犬は柿を食べても良いの?わんちゃんに与える場合の量や注意点

75520view

犬は柿を食べても良いの?わんちゃんに与える場合の量や注意点

犬に柿は食べさせても大丈夫なのでしょうか?動物病院で仕事していると、飼い主さんに「うちの犬に柿をあげても良いですか?」と聞かれることが多々あります。ですので、診療中には詳しく説明できない「犬」と「柿」の関係について、わかりやすく記事としてまとめました。簡単な柿のおやつレシピ?もあります。また、犬に柿を食べさせる際の栄養素や注意点についてなども解説していますので、柿の美味しい季節になったとき、犬に食べさせることがあったら是非参考にしてみてくださいね。

カキ

柿などのフルーツを愛犬に与える飼い主はとても多い

柿が美味しい季節になると、ついつい愛犬にも食べさせてあげたくなりますよね。
獣医師として飼い主さんの相談を受けている際に気づくのですが、意外にフルーツを犬に与えている方が多いようです。

ですので今回は、秋の美味しいフルーツである「」を、犬に与えてよいのかどうかについて説明しましょう。
栄養面、注意したい点、しつけ面などについてもお話ししますね。

犬は柿を食べても良いの?

結論から言いますと、柿は犬に与えても健康に害はありません。
まずは柿の栄養面について説明します。

柿は栄養面で犬のためになる成分が入っていない

柿の栄養成分について

柿は、主に繊維質・ビタミン・果糖・水分が含まれる食物です。

しかし、犬の健康にとって必要な成分は全く含まれていません。ですから、犬に柿をあげてもなんの役にも立っていないということです。

役に立たないどころか、果糖は非常に高カロリーなのでカロリーオーバーになりがちです。

猟犬などとは違って、パートナードッグは運動量が少なく肥満や糖尿病を発症しやすい傾向にあります。

甘い果物は食べ過ぎに注意しないと肥満・糖尿病を引き起こす原因になります。

消化に悪い柿

人間でも同じですが、食物繊維が多く果肉の硬い柿は決して消化しやすい食材ではありません。たべても害はなくても、消化にわるい食べ物をたくさん食べることでお腹を壊します。

まれに、よく噛まずに飲み込むことで胃腸に詰まることもあるので気を付けましょう。与える際は、薄くスライスして丸のみしないサイズを心がけましょう。

渋柿だって平気で食べます

みなさんの中には、渋柿をかじって口の中が大変なことになった方もいらっしゃることでしょう。 あの口の中がシパシパするような感覚は、齧ったことがない人にはわからない感覚ですよね?
驚いた事に、犬は渋柿も平気で食べてしまいます。平気というよりはむしろ美味しそうに食べます。

一説には、「犬には苦味を感知する器官がない、もしくは苦味にとても鈍いのではないか」と言われています。

山道の散歩中などで、愛犬が落ちている柿を美味しそうに食べているからと言って、試しに齧るのはやめましょう。もしかしたらそれは、渋柿かもしれませんよw

犬に柿を食べさせるときの注意点

カットした柿

獣医にやってくるワンちゃん、果物をよくもらっている子は下痢で通院することが多い傾向にあるようです。

柿は水分と繊維質が多く、たんぱく質や脂肪を消化することが得意な犬の胃腸には負担をかけます。
喜ぶからといって、与えすぎることのないよう気を付けましょう。

前の項目でもお話ししましたが、ブロック状の柿を丸呑みしてのどに詰まらせることもあります。また、よく噛まずに食べることで胃腸で消化できない柿が詰まって胃切開手術をする場合もあります。

人間と違って、すりつぶすように噛むことのできない犬は、丸呑みしやすい傾向にあります。犬に柿を与える際は、薄くスライスするか細いスティック状に切って与えましょう。

一度にたくさん与えるのも良くありませんよ。

しつけ上の注意点

果物を犬に与えたい、とおっしゃる飼い主さん。大事なことを見逃している場合がとても多いんです。

それが「どういう状況で柿を犬に与えたいか」です。

柿を犬のためだけに、剥いて切って出す飼い主さんはめったにいらっしゃいません。大抵の皆さんが、「自分が柿を食べる時に欲しがるので与えたい」ようです。

でも、ここがしつけでのマイナス面になります。

飼い主さんが食べる柿を、一緒に愛犬が食べるというのは望ましくありません。

実は犬は精神構造上、オオカミの特性を色濃く残しています。

オオカミは、獲物をリーダーが食べ終わるまで下位の犬は絶対に口をつけません。リーダーが満腹になって、席を離れると下位の犬たちが食事できるようになっています。

家庭内では飼い主がリーダー、愛犬は下位の犬であるべき

飼い主さんから悩みの相談で多いのが「散歩中、ほかの犬にほえかかる」というものです。

そのほかにも「自宅にくるお客さんにほえて困る」なども犬のリーダー感覚が原因で起こるしつけトラブルです。

食卓で食べる美味しい柿を、愛犬と分け合う。

こんな些細なことが積み重なると、犬は飼い主をリーダーと思えなくなります。そうなると、群れのリーダーが必要だと考えて「自分がリーダーになろう」と考えてしまうのです。

でも、体の小さな犬が大きな人間を守るのはとても大変ですよね?

