犬は桃を食べてもいいの?アレルギーには注意が必要です

16351view

犬は桃を食べてもいいの?アレルギーには注意が必要です

犬に桃を食べさせてもいいのかな?お中元やいただき物のフルーツが沢山あるんだけど…どうしよう。そんな状況はありませんか?夏のフルーツの代表格、桃。桃は犬にとって良い食べ物かどうかを調べてみました。あなたと愛犬の暮らしに少しでも役立てたら幸いです。

犬に桃を食べさせても大丈夫?

木になる桃

結論から申しますと、犬に桃を食べさせる事は、△です…。
なぜ△なのかと言うと、桃の種は犬にとって有害な成分が含まれているからなんですね。

桃の種にはアミグダリンといって、消化分解される時にお腹の中で、青酸化水素を発生させる物質が含まれているのです。

じゃあ、桃の種をあげなければ問題ないのか?と言うと、それもまた少し違ってきます。桃の果実には、ごくわずかですが実や葉の部分にも種と同じ成分を含んでいるため、与え方や与える量には注意が必要なんです。

タレントの東MAXさんが、『以前、桃アレルギーで急性アナフィラキシーショックを起こした』というニュースでも話題になりましたが、桃はアレルギー食品としても有名です。ですので、アレルギー体質の犬に桃を食べさせる場合には、より注意が必要になってきます。
また、アレルギーの無いわんちゃんも人間と同じで、水分と繊維質の多い食べ物を摂取することで、一時的に、軟便や下痢になる事もあります。

もちろん、犬に桃を食べさせると良いこともあります。
桃の実には、カテキンやカリウム、ペクチンなどが多く含まれているため、プラスαの栄養補給として役立つのです。しかし、桃の種はやはり危険なので、集中して調理したのちに与えてあげてくださいね。

犬に桃を与える場合の注意点

与える量と与え方に注意が必要です。

初めにお話ししましたが、桃の実にも極わずかなアミグダリンが含まれているようです。そして、アミグダリンは、未成熟な実ほど多く含まれ、完熟するほど少なくなります。

ですので、どうしても犬に桃を食べさせるのであれば、完熟した桃の、皮と種を取り除いた実の部分だけを、少しあげる程度にされると良いのではないでしょうか。

毒性の話ばかりしてしまうと、犬に桃を食べさせるのは良くない様に思えますね。
しかし人間の青酸化水素の致死量は60ミリグラムで、これは、青梅を100個~300個食べた時に体内で発生すると言われている青酸化水素の量なんだそうです。

ですから、仮に桃の実一個を(実だけ)犬に食べさせたとしても、青酸化水素による健康被害の心配は、まずないでしょう。

とは言え、ワンちゃんも個体差や体格差があるので、桃の与え過ぎには注意が必要です。

もう一つ注意しなくてはいけないことは、桃の与え過ぎによる下痢です。

フルーツは栄養価が高く、天然のサプリメントとしての効果が期待できる反面、桃の様な、水分や繊維質の多い食べ物は、軟便や下痢を起こしやすいので、そういった面からも桃を一度にたくさん食べさせない方が良いでしょう。

桃を見て舌なめずりをする犬

これは私個人の考えですが、うちの子(4kg)に食べさせるなら、8分の1以上は与えません。大きな桃であれば16分の1でも、お腹を壊しやすいうちの子には多いかも知れません。

更に、冷蔵庫から出したばかりの冷え冷えの桃より、常温の桃を小さく切り分けて与えると、消化の助けにもなっていいと思います。

それから、缶詰めの桃はおススメ出来ません。
生の桃にだって沢山の糖分が含まれているのに、お砂糖たっぷりのシロップ漬けの桃は、こういう桃は犬にとって「百害あって一利なし」です。

桃の種は確実に取り除いて直ぐに廃棄!

半分に切られている桃

既に何度もお話ししてきましたが、桃の種には実よりも多くのアミグダリンが含まれているので、食べさせないようにしましょう。

そして、毒性よりも怖いのは、ワンちゃんが桃の種を口にして、種を飲み込んでしまう事で、喉や腸管に詰まらせてしまう恐れがあることです。

喉に詰まらせてしまった場合は、犬を逆さにして振る、背中をたたく等の処置が必要になります。少し乱暴に感じますが、愛犬を助けるという気持ちで行ってください。

また、上手く飲み込んだ場合でも、ウンチと一緒に排泄されるか観察して、排泄るのを必ず確認しましょう。(正常に排出されていればOKです)

ただし、血便などの異常が見られる場合には話は別です。直ぐに病院へ!

