犬が飼い主と『一緒に寝たい時』に見せる仕草や行動4つ

犬が飼い主と『一緒に寝たい時』に見せる仕草や行動4つ

飼い主さんと一緒に寝たがる犬は多いです。普段はひとりで寝ることを好む犬も、時には飼い主さんと一緒に寝たい気分になることもあるかもしれません。では、飼い主さんと一緒に寝たい時、犬はどんなふうにアピールしてくるのでしょうか?この記事では、犬が飼い主と『一緒に寝たい時』に見せる仕草や行動についてご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

飼い主と一緒に寝たがる犬たち

飼い主と一緒に寝るバセット・ハウンド

飼い主さんと体をくっつけて寝ると安心して眠れる、布団は飼い主さんのにおいがするから落ち着く、自分の寝床より暖かい、寝心地がいいなどの理由から、飼い主さんと一緒に寝たがる犬は多いです。飼い主さんの方も、愛犬と一緒に寝ると暖かさや幸せを感じることでしょう。

「飼い主さんと一緒に寝たいなぁ…」と思ったとき、犬はその気持ちを仕草や行動でアピールすることがあります。どのような仕草や行動を見せるのか、一緒に見ていきましょう。

犬が飼い主と『一緒に寝たいとき』に見せるの仕草や行動

ベッドにもぐりこむ犬のお尻

①飼い主の行動を目で追う

犬は飼い主さんと一緒に寝たいとき、飼い主さんの行動をじーっと目で追うことがあります。そして飼い主さんが寝ることを察知するとあとをついてきて、一緒に寝ようとします。布団に入る前の飼い主さんの行動が「これから寝る」という合図になっていて、その合図を見逃さないように、飼い主さんから目を離さないのです。

②寝室の前で待つ

飼い主さんが毎日大体同じ時間に就寝している場合、犬はそれを体内時計で覚えて、その時間が近づくと先回りして、寝室の前で待つようになることもあります。飼い主さんが寝室のドアを開けると早速、ベッドや布団でくるくる回ったり、ホリホリしたりして、寝る準備に取り掛かるでしょう。

③寝室のドアをカリカリしてくる

最初は自分の寝床で寝ていたけれど、寒かったり、ちょっぴり寂しくなったりして、飼い主さんと一緒に寝たくなってしまうときもあります。そんなとき犬は、飼い主さんが寝ている寝室へ行きますが、ドアが閉まっている場合、ドアをカリカリして「開けて~」とアピールします。

飼い主さんは若干「めんどくさいな…」と思いながらも、かわいい愛犬のためにそっとドアを開けますよね。

④布団に潜り込んでくる

犬が飼い主さんと一緒に寝たいとき、有無を言わさず布団に潜り込んでくるパターンもあります。やや強引な一緒に寝たいアピールではありますが、「寒いのかな?」「安心したいのかな?」なんて考えると、冷たくあしらうことはできません…。

犬と一緒に寝るときの注意点

ケージの中で眠る犬

「犬と一緒に寝るのはよくない」との意見も耳にしますが、絶対に犬と一緒に寝てはいけないわけではありません。ただし、愛犬と一緒に寝るのであれば、いくつか注意すべき点があります。

①衛生面に気をつける

犬と一緒に寝ることは、動物由来感染症(動物から人へうつる感染症のこと。「人獣共通感染症」や「ズーノーシス」などと呼ばれることも)に感染するリスクを高めると言われています。感染リスクを減らすために、犬と一緒に寝るときは、衛生面に十分気をつける必要があります。

寝具はこまめに洗い、犬自身も清潔を保つように心掛けましょう。散歩のあとは足や体を拭く、定期的にシャンプーをする、こまめにブラッシングをするといったことが大切です。また、犬に寄生するノミやマダニが病気を媒介することがあるので、ノミとマダニの予防もしっかり行いましょう。

②事故に気をつける

犬と一緒に寝るときは、事故にも気をつけなくてはいけません。高さのあるベッドで一緒に寝る場合は、犬が落下して骨折などのケガをする危険があります。ベッドに柵をつける、フロアベッドに替える、床に布団を敷くなどの対策をしましょう。
また誤飲事故が起こる可能性があるため、ベッドや布団の周りにアクセサリーや薬などを置きっぱなしにするのは厳禁です。

③ひとりでも寝られるようにする

毎日飼い主さんと一緒に寝ていると、犬が分離不安(飼い主と離れると強い不安を感じ、体調不良や問題行動を起こす心の病気)になったり、ケージやクレートで過ごせなくなったりする可能性があります。
そうなってしまった場合、動物病院に入院するとき、ペットホテルに預けるとき、災害時に避難するときなどに、犬が大きなストレスや不安を感じることになります。

いざという時に備えて、一緒に寝るのは犬がケージやクレートで寝られるようになってからにして、一緒に寝るようになってからも時にはケージやクレートで寝る日を作り、ひとりでも寝られるようにしておきましょう。

まとめ

飼い主の足の間で寝るジャック・ラッセル・テリア

犬は飼い主さんと一緒に寝たいとき、様々な仕草や行動でアピールしてきます。ご紹介したような仕草や行動で「一緒に寝たい…」とアピールされたら、大体の飼い主さんが「じゃあ、一緒に寝ようか」と言ってしまうでしょう。

犬と一緒に寝るときは、衛生面や事故に気をつける、ひとりでも寝られるようにするといった点に注意してくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。