チワワのイザベラ その魅力について

チワワのイザベラ その魅力について

お気に入りに追加

チワワはコンパニオンドッグの中でも人気が高く、アップルヘッドと呼ばれる丸い頭部や小さな身体が特徴です。毛色も多様で、その中でもイザベラは希少で人気のあるカラーです。

28080view

寝ているチワワ

人気の毛色イザベラについて

犬の中でも超小型犬に分類されるチワワ。身体は小さいですが、元気で好奇心旺盛な犬です。
そのチワワの毛色には多くの種類があり、特にレアカラーと呼ばれる珍しい毛色は、外見のかわいらしさをより魅力的にみせ、非常に人気があります。

ブルー、グレー、イザベラ、マールの毛色について

チワワのレアカラーにはブルー、グレー、イザベラ、マールがあります。
イザベラとは、チョコレートが少し色褪せたような色で、両親ともイザベラの場合、産まれる子供は100%イザベラですが、イザベラの因子がない場合でも、まれに子供はイザベラが産まれることがあります。
その場合は、両親のどちらか一方が毛色が薄いチワワでの繁殖でイザベラが産まれやすくなります。

イザベラという毛色は他の犬にもある毛色ですが、チワワのイザベラの中では、ブラウン系やアイボリー系のイザベラをよくみかけます。
また、イザベラは遺伝子的に弱い子供が産まれることが多いので、病気にかかりやすくあまり丈夫ではありません。
そのため、小犬の時には健康面での注意が特に必要ですが、そのように病気にかかるリスクが知られていても、イザベラは人気があります。
ペットショップなどで販売されるとすぐに売れてしまい、なかなか購入できないほど人気の高い毛色です。

購入に際して注意したい点

実際の店舗で、販売されているイザベラのチワワを近くで見ることができたり、抱っこができる場合は、健康面は管理がしっかり行われている確率も高く、安心できます。

ネットショップで販売されている場合は、写真や画像だけで判断しなければならない為、特に注意が必要です。
実物を見ずに購入した場合、購入後にすぐに死んでしまったり、運んでもらう途中で死んでしまうという事もあるようなので、ネットからの購入は慎重になった方がいいかもしれません。

せっかく我が家に迎えるのだから、すぐにお別れなんて、そんな悲しい思いは誰だってしたくないはず。
そうならないためにも、信頼できるブリーダーさん、ペットショップを選びましょう。

家に来てからは、適切な予防接種をしてあげてください。いつまでも健康で長生きしてもらいたいですね。

チワワのイザベラの魅力

チワワのイザベラの魅力は、チワワ特有の形と小ささだけではありません。

最大の魅力はその毛色の色合いです。

茶色やアイボリーに白が加わって、まるでぬいぐるみの熊のように見えます。
ぬいぐるみは動くことはありませんが、かわいいチワワが動くその仕草の一つ一つに魅了される方も多いことでしょう。

そして、その美しい毛並みを維持するためには毎日のブラッシングは欠かせません。
ロングコートはもちろんですが、スムースのチワワもブラッシングは皮膚の清潔を保つためにも必要です。

もしブラッシングが十分でない場合、皮膚炎を起こす可能性もあります。
皮膚炎は毛が抜けてしまうだけでなく、かゆみも伴いますのでブラッシングは十分に行いましょう。
ロングコートの場合は、定期的にカットも必要で、特におしり周り、足のポーの部分の毛が伸びるので大好きなお散歩の時に困らないようにお手入れが必要です。

カットの時に爪も短く切る事、耳の掃除も忘れずにこまめに行いましょう。
自分でできない場合はプロにお願いしましょう。

また、室内犬として飼われていても、外出する事も重要です。
外の空気を吸って日光にあたり、運動することで骨が丈夫になります。

まとめ

このように、イザベラは魅力的なチワワの中でも特に目立つ存在です。

甘え上手で飼い主の抱っこが大好き。家族に対してはとても従順なのですが、他の犬や人間に対しては警戒心が強いので、吠えたり噛んだりという、飼い主としては「してほしくないな」と思う事をしてしまう場合もあります。

できるだけお散歩などの外出時に、他の犬や人に慣れさせましょう。
そうしないと家を訪問した人などに吠え続けたり、噛みついたりといった事が起こってしまいます。

大きな犬だと大問題になる事が、チワワだと体の小ささから相手も笑って済ませてしまう事が多いかもしれませんが、それを許すと「知らない人には吠えても噛みついても良い」という認識を与えてしまいます。
時々は散歩や外出で社会性を身につけて、しっかりとしつけるよう、心がけましょう。

