犬が人を怖がっている時に見せる仕草3選!適切な対処法は?

犬が人を怖がっている時に見せる仕草3選!適切な対処法は?

ここでは、犬が人を怖がっている時の仕草を紹介します。犬のボディランゲージを知ることで、適切な接し方ができるようになるので犬との距離がきっと縮まると思います。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が怖がっている時の仕草①尻尾を下げる、体を低くする

尻尾を下げて怖がるチワワ

犬が人に対して怖がっている時の仕草の中で、最も多く見られるものです。お尻を下げるようにして尻尾を丸め、足の間に巻き込むような姿勢は犬が怖いと感じている時の典型的な姿勢です。垂れている尻尾は不安や自信のなさの現れで、体の重心を後ろに下げているような姿勢はいわゆる“へっぴり腰”になっている状態です。

犬が不安や恐怖を感じている時に尻尾を下げたり、足の間に丸め込む理由は肛門を隠すことで自分のにおい=情報を隠そうとしているということが考えられています。相手のお尻のにおいは嗅ぎたがるにも関わらず自分のにおいを嗅がれるのは嫌がる犬も少なくないように、警戒心を持っている相手には自分のにおい=情報を見せたくないのです。

犬がこのような様子を見せている時は、それ以上人の方から近づかないようにしてあげてください。その場からゆっくりと離れるようにするか、仲良くなりたい場合はじっと座って待って犬から近づいてくるのを待つようにしましょう。

犬が怖がっている時の仕草②目線を合わせない

横を向くゴールデンの子犬

犬が尻尾を下げて低姿勢になっている場合は、怖がっていることがわかりやすいと思いますが、よく観察しないとわかりにくい仕草もあるので注意しましょう。

人に対して警戒心を持っていたり、怖いと感じている時に多くの犬は相手の人と目を合わせようとしません。犬が相手と目を合わせるのは、信頼関係が結ばれている相手とのアイコンタクトとして、もしくは相手への攻撃を考えている時だとされています。そのため、相手を怖いと感じている時、喧嘩やトラブルを起こしたくない時にはわざと目線を合わせないように視線をそらしたり、下を向いたりするのです。

また、不安を感じながらもやや興味がある場合にはその場で地面のにおいを嗅ぎながらウロウロしたり、弧を描くように遠回りしながら近づいて来たりすることも。これらの仕草は「あなたへの敵意はありません」という意思表示だと考えられています。

犬がこのような仕草を見せる時には強引に近づいたりすることはせず、犬が安心して距離を縮めることができるように優しく声をかけたり、静かに待っていてあげましょう。

犬が怖がっている時の仕草③吠える・唸る

歯を剥きだしている犬

犬が人に対して強い恐怖心を抱いている場合、唸る・吠える・歯を剥き出す・噛みつくなどの攻撃行動を見せることもあります。人に会った瞬間にこうした行動や仕草を見せることがあまりありませんが、上で紹介したような仕草やボディランゲージを無視されて人がさらに近づいてきてしまった場合などに攻撃行動に転じることがあるのです。

犬が人に対して怖いと感じて攻撃行動を見せるのは、「これ以上近づかないで」「触らないで」という警告の意味を持ちます。人に対して激しい攻撃性を見せる犬は、過去に人から嫌なことをされたり痛い思いをさせられたりと何らかのトラウマを抱えている場合が多いとされています。

特に虐待を受けていた犬や人と接触を持ったことのない犬などにこうした行動・仕草が見られる傾向にあります。その他にも、飼い主など気を許している相手以外には懐かず警戒心を持つ気質の犬もこのような仕草を見せることがあります。

このように人に対して強い恐怖心、警戒心を持っている犬に対しては、決して安易に近づかないようにしましょう。犬は最大限の警告を出しているので、その気持ちを無視してはいけません。

「近づかない、何もしない、だから怖がらなくていいよ」ということを伝えるために犬と目を合わせないように顔や体をわかりやすく横に向け、ゆっくりとその場を離れて距離を取ってあげるようにしてください。トラウマを抱えている犬と距離を縮めるためには、長い時間を必要とします。

まとめ

首をかしげる犬

犬が人を怖がっている時には、尻尾を丸めて体を低くしたり、目線を合わせないように地面のにおいを嗅いだりする仕草が見られます。怖がっている犬に対して強引に近づくことはNGですが、犬が怖がりながらも人に対して興味を示しているようであれば、その場に留まって犬の方から近づいて食てくれるのを待ってあげるといいでしょう。

また、強い恐怖心や警戒心を持っている場合は吠える・唸る・噛むなどの攻撃行動によって人を近づけないようにすることもあります。ここまで強い恐怖心を持っている場合は、不用意に近づくと本当に噛まれてしまうこともありますし、犬は「警告が伝わらなかった」と感じてより人を怖がり嫌いになってしまいます。

このような場合は犬の攻撃行動が収まる距離まで離れるようにし、訓練士やドッグトレーナーなど専門家の指示のもと犬との関係性づくりを行うようにしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。