なぜそこに?犬が『テーブル』や『イス』の下でくつろぐ心理3選

なぜそこに?犬が『テーブル』や『イス』の下でくつろぐ心理3選

「愛犬の姿が見えない」と部屋の中を探し回ったら、なぜかテーブルやイスの下にいた…という経験はありませんか。薄暗く、狭い場所でまるでくつろぐように居座る愛犬…いったいどのような心理でテーブルやイスの下に入り込んでいるのでしょうか。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬は狭くて暗い場所が好き!

暗い場所に居る犬たち

今回は「どうしてそこにいるの?」と思わず不思議に思ってしまうような場所で、愛犬がくつろいでいる時の心理をご紹介していきます。その前に、まずは犬の基本的な習性を理解して頂こうと思います。

本来、犬は自分の身を外敵から守ってくれるような狭くて暗い場所が大好きです。狭い場所は自分以外の存在を入れることはありませんし、暗い場所は外敵から見つかりにくいということもあり、安心感があるのです。

また、犬は通常の明るさ(昼間や電気が点いている部屋の中など)よりも、暗闇にいる時の視力の方が良いと研究の結果判明しています。そのため、明るい場所よりも暗闇の方が、犬にとっては行動しやすい場所でもあります。

犬が『テーブル』や『イス』の下でくつろぐ心理

イスの下のミニチュアダックスフンド

犬は本能的に暗くて狭い場所が好きであるという習性を踏まえて、なぜ犬が『テーブル』や『イス』などの下でくつろぐのか、その心理を考えていきましょう。

犬の習性を理解することで、より感覚的に犬の心理を理解することができますし、中には「私も狭くて暗い場所が落ち着く!」というような、人間でも同じような感覚を持っている方もいるかもしれませんね。

1.落ち着くから

まず最も大きな理由は「狭くて暗い場所が落ち着くから」です。テーブルやイスの下であっても、真っ暗ではありませんし、前後左右は開いているため、完全なる狭い場所とはいいきれません。

しかし、愛犬が自由に過ごせる部屋の中を想像してみてください。他に愛犬が入れる場所で、狭く薄暗い場所はあるでしょうか。多くのご家庭ではあまり見当たらないかと思います。

その中でも、犬は本能的に落ち着ける場所、つまり狭くて薄暗い場所を探し当て、自分なりにリラックスできる場所を探し出したのでしょう。

2.眠るのにちょうどいい

狭い場所で眠る柴犬

昼間や電気が点いている時間の室内は、当たり前ですが明るいです。そのため、犬が「眠いな。寝ようかな」と思っても、なかなか眠りに就けません。

そんな時、他の場所よりも薄暗い場所があれば、「ここなら少しくらいから眠る場所にちょうど良いかもしれない」と愛犬なりに考え、自分がくつろぎ、眠れる場所として選ぶこともあるでしょう。

3.不安なことがある

不安そうな犬

テーブルやイスの下は、犬にとって落ち着ける場所であるということは、ここまで呼んで頂いてもご理解頂けたと思います。中には、自分にとって不安なことがあったり、アクシデントが起きたことで、テーブルやイスの下に逃げ込んでいることも多いです。

狭く暗いテーブルの下やイスの下に逃げ込むことで、自分の気持ちを落ち着けることができ、そのままくつろいでしまっているケースです。

例えば、外から工事の音が聞こえ、それに対して怯えていたり、自分が何か悪い事をしてしまったという自覚から隠れていたりと、その時の状況や環境、愛犬の行動によって理由は異なります。

不安からテーブルやイスの下に隠れている場合、様子を見に行くと、上目遣いでこちらを覗うような表情を見せます。「何か恐怖を感じている」と飼い主側も気付くはずです。何が原因で不安になっているのか突き止め、適切な対応をとりましょう

まとめ

テーブルの下に入るパグ

いかがでしたでしょうか。犬がテーブルやイスの下でくつろぐ理由は、根本的にその場所が犬にとって落ち着く場所であるからです。その中にもさまざまな理由が隠されているので、愛犬の心理を読み取り、適切な対応を取れるよう努力しましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 星のたてごと

    私の犬(チワワ)もあれ?いないなと思ったらよくテーブルの下に寝そべっています。暗い所が落ち着くのですね。小さいので踏まないように気をつけています。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。