犬が自分の足を噛んでしまうのはなぜ?考えられる原因と対処法

【獣医師監修】犬が自分の足を噛んでしまうのはなぜ?考えられる原因と対処法

ふと見ると、愛犬が自分の足をガジガジと噛んでいること、ありませんか?あまりにしつこく噛んでいると、どうしたのかなと心配になってしまいますよね。今回は、わんこが自分の足を噛む原因と対処法をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.暇つぶし

暇そうな犬

わんこが自分の足を噛んでいる理由のうちの一つは「暇つぶし」です。ソファの上やハウスの中でくつろぎながら、やることもないから、手近なところにある自分の足を手持ちぶさたに何となくガジガジ。人間の子どもが「指しゃぶり」をするのに少し似ているのかもしれません。

また、中には、以前に足を噛んでいたら、飼い主さんが「どうしたの?」「どこか痛いの?」と声をかけてくれた経験から、飼い主さんの気を引きたくてわざと足を噛む子もいます。いずれにしても、「暇だからかまってほしいなぁ」「遊んでくれないかなぁ」という思いから来ている行動です。

気にしなくても大丈夫

暇つぶしで足を噛む行為は、特段気にしなくていい場合がほとんどです。暇つぶしにやっているだけですから、他に気をとられることがあればすぐにやめます。逆に、無理にやめさせたり禁止する方がわんこのストレスとなってしまう可能性があります。気軽に見守ってあげましょう。

2.ストレスを感じている

寂しそうな犬

暇つぶしと並んで多い原因が、ストレスによるものです。「暇」がストレスとなっている場合には、暇つぶしとほぼイコールと捉えることもできるかもしれません。

他にも、雨が続いてお散歩に行けずに運動不足、引越しをして環境が変わった、新たに同居犬を迎えて家族構成が変わった等、わんこは日常の中の変化を敏感に察知して、ストレスを抱えてしまうことがあります。

この場合、暇つぶしや手持ちぶさたで噛んでいるときとは違って、四六時中、しつこく噛みつづけるのが特徴です。

ストレスの原因の解決を

ストレスによる足噛みを放置していると、噛み壊して出血してしまったり、皮膚炎を引き起こしてしまったりといったリスクが考えられます。

また、当然、ストレスを溜め込むこと自体がわんこの心身にとっては悪影響です。ストレスによる足噛みへの対処法は、ズバリ、わんこのストレスの原因を把握し、ストレスを解消してあげることに尽きます。

特に多い原因は、運動不足。心当たりがある場合には、お散歩やおもちゃでたくさん遊んであげ、ストレスを発散させてあげましょう。

3.足に異物が付いている

リードをくわえている犬

お散歩の後やお外から帰ってきた後、急にしつこく足を噛みはじめたら、足の裏に何か異物が付着している可能性が高いと考えられます。

肉球の間に小石が挟まってしまって取れなかったり、お散歩中にガムを踏んでこびりついてしまっていたり、ガラスを踏んで肉球が傷ついてしまっていたり、また、マダニが足の裏に噛みついていたりなんてことも!

お散歩の後は、心身ともに満足していることが多いですから、それにもかかわらず足をしつこく噛んでいる場合には、足の裏の異常を疑ってみましょう。

お散歩の後には足裏チェック

室内飼いのわんこの場合には、お散歩から帰ったら足を洗ったり拭いたりしている家庭がほとんどだと思います。何となくルーチンで足を洗ったり拭いたりするのではなく、そのタイミングで、足の裏に異常がないかをしっかり確認してあげるようにしましょう。

足の裏に異物があった場合、飼い主さんが取ってあげることができれば一番ですが、飼い主さんが無理に取ろうとすると嫌がって抵抗してくることもあるかもしれません。その場合には、動物病院を受診しましょう。

4.皮膚炎を起こしている

犬の足の裏

皮膚炎による痛みやかゆみから、足を噛んでしまうこともよくあるパターンです。特に、犬種によっては皮膚炎を起こしやすい子がいます。気づかずに噛みつづけているのを放置してしまうと、症状が悪化してしまうので、早めの対処が必要です。

皮膚炎を起こしている場合には、患部が赤くなったり腫れたりしているのですぐにわかります。おかしいなと思ったら、足の裏を確認してあげましょう。

足の洗い方に注意・アレルギー検査等で原因の把握を

皮膚炎を引き起こす原因は、さまざまあります。最近では、足の洗いすぎで皮脂が不足してしまったために炎症を起こすこともよくあるので、お散歩後にいつも足をシャンプーしている、水洗いを丹念にしすぎている場合には注意が必要。また、水洗い後の乾燥が足りない場合も同様です。

足のケアのポイントは、目立った汚れがない場合は水拭き程度で済ませること、洗った場合には乾いたタオルでしっかり拭いて乾かすことです。乾燥してしまう場合は保湿剤やフットクリームを塗りましょう。

また、アレルギーが元となって皮膚炎を起こす場合もあります。その場合には、動物病院でアレルギー検査を受けて原因を明らかにし、適切な薬の処方を受ける必要があります。

まとめ

足を舐めている犬

いかがでしたでしょうか?ここまでご紹介したように、心配がいらない場合と動物病院の受診が必要な場合まで、原因はさまざまですが、大切なのは、愛犬のようすをしっかりと観察し、どのくらいの頻度で足を噛んでいるのか、どのような状況で足を噛んでいるのかを把握することです。

そうすることで、正しい対処法が見えてくるはずですよ。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 らいめろ

    うちの次男坊(ボーダー・2歳・♂️)は、パピーの頃から眠くなると横になってうっとり顔で後ろ足をパクパクします。赤ちゃんが指しゃぶりをする感覚なのでしょうか。
    肉球等にも異常はなさそうなので、やめさせようとしたことはありません
    それでなのかわかりませんが、靴下を履いたように白い足先が赤茶けてしまってますが
    やめさせた方がいいのでしょうか?
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。