犬が『後ずさり』をする時の心理4つ

犬が『後ずさり』をする時の心理4つ

わんこはあまり後ずさりをしないもの。それゆえに、後ずさりをするときにはさまざまな理由があることが考えられます。今回は、そのいくつかをご紹介します。

お気に入り登録

1.遊んでほしい

遊んでいる犬

まずはポジティブな理由から。わんこが明るい表情で後ずさりをするときは、遊んでほしい、もしくはかまってほしい意思表示です。目を輝かせ、しっぽを振りながら、ピョンピョンと跳ねるように後ろに下がるのは、「ほら、こっちに来て一緒に遊ぼうよ」「そのおもちゃを早くこっちに投げてよ」とあなたを遊びに誘っているのです。

お尻をツンと突き出して上半身を低くする、いわゆる「プレイバウ」のポーズで後ずさりをする様子もよく見られます。こんなときは、愛犬の誘いに乗ってあげたいところですね。

2.警戒している

警戒して吠えている犬

初めてのものや怪しいものに出会したとき、クンクンと匂いを嗅いだり、前足でチョンチョンと触れてみたりしながら後ずさりするのは、警戒心の現れです。対象物が安全なものか、危険なものかの判断がつかないため、調べようとしているのですが、危なくなったらいつでも逃げられるように後ずさりしてしまうのです。時には、腰を引いたまま吠えて威嚇するような場合もあるでしょう。

3.恐怖を感じている

怯えている犬

警戒と少し似ていますが、恐怖を感じているときにも後ずさりをすることがあります。わんこと暮らしはじめたばかりの飼い主さんが、愛犬を撫でてあげようとしただけなのに、頭に手を伸ばしたら後ずさりで逃げられてしまったなんて経験はよくあるものです。

これは、特に頭の上から手を出した場合、わんこの方は撫でられることに慣れていないため、「もしかして、殴られる!?」と恐怖を感じて後ずさりしてしまっているのです。特に他のおうちの子の場合など、わんこを撫でてあげるときの基本は、下から手を差し出すこと。まずは手の甲の匂いを嗅いでもらって、受け入れてくれる様子だったら頭を撫でてあげることです。そうでないと、わんこに怖い思いをさせてしまいますよ。

4.苦痛を感じている

獣医師の診察を受ける犬

また、後ずさりには病気や怪我といった治療が必要な理由が隠されている場合もあるため、要注意です。わんこは基本的に痛みに強く、また、野生の頃の名残から、外敵に自分の不調を知られて隙を勘づかれるのを防ぐため、ギリギリまで痛みや辛さを隠そうとする習性があります。

しかし、それでも耐えがたいほどの痛みに達した場合、極端に過敏になったり、自分を防御しようとするために、後ずさりに似た仕草をとる場合があります。また、てんかんの発作が後ずさりのように見えることもあります。後ずさりの他に、食欲減退や下痢、嘔吐、痙攣、明らかに元気がないなどの気になる症状が見られた場合には、動物病院の受診をオススメします。

まとめ

散歩中の犬と女性

いかがでしたでしょうか?実は、後ずさりという行動は、わんこにとって自然な仕草ではありません。ここまでご紹介してきたような理由で衝動的に後ろに下がることはあっても、わんこが意図的に「後ろに下がろう」と思って後ずさりすることはほぼありませんし、「バックステップ」と呼ばれるその行為自体、訓練しないとできないものであったりもします。それだけに、自然に出た後ずさりにはさまざまな意味が隠されていることを認識したうえで、愛犬の行動を観察していると、新たな発見があるかもしれませんよ。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。