犬の『尊敬サイン』5選!尊敬している人にだけ見せる行動とは?

犬の『尊敬サイン』5選!尊敬している人にだけ見せる行動とは?

犬と深い信頼関係を築けたとき、犬は尊敬している人にだけ見せる仕草や行動があります。他の人に対して行う仕草や行動と明らかに態度が異なる『尊敬サイン』、あなたはいくつ当てはまりますか?

はてな
Pocket
お気に入り登録

1.いうことをすぐ聞く

見つめる犬

愛犬と信頼関係を築けて尊敬されるようになると、いうことをすぐ聞いてもらえるようになります。例えば愛犬と良い関係を築けていると「おいで」と一声かけただけで、ずっとスタンバイしていたかのように愛犬が「飼い主が呼んでいる~!」と嬉しそうにササっ!とかけ寄って来てくれることがよくあるそうです。

おそらく、大好きな飼い主が呼んだり構ったりしてくれるのを待っているのでしょう。なんとも忠犬的な可愛らしい尊敬サインといえますね。

ちなみに家族みんなが愛犬と信頼関係を築けていても、一番尊敬している人のいうことしかすんなり聞かない。そういった犬はわりといるみたいですよ。ですので、誰のいうことに一番早く反応するのか調べてみると、愛犬が家族の中で誰を一番尊敬しているのかが分かるといえるでしょう。

2.何かあったら守ろうとしてくれる

飼い主の前で吠える犬

犬にとって『尊敬する人』は大好きな人であり大切な仲間となります。そんな尊敬する人の身に危険が迫っていると感じたとき、犬は自分の体を使って一生懸命守ろうとすることがあるのです。

見知らぬ人が家を訪ねてきたときに「誰だ君は!飼い主に近づくな!」と吠えて威嚇する。散歩中に挙動不審な人物を見かけたときは「飼い主!あの人なんか怪しいよ!」と知らせながら警告する。といった具合にボディーガード的な行動をしてくれることがあるそうです。

これらの行動は犬が自分の身を守るために行っているともいえますが、同時に尊敬している飼い主の身に危険が近づかないように行っているといえるでしょう。

また、家族同士でケンカをしているときは尊敬している人の味方をして一緒に相手に向かって言い争ったり(吠えたり)、尊敬している人が叩かれそうになると「何をするんだ!」と守るようにして相手の前に立ちはだかり威嚇したりすることが多いそうですよ。

家族同士でも尊敬している人を優先するって、まさに尊敬している人にしか行わない特別な行動といえそうですね。

3.元気よくおかえりをしてくれる

見つめる2匹の犬

犬を飼っている人の多くは、お出かけから帰ってくるといつも愛犬がおかえりをしてくれる。という経験をしていると思います。そんな犬がおかえりをするという行動は当たり前のように思うかもしれませんが、実はおかえりには色々な種類があるのです。

例えば、信頼関係を少し築けているだけの場合は一応愛犬がお出迎えをしてくれるけれど、「なんだぁ、君かぁ」といった感じで顔を確認したらすぐに部屋に戻っていく、といったケースが多いそうです。

そして、ある程度信頼関係が築けていると、「あっ!飼い主おかえり~!」と喜びながら迎えてくれることがよくあり、玄関でおかえりの挨拶を終えると満足したようにそそくさ~っと自分の寝床へと向かっていきます。

実はこれ以外にもまだおかえりの方法があるのです。尊敬している人に対しては玄関で元気よくお出迎えした後、愛犬はひとりで部屋に戻らないで飼い主と一緒に部屋に戻りたがることがあります。おそらく大好きな飼い主と少しでも一緒に思っていたり仲良く部屋に戻りたいと思っているのでしょうね。

もちろん、愛犬の性格やしつけ方によって態度が異なり、尊敬されていてもおかえりの挨拶をしたら愛犬はひとりで部屋に戻っていく。ということもあると思いますが、一通りお出迎えをした後でも尊敬する飼い主と一緒にいたがる犬はたくさんいるそうですよ。

4.気づくと側にいる

飼い主の側にいる犬

ふと気づくと愛犬がいつも側にいる。こういった犬の行動も立派な尊敬サインといえるでしょう。私たち人間も大好きな人や尊敬する人がいると、一緒に時間や空間を共有したいと思うことってありますよね?犬も同じなのです。

尊敬するほど好きな飼い主の側はとても居心地が良くて安心できるので、無意識に側にいたいと感じるのでしょう。また、愛犬が体の一部をあなたの体にくっつけながら一緒にいる場合は「大好きだよ~」「君を信頼しているよ」というポジティブな気持ちをあなたに伝えているといえます。

側にいる愛犬が鼻や頭をゴツンっと当ててくるときは大好きな飼い主に甘えている可能性が高いので、可愛がってあげるととても喜ぶと思いますよ。

5.苦手なことをされても我慢する

口をいじられる犬

犬は尊敬している人に苦手なことをされても我慢する傾向が強いといえます。

  • マズル(鼻周り)を触る
  • 口をグイっと触りながら口の中を覗く
  • 歯磨きをする
  • 足の先っぽを触る
  • しっぽを触る
  • 仰向けにする

これらは通常なら「触らないでよ~」と犬が嫌がってしまうことが多い行為なのですが、信頼関係がしっかり築けていて犬から尊敬されていると、「仕方ないなぁ」と嫌がりながらも我慢して触らせてくれることがよくあります。

犬から尊敬されている人が行える特別な行為といえるかもしれませんね。ただ、いくら愛犬と信頼関係をしっかり築けていても頻繁に嫌がることをしてしまうと嫌われてしまう可能性がありますので、必要なとき以外は愛犬が苦手なことはしないであげてくださいね。

まとめ

幸せそうな犬

今回は尊敬している人にだけ見せる犬の行動を5つご紹介しました。どの尊敬サインも『大好き』『信頼している』『尊敬している』といった気持ちが伝わるものといえますよね。

また、愛犬と深い信頼関係を築けると、ご紹介した尊敬サイン以外にも特別な行動をしてくれるようになることでしょう。愛犬ならではの尊敬サインや愛情表現にたくさん出会えるといいですね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    1と5は当てはまりますが、あとは全く当てはまらないので、私はあまり信用されていないことになりますね。うちの子は、私を守るのではなく、私に守ってもらうものだと思っているようだし、怖い時や体調の悪い時以外はベッタリくっついてこないし、よほど長い留守番でない限り、帰宅しても、平然としています。私に問題があるのかもしれませんが、この子の性格によるものかなあ…と思います。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。