ワンちゃんの体格によって、明らかに排泄されないと分かる時にも、早めに獣医さんに診てもらいましょう。

放っておいても、桃の種は消化されませんよ!

そんなことにならないためにも、桃を剥いた時には、桃の種を一番に片付けておきましょう。もしも、”ゴミあさり”の前科があるワンちゃんがご家庭にいる場合には、確実に触れない場所に(冷蔵庫内とか…笑)一時保管して、ゴミの日に取り出すようにすれば、盗難にあう事はないでしょう♪

まとめ

愛犬に色んな物を食べさせてあげたい!とお考えの飼い主さんも沢山いらっしゃるかと思いますが、残念ながら、人間が食べて美味しいもの全てをワンちゃんに食べさせて良い訳ではありませよね。

しかし、今回の「犬に桃を食べさせる事」でご説明したように、ワンちゃんの体質や与え方に注意すれば、「絶対にあげてはいけない」という訳ではなさそうです。

桃は糖分も多いので、日常的に与えていては肥満の元にもなりかねません(>_<)
いくら桃好きなワンちゃんでも、時々、少しだけ、と適量を見極めて、ワンちゃんの健康に配慮してあげたいものです。

ワンちゃんに初めて桃をあげる場合には、ほんのひとかけら程度をあげて、アレルギー反応は起こらないか、お腹は緩くならないか、よーく観察してみて下さい。

問題なければ、次からはもう少しだけ量を増やす。。。そうして、徐々に飼い主さんの思う「適量」に近づけて行ってあげれば、桃が原因でトラブルが起きる事も、最小限にできると思いますよ!

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 30代 女性 MAYO

    桃がダメな犬種もいるということを初めて知りました。うちの犬には、ペットフード以外あげたことはありませんが、実家で犬を飼っていたときは、家族の食べ物を必ずお裾分けしていたので、桃も食べさせたことがあったかもしれません。
    ペット用以外の食べ物を与えるのであれば、犬に害のあるもの、そうではないものをしっかり把握しておく必要があるなと思いました。
  • 30代 女性 Chappy

    桃にはアミグダリンという青酸化水素を発生させる物質が含まれているんですね。
    桃から得られる栄養素があることもわかりましたが、私はあえてアレルギーが起こりやすい桃を愛犬とに食べさせようとは、どうしても思えなかったです。
    他にも与えても安心な食べ物はたくさんあるので、そちらで栄養を取り入れていきたいと思いました。
  • 女性 くーたろう

    桃にアレルギーがあること、知りませんでした。
    今まで「糖分があるから少な目にね」とあげていたけど、もっともっと気をつけなくちゃと思いました。
    ありがとう!
  • 30代 女性 38moto

    犬に桃は糖分があるから控えめに、くらいの認識でしたがまさか種に有害なものが含まれていたとは知りませんでした。カリウムとカテキンが含まれていたのもいい勉強になりました。カテキンは心臓病に効果があると考えられているので、うちの心臓病のわんこにも少しの量を食べさせてあげたいなと思います。
    与える量の目安も参考になりました。ネット上の情報でもなかなか量の目安はみつからないので、どのくらいの体重の子にどのくらいの量を与えているかというのはとても貴重な情報でした。なんでも与え過ぎはよくないですね。
    桃に限らず、りんごやなし、びわやあんず、さくらんぼの種にも同様の有害物質があることを知りました。うっかり食べてしまったくらいでは問題ないそうですが、やはり注意が必要ですね。
  • 40代 女性 ぴいすけ

    桃は犬にとって微妙なラインなのですね!
    うちのわんこはフルーツ好きですが、桃は大好きな果物の1つです。もちろんほんの少ししかあげませんが……。甘くて水分が多いので、とてもおいしく感じるようです。でも、ちょっとあげすぎたかな?という次の日には、便がやわらかくなってしまい、量には注意しなければと思いました。幸いアレルギー反応はありませんでしたが、あまりあげないほうがいいのですね。
    意外な食物が犬にとってOKだったりNGだったりするので、なかなか難しいです。こういう記事を読んで少しずつ学んでいますが、まだまだ知らないことも多いです。桃に微量ながら毒素が含まれているとは……。タマネギやチョコレートで犬が中毒を起こすことはよく知られていますが、やはり野菜やフルーツなどをあげるときは注意が必要ですね。
この記事をシェアする

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。