そして家族の一員、社会の一員として、最後まできちんとお世話をする事が飼い主の責任となります。

大事な愛犬が人に嫌われてしまう事はとても悲しいことですので、その事を心に留めて家族として迎え入れましょう。

大人しくしているチワワ

▼チワワについて詳しく知りたい方はこちら

チワワ犬辞典

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 まっしゅるーむ

    ブルーマールなどは見かけますが、イザベラカラーは見たことも聞いたこともなかったです!
    あまり見かけない珍しいカラーですね。普段見かけるチワワは、ブラックタンやワンカラーの子が多い気がします。
    イザベラに限らずですが、レアカラーの個体は他カラーの子に比べて身体が弱い場合もあります。これは元々不安要素も多いのかな?という面もありますし希少カラーを無理に繁殖させようとするブリーダーもいますから余計に身体の弱い子が増えてしまう原因になっていると思いますら。
    毛ぶきに関してはあまり良いとは言えないですが、イザベラカラーで毛ぶきが良いチワワなら、さらに希少になると思います。
    弱い場合もあるだけで、ほとんどの子は特に問題ないと思うので、少し珍しいカラーの子を迎えたいと考えている方にはぴったりなのかもしれないですね。
    イザベラカラーなどのレアカラーでなくても、チワワは小さくて勇敢な面もあり可愛い犬種ですよね。小さく可愛らしい見た目とは裏腹に意外と吠える、噛むなど問題行動をしてしまう事もしばしば。私の中で小型犬で噛むイメージが強いのはチワワなんですよね。飼われている頭数が多いので目にする機会も多いからなのかもしれませんが、噛む子が本当に多いです。
    話を聞いていると比較的噛むわんちゃんは社会科期にあまり散歩に行かない感じで過ごしたかが多い気がします。噛み癖はなかなか直すのが難しいです。子犬の時期からすこしづつ色んな経験をさせてあげると良いと思います。
    イザベラカラーは陽に当たるとまた色味が違って見える姿など魅力的な面がありますね。
  • 投稿者

    女性 ちわママ

    イザベラカラー…確かに素晴らしく美しくとても綺麗な色です。人間は好みの色が誰にでもありますし、出来る事なら愛犬がその色であればと思う気持ちもなんとなく分かります。
    でも、個人的には色で犬を判断する事が全くありません。
    インスピレーションと言うのでしょうか?私的なお話ですが、甲斐犬か柴犬かシュナウザーを家族として迎える予定だったのですが、選んだ我が家の愛犬はなんとチワワです。
    何件もショップやブリーダーさんをめぐり、中々決心つかない日々が半年くらいあり、もう愛犬探しに疲れてしまい、少し延期しようと決めた数分後、新しく開店したショップの側をたまたま通りかかりました。
    そして、白い柴犬ちゃんを見ていたのですが、なぜか全く候補に考えていなかったチワワが気になり、側に寄ってみました。抱いた瞬間「あっ、この子だ!」と、即決しました。
    そもそも色については考えた事がなかったです。
    でもおそらく、私は犬を飼う事自体が初めてでしたので色や犬種について深くは考えてなかったのでしょうね。
  • 投稿者

    女性 べる

    チワワにはいろんな毛色があるんですね。イザベラ、ははじめ犬の名前かと思っちゃいました。あまりチワワは好きでなかったのですが、仲の良い友人が飼い始めて、子犬から頻繁に会わせてもらっているうちに好きになりました。苦手だった気の強さも、今ではかわいい魅力となりました。利発で甘えん坊、なによりあのうるうるの瞳がたまりません。
  • 投稿者

    50代以上 女性 わんまま5

    我が家にはイザベラの♂7歳がいます。初めてこの子と会った時にはカラーより2か月なのに大きかった印象が強く、珍しいカラーというのは我が家に来て暫くしてからでした。希少色の場合、問題があるようなことが多いと聞いたことがあり、三度目のワクチン接種後アレルギーがでたり、バランス感覚が悪かったりと不安なことばかりで内心3歳まで生きてくれたらと・・・そんな心配はいつ頃からかなくなり今ではとても元気で甘えん坊で時々あれ?天然?と思うほどオトボケな動作をすることもあります。家には他に13歳2匹と7歳・5歳のワンコがいます。我が家の犬社会ではバランスよく自分がどの位置にいればいいのか賢く立ち振る舞ってくれています。チワワの噛み癖が強いとコメントがありましたが、チワワが?何か誤解されているのではないでしょうか?どんな子でも育つ環境が一番の問題だと思います。我が家のワンコは知らない人には吠えますが、飼い主と人が接触すればピタッととまり、増しては歯を向けるようなことはありえません。ただ一度だけ主人に歯を向けた時には理由があったので主人を叱りました^^わんこが嫌がっているのに酔った勢いでかまってるので・・・長文になってしまいましたが、チワワが噛み癖が強いという誤解は悲しくなりました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。