構ってほしいの?犬が『邪魔』をしてくる時の心理5つ

構ってほしいの?犬が『邪魔』をしてくる時の心理5つ

家事や自宅でのお仕事をしている時、愛犬にその作業を邪魔されているな~と感じることはありませんか?愛犬に愛情をたくさん注いでいて、飼い主さんご一家も幸せなご家庭ではよくみられる光景だと思います。仕事を邪魔されるのは厄介だけれど、「構って欲しいの~」という気持ちで邪魔されるのは悪い気はしないものです。とはいえ、毎度のことだと少し面倒に感じることもあるでしょう。では、実際のところ飼い主さんの仕事を愛犬が邪魔するのは一体、どういった心理なのでしょうか?

はてな
Pocket
お気に入り登録

構ってほしいの?犬が『邪魔』をしてくるときの心理

乾燥機の中に入っているジャックラッセルテリアと笑顔の女の子

1.退屈

犬と一緒に暮らすと、意外に睡眠時間が長いことに驚きます。子犬で一日平均18時間程度、成犬で12~15時間、シニアになると一日の大半は寝て過ごします。起きている時間は、散歩や食事をします。ということは、一日のうち成犬だと9時間は起きているワケです。

その間、室内で飼育されていると特に何もやることがないので、犬も退屈を感じます。犬の知能は3~4歳くらいの子供と同じということを考えると、元気いっぱいの幼稚園ぐらいの子供さんが、「退屈だから遊んで~!」とお母さんにまとわりついてくるのと同じことだと言えます。

2.期待と興奮

車の運転をしているとき、運転席周辺をせわしなくうろうろしたり、大きな声で鳴いたり、運転している人の顔を舐めたりして運転の邪魔をすることがあります。そんなときは、「楽しいところへ連れてってもらえる!」「どこに行くんだろう?」という期待と興奮が混ざった心理状態になっていると考えられます。

3.好奇心

飼い主さんがパソコンをしていたり、繕い物や机の上で作業をしていたりするときに邪魔をするのは、「何をしているの?」という好奇心からです。

大好きな飼い主さんが、自分に一切注意を払わず、何かに没頭している姿を見て、「何か面白いことをしているの?」と興味を持ちます。何か楽しいことがあるのなら、自分も参加させてほしい…という感情からの行動で、愛犬にしてみれば飼い主さんの邪魔をしているという自覚は全くありません。

4.寂しい

根っからポジティブな性格の犬なら、飼い主さんが何かに没頭していて自分に構ってくれなかったら、その作業に好奇心を抱きます。
けれども、少し甘えん坊で繊細な性格の犬なら「放っておかれた…」と寂しくなってしまうことがあります。「こっちを見て、話しかけて?」というアピールをするために、飼い主さんの邪魔をすると考えられます。

5.空腹

飼い主さんがお仕事や家事に忙殺されている間に、愛犬の食事の時間が過ぎていたり、単純に「おやつが欲しい」とおねだりしたりするとき、執拗に飼い主さんの仕事の邪魔をしてくることもあります。

犬に邪魔されて困ること4つ

ハートとこちらを見つめるコーギー

たたんだ洗濯物の上で寝転ぶ、転がりまわる

たたんだ洗濯物などを、地面を掘るような仕草で散らかすことがありませんか?あるいは、せっかくきれいに洗濯した洗濯物の上に我が物顔で乗っていたり、洗濯したてのシーツの上で転がりまわったりなどの「家事の邪魔」をすることがあります。

おそらく、取り込んだ洗濯物には、飼い主さん家族のニオイがうっすらとついていて、さらにフワフワと柔らかく、取り込んですぐだと太陽の熱でほんのりと暖かくて、犬が大好きな要因が詰まっています。

人間でも、春の光の中で干した布団に洗い立てのシーツがかけてある上に寝転ぶと心地よくてうっとりしますよね。犬は、その上に「大好きな人のニオイ」まで感じるのですから、洗濯物の上を転がったり、上に乗って寝ころんだりしたくなるのは無理もないことです。

パソコンなどを触っていたら前足で邪魔をする

私たち飼い主は、犬や猫の前足を「おてて」とうっかり口に出してしまうことがあります。パソコンなどを触っているときに、腕を前足で引っ掛けられたりすると、「こら、おててが邪魔!」と愛犬を咎めたりします。

作業の時間が遅くなるだけなら良いのですが、あまりに激しく邪魔をされると、ディスプレイに傷がついてしまったり、パソコン本体が机から落下して破損したりする恐れもあります。

