてしまう心理3選!やめさせるにはどうする?

犬が自分の体を傷つけてしまう心理3選!やめさせるにはどうする?

愛犬が自分の足や尻尾を噛んだり自分の体を傷つけてしまうときはありませんか?悪化させる前に自傷行為の理由を知りましょう。ここでは、犬が自分の体を傷つけてしまう心理3選と、その対策をまとめました。

お気に入り登録

犬が自分の体を傷つけてしまう心理3選

尻尾を追う犬

愛犬に自傷行為のような行動が見られたときは注意深く観察をしてください。とくに、足を噛む、尻尾を噛む、舐め続けるような行動には何かしらの意味があります。そして自分の体を傷つけてしまう行動はいち早く改善させるべきです。

自傷行為の多くがストレスを抱えていることが原因なので、愛犬がなぜそのような行動を取るのかその心理を知りましょう。何らかの飼い主へのサインであるため、愛犬が自分の体を傷つけてしまうときの心理3選をぜひ参考にしてください。

1.とっても暇

ふと見ると、愛犬が足をガブガブ噛んでいたり、尻尾をグルグル追いかけ回していることがありますよね。この行動を取るときの犬の心理は「とっても暇」「ひとりで遊ぼう」といった所です。

その犬の行動は特別珍しいことではありませんが、日常的に見られる場合は注意をしましょう。ひとり遊びをするという心理の裏には、寂しさやストレスがあります。自分の足を噛んだり、尻尾をガブガブ噛んでしまってばかりいれば皮膚を傷めてしまうので、早めに対処を取っていきましょう。

2.違和感を感じている

犬が夢中になって足を噛んだり舐めたりしているときは、足の肉球に何かが挟まっていたり、何らかのケガをしていることも考えられます。飼い主さんとして注視してほしいのが、ペロペロ舐める行動は毛づくろいではない場合こともあるということです。

目についたら愛犬のボディチェックを行ってみてください。とくに足の指の間に石などが挟まっていることもあります。自分で噛んで傷つけているときもあるので、くまなくチェックをしましょう。

3.かまってもらいたいから

愛犬が自分で自分の体を傷つけてしまうときは、「遊んでほしいよ」「さみしいよ」という愛犬の訴えでもあります。唸ったり吠えながら足を噛んだり、尻尾を追いかけている行動はまさにストレスを発散させようとしています。

とくに珍しい光景ではないものの、犬がストレスを抱えていることはよくありません。自傷行為が常習化してしまうと、力加減も強まってしまいます。歯で思い切り噛んでしまい出血してしまうこともあるので、「いつもの光景」とスルーをせず愛犬と向き合ってみるべきです。

犬の自傷行為をやめさせる対処法

犬の肉球

愛犬が自分で自分の体を傷つけてしまう姿は、飼い主としては見ていられない光景ですよね。自分の体を噛んだり舐め続けることが増えたときは、次のような対処法を行ってみてください。

ストレス発散をさせる

傷や病気がないのに、自分の体を傷つけてしまう犬が抱えているのはストレスです。もし自傷行為のような行動が目についたときは、いつもより長い散歩に連れ出してみたり、愛犬がお気に入りのおもちゃで遊んであげましょう。

愛犬とふれあう時間が減っていなかったかを再確認をしてください。長時間の留守番や、コミュニケーション不足があればひとつづつ改善していきましょう。

獣医師に相談をする

中には、足を噛んだり舐め続けることがクセになってしまう犬もいます。これを「常同障害」と呼ぶのですが、もし原因がわからない場合は早めに獣医師に相談することが望ましいです。

動物病院でチェックをすることで、思わぬ病気や傷を発見できることもあります。なかなか自傷行為が止まらないときはぜひ相談をしましょう。

犬用靴下で保護する

足を噛んだり舐め続けてしまうと皮膚異常が起きてしまうので、過剰に行ってしまうときには「犬用靴下」で保護をすることもできます。しかし、向き不向きがありますので、 まずは獣医師に相談をした上で検討してみてください。

まとめ

お手をする犬

犬が足を噛んだり尻尾を追いかけ回す光景は珍しくないので気づきにくいですが、日常的に見られるときには飼い主へのサインだと受け止めてみてください。皮膚のトラブルが起きていることもあるので、気になる場合は早めに獣医師に相談をしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。