犬が『わがまま』を言っている時にしている仕草3選!正しい対処法まで解説

犬が『わがまま』を言っている時にしている仕草3選!正しい対処法まで解説

しつけのため、わがままに応えすぎてはいけない…。そうは言っても、わがままと必要な要求の境を判断することは難しいですよね。そこで、そんなお悩みを持つ飼い主さんに向けて、今回は犬が『わがまま』を言っている時にしている仕草をご紹介します!

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が『わがまま』を言っている時にしている仕草とは?

唸るチワワ

愛犬の要求はできる限り叶えてあげたい…。でもあまりにも応えすぎると、わがままになってしまう恐れがあるため、応えて良い要求とわがままの判断が難しいと感じている飼い主さんも多いでしょう。

そこで、今回は犬が『わがまま』を言っている時に見せる仕草や行動をご紹介します。紹介するような仕草や行動を見せている場合は、単なるわがままである可能性があるので、応えすぎには注意しましょう。

1.高い声で吠える・唸る

吠えるヨークシャーテリア

自分が期待していたことが起きなかったり、自分の要求が通らなかったりした際、高い声で「ワンワン!」「キャンキャン!」と吠えることはありませんか。あるいは、軽く低い声で「ヴッヴ~」と吠えることはありませんか。これはわがままを通そうとしているサインです。

吠える、唸るという行動は、相手に対し威嚇すると同時に、「自分は強いんだぞ」と示そうとしている行動でもあります。

つまり、飼い主に対して「なんで思い通りに行動しないんだ!」「どうしても要求を通したい」と、無理を言えばわがままが通ると思ってしまっている可能性が高いです。

2.飼い主の行動を邪魔するような行為

「何しているの?」と思わず声をかけてしまうような、明らかな妨害行為をされた経験はありませんか。例えば、雑誌や新聞を床に置いた状態で読んでいたら、愛犬が読んでいる物の上に乗り、読めないように邪魔してきた…というケースなどが挙げられます。

このように飼い主の行動を邪魔するような行動や仕草も『わがまま』の一種です。飼い主の行動を邪魔することで、「もう続けられないわよ。早く私を見て!」と強制的に自分へ注意を引こうとしているのです。

この行動を容認し、すべての要求に応えてしまうと、邪魔をするだけではなく、物を倒したり、破壊したりとエスカレートしてしまう恐れがあります。

3.聞こえないふりをする

シベリアンハスキー

拗ねた態度をとる行動もわがままを通そうとする時に見せる仕草の1つです。よくある行動に無視が挙げられます。まるで人間の子どものようですよね。

飼い主に要求が通らなかった直後、飼い主が声をかけても一切振り向かず、聞こえないふりをするのです。しかし、体は正直なため、目線だけがこちらにチラッと向いたり、耳がピクッと反応したりします。

無視を決め込むことで、「僕は怒っているんだぞ」「わがままを聞いてくれないと、飼い主さんの指示も聞かないからね」という意思表示をしています。

『わがまま』にはどう対処するべき?正しい対処法

犬の口に指を当てる

上記のような仕草や行動は、犬が必要な要求をしているのではなく、「この人ならどんな願いでも聞いてくれる」と認識し、わがままを通そうとしている時に見せる仕草・行動です。そのため、要求に応えすぎる行動は禁物です。

「困るから」と要求に応えてしまうと、犬は「こうすれば要求が通る」と学習してしまいます。そこから行動がエスカレートしてしまう恐れもあり、手に負えないほどの『わがまま』になってしまうことも。

基本的に愛犬の『わがまま』には応えず、「かまってほしい」アピールであれば、飼い主が忙しくない時に応えてあげましょう。または、『わがまま』を通そうと行動している時ではなく、その行動が一旦止まった時に、かまってあげると良いでしょう。

しかし、ごはんの時刻にごはんを要求してきたり、散歩の時刻に散歩に連れて行くよう知らせてきたりと、必要な要求であれば応えてもOKです。これは単純に、わがままではなく『お願い』や『お知らせ』に区分される要求行為だからです。

この必要な要求であるか否かは、今回ご紹介したような仕草や行動を参考に、飼い主の正しい判断が求められます。

まとめ

ベッドの上で吠える犬

いかがでしたでしょうか。犬の『わがまま』は、無理に要求を通そうとしているのか、はたまた必要な要求であるかを判断基準にしましょう。また、『わがまま』には基本応えず、要求行動が修まってから応えたり、かまったりしてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。