車の運転の邪魔になるほど興奮して暴れる

言うまでもなく、交通事故を起こす要因になるので非常に危険です。

食事の準備をしている邪魔をする

シンクの前で飛び跳ねたり、飼い主さんの足元をうろうろして作業の邪魔をしたりすると、飼い主さん自身が転倒したり、熱い油やお湯などで犬も飼い主さんも怪我をしたりする危険があります。

こんな『邪魔』のされ方は危険!すぐに対処すべき『お邪魔行動』

洗濯かごに入っているジャックラッセルテリア

『邪魔』を制止しようとしたら本気で怒る

飼い主さんの仕事や家事の邪魔になり、かつ、それが怪我などの危険があるときには、毅然と「ダメ!」と愛犬の行動を制止しなければいけません。
もしも、その際に犬が鼻にシワを寄せ、低く唸り、本気で牙を剥いて抵抗してくるのであれば非常に深刻な問題です。犬が感情の赴くままに行動した際に、制御できない状態では様々なトラブルになりかねないからです。

車の運転の妨げになるような行動

自分たちだけでなく、他人をも巻き込み、人の命を奪うことになりかねない、最も危険な行為です。興奮した犬が悪いのではなく、興奮している犬の行動を制御できない飼い主に罪があります。

台所など火や刃物を使っているときの飛びつき

好奇心にしろ、飼い主さんに構ってほしいという要求にしろ、台所には危険なものがたくさんあります。

吠えてアピールする

前足で飼い主さんの腕を引っ張ったり、膝の上に乗ったりして動けないようにするだけでなく、飼い主さんの意識を自分に向かせるまで吠えてアピールするのは、犬の強烈な自己主張です。「うるさいから仕方なく相手をする」あるいは、「吠えたので叱る」という対処法では、おそらく改善するのは難しいと思われます。

愛犬に家事や仕事の邪魔をされない方法4つ

おもちゃで一人遊びをしているボストンテリア

ひたすら無視する

どんなに邪魔をしても、絶対に構ってもらえない…とあきらめるまでひたすら無視し、眼中にないかのように愛犬の相手にしないようにします。

毅然と叱る

ぐずぐずダラダラと文句を言うのではなく、それこそ昔の雷親父が雷をドカーン!と一発落とすように、毅然と「ダメ!まて!」と指示を出し、愛犬の動きを制御します。

一定時間、おりこうに待つことができたら、ご褒美を上げ、褒めます。そして、作業が終わったらほんの数分で構わないので、全身全霊で愛犬の相手をします。「ムチ」と「アメ」を上手に使い、メリハリのある躾をした方が、犬も何が「NO」で何が「GOOD」なのかが理解しやすいはずです。

車の運転中のルールを決める

車の中でどんなに興奮しても、運転席付近には入れないようなルールを決めましょう。犬用のシートベルトを使ったり、車の中ではキャリーバッグやケージに入れたりするなど、安全に走行できるようにしましょう。

一人遊びができるおもちゃを与える

飼い主さんに構ってもらえなくても、一人で遊べるようなおもちゃを与えましょう。いわゆる「知育おもちゃ」で丈夫で長持ちするもの、あるいはおやつを中に入れてそれを取り出せるまで没頭できるものがオススメです。

まとめ

飼い主が見ているパソコンに顔をのせる犬

飼い主さんの邪魔をするのは、とにかく愛犬は飼い主さんが大好きだからです。意地悪や悪意ではなく、ただひたすら飼い主さんのことが気になって、ずっと自分に注目していてほしい…という、いじらしい気持ちの表れだと考えると、ついつい、許してしまいたくなります。

けれども、どんなに飼い主さんと愛犬が深い愛情の絆で結ばれていても、いざと言うときにしっかりと愛犬の行動を制御できないような状況では、人に迷惑を掛けたり、愛犬を危険な目に合わせてしまったりするかも知れません。飼い主さん自身が「今、邪魔されなくないなあ」と思うのであれば、そのときに毅然と愛犬の「お邪魔行動」を制御できるような関係を築くことがとても大切です。

そして、なぜ、愛犬が飼い主さんの邪魔をしていたのかを察し、そのときの愛犬の要求をあとでしっかり満たしてあげましょう。そうすれば、自ずと「今は構ってくれないけど、お仕事が終わったら絶対に遊んでくれる」と愛犬は飼い主さんのことをより深く信頼し、家事や仕事の邪魔をすることも少なくなってくるはずです。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。