散歩中に会うほかの群れの犬にほえたり、テリトリーに入ってくる知らない人間にほえる。これは犬がリーダーであろうと努力している証拠です。

普段のほんのささいなおやつタイムが、こんなトラブルの原因になることもあるんですよ。

柿でつくる犬用の簡単おやつレシピ

子犬

せっかく柿のシーズン、お得に購入した柿を簡単におやつにしてみましょう。

まず、柿の皮をむいて、薄くスライスします。

次に、耐熱性の皿にキッチンペーパーをしいて、重なり合わないように柿をならべ、電子レンジで10分ほど様子を見ながら加熱します。(焦げたりすることもあるので離れず様子をみながら行ってください)

そのまま取り出して、冷ますと簡単柿チップの完成!

市販のドライフルーツは砂糖が加えてあって甘すぎたり保存料が心配ですが、この柿チップなら密閉容器にいれて冷蔵庫で保存すれば、安心してあげられるおやつになりますね。

加熱することで、硬く消化しづらくなるので小さめにカットして与えましょう。

犬に柿を食べさせることのまとめ

以上の内容から、柿は犬が食べても問題ないおやつになることがわかりますよね。薄くスライスして、量に気を付けて与えましょう。

さらに、飼い主が食べるお皿から貰って一緒に食べるのではなく、別の機会にもらう方が愛犬が混乱しなくて済むということもわかりました。

大好きな飼い主さんから、甘くておいしい柿をもらうときの愛犬の幸せは、なににも代えがたいものです。

愛犬の健康のためにも、しっかり飼い主がコントロールして楽しいおやつタイムを楽しめると良いですね。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

みんなのコメント

5件

  • 30代 女性 TIKI

    確かに、犬に果物をあげるケースは多いですよね。我が家もバナナやリンゴなどをおやつにあげてしまっています。果糖が多い点は注意しなければいけないですね。
    記事にあるように、柿は人間が食べるサイズでは犬にとって大きすぎてノドに詰めやすいとの事で、もしどうしてもあげたい時は、小さくしてあげた方がいいと理解できました。
  • 20代 女性 こなつ

    うちの子も柿はだいすきです!!もちろんわんちゃんは基本何でも丸呑みするから見張っていますし、小さく切って与えています!果物は栄養もたくさんあるものが多いので気をつけながら与えたいですよね!
  • 20代 女性 すず

    わたしは、わんちゃんに柿を与えたことはないですが今回この記事を読んでみて適量であれば与えていいということであったので、我が家のわんちゃんはフルーツが好きなので小さくカットして少しおやつに与えてみたいと思いました。でもおやつでお腹を下したらかわいそうなので喜んでも少量だけにしようと思います。
  • 30代 女性 もこじ

    昔散歩中に落ちてる柿を犬が食べてしまったことがありました。なんでもかんでも勢い良く食べてしまう子だったので、私の監視不足だったのですが、柿の木の下を歩いていたら上からボトっ!と落ちてきた柿目掛けてバクっと!食べてしまいました。さすがに種は食べませんでした。
    しばらく様子を見ていましたが、全く異変もなく、朝ご飯夜ご飯もペロリでした。食べても大丈夫な食材と言うことは知りませんでしたが、ある程度口にして良い物、悪い物を把握しとかないと散歩中も気が気じゃないですね。しかも渋柿も大丈夫とか…、犬って恐るべし!
  • 30代 女性 ちな

    恐らくうちの子は食べ物に関してのしつけは厳しい方です。家でもよし、がないと絶対食べない。散歩中も、他の犬の飼い主からはおやつを貰わせない。基本的に飼い主である私達がOKを出さないと食べさせないようにしています。何故なら散歩中に不用意に落ちてる物を食べさせないようにする為です。うちの子は甘いもの大好きです。スライスしたリンゴが大好物で、差し出すと涎が出ちゃったり。でも胃腸はそんなに強くないらしく、たまに何でもなくてもお通じが緩くなったりします。昔ですが、まだ飼い初めの頃。犬友のご近所付き合いが上手くいかず、貰えるものは貰ってうちの子にあげちゃってました。その中に果物があったのです。犬を飼ってる人がくれるのだから、うちの子も大丈夫。そんな先入観があったのです。でも、人間にも個人差ありますよね。犬だって同じです。他の子が大丈夫でも、うちの子も大丈夫の保証がないのです。ここまで読んで頂けたら、もう先は分かりますよね。案の定うちの子は下痢するは嘔吐するは大変でした。私達飼い主が、もあります。でも当事者の犬だって大変だったと思います。だって守ってくれるはずの飼い主がOKしちゃったら・・・。食べちゃいますよね。

    しかも自分の好きな物ですもん。あれほど自分の無知と無責任さに悔しくなった事はありません。そんな事があったので餌やおやつに関しては我が家は厳しいのです。でもそれはうちの子を守る為なのです。
    多分恐らく、果物好きな犬は多いと思います。水分や糖分が多いですから。でも犬の体の個人差があることを忘れないで欲しいです。もし食べさせるのであれば、お家で細かく切った果物を少しずつあげてみて下さい。それで食べれそうならゆっくり上げてください。きっとわんちゃんは、嬉しがると思いますよ!

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!