豆苗は犬が食べても大丈夫?生で与えても問題ないの?

豆苗は犬が食べても大丈夫?生で与えても問題ないの?

安価で栄養価が高いコストパフォーマンス抜群な野菜「豆苗」。愛犬の手づくりご飯の食材として与える飼い主さんも多いようです。犬が食べても問題ないのでしょうか?豆苗の主な栄養素とその効果、与える時の注意点、豆苗を使ったレシピをご紹介しましょう。

はてな
Pocket

豆苗ってどんな野菜?

ざるの上に乗った豆苗

スーパーで1パック100円程度で手に入る、安くておいしくて栄養満点の「豆苗」。エンドウ豆の若葉を育てたもので、若葉も茎も食べられる緑黄色野菜の一種です。

発芽したばかりのエンドウ豆の新芽を「豆苗スプラウト」と表示して店頭に置かれることがあります。近年では1年中、スーパーで見かけるようになりましたね。

豆苗の歴史

エンドウ豆の若葉を豆苗として食べ始めたのは、中国がはじまりだといわれています。日本に登場したのは1970年代。収穫時期と量が限られるため、高級中華料理店でしか食べられない貴重な食材でした。

この豆苗を植物工場で水栽培して育て、新芽を食べられるように改良したのが現在スーパーなどに置かれている豆苗です。

犬に豆苗を生で食べさせても大丈夫?

首を傾げるパグ

生の豆苗を犬に食べさせても問題はありません。

犬が食べられる野菜(ニンジン・チンゲン菜・大葉など)と豆苗をミキサーにかけてスムージーとして与えても大丈夫です。

ただし、加熱したり調理した方が犬が消化しやすいメリットもあります。

そもそも、犬の体内には野菜や果物を消化するための酵素を持っていません。野菜に含まれる繊維質の作用で便通を良くしたり、整腸作用などはありますが、ビタミンや栄養を犬の体内に補給することは難しいようです。

ですが、犬は本来、雑食動物ですので、肉だけではなく野菜や果物などに含まれる栄養素をバランスよく食べることが理想的です。

与える量に注意!

豆苗は人間が食べるとシャキシャキとしたしっかりとした歯応えがありますので、犬にとっては噛みにくいかもしれません。特に顎の力が衰えた老犬にとっては、噛まずに飲み込んでしまう可能性があります。

犬の消化機能を促進させるためには、生で食べさせるより加熱してから与える方が、内臓への負担を減らすことができます。

豆苗は火が通りやすい野菜なので、ボイルや電子レンジであっという間に加熱できますよ。

豆苗に限らずすべての野菜にいえることですが、犬に消化不良や胸やけを起こす原因になりますので、与えすぎには注意しましょう。

豆苗に含まれる主な栄養成分と効能

色鮮やかな豆苗

豆苗の魅力は、豊富な栄養素をバランス良く含んでいること。主にどのような栄養素が含まれ、犬にとってどのような効果があるのでしょうか。

βカロチン

チンゲン菜、小松菜、ニンジン、カボチャなど緑黄色野菜に多く含まれるβカロチンは、抗酸化作用が高く癌や心臓病の予防、コレステロールの酸化防止作用があります。

犬の体内ではビタミンAの変換が行われ、皮膚や粘膜の強化、視力維持、呼吸器系を守る働きがあります。

ビタミンK

レバーや肉類、ホウレンソウなどに含まれるビタミンKは、出血を止血する血液凝固作用や、骨のカルシウム不足による石灰化などにも必要不可欠な栄養素です。

ビタミンKの欠乏が長引くと、犬の貧血を引き起こす原因となります。血液凝固反応を阻害されるため、鼻や皮膚、内臓や脳内に出血を引き起こします。

ビタミンA

主にレバーや卵、魚類に多く含まれるビタミンAは、目や視力に不可欠なビタミンといわれています。

色を認識する錐体細胞に必要な網膜色素を構成する成分となっており、明るい場所から暗闇に目が慣れるための「明順応」を正常に保つ働きがあります。

また、犬の表皮のターンオーバーや、皮脂の生成を調整する働きがあり、脂漏症などによるフケを抑える作用があります。

ビタミンC

野菜や果物に多く含まれるビタミンCは、骨や軟骨、真皮、靭帯、腱などを結合させるタンパク種の一種「コラーゲン」の生成に必須となる化合物です。

ビタミンCには抗酸化作用や免疫機能増加作用があり、近年では癌予防効果があることで注目されています。

また、加齢や激しい運動による犬の筋肉疲労を軽減させたり、骨や関節の病気を予防する効果があります。

豆苗を使った手作りワンご飯レシピ

赤いまな板に乗った色鮮やかな豆苗

ここで、豆苗を使った簡単な手作りワンご飯レシピをご紹介しましょう。

【材料】

  • 豆苗 10g
  • カボチャ 70g
  • ひき肉(合い挽き肉)100g
  • 醤油 小さじ1杯
  • 塩  小さじ1/3程度
  • 砂糖 適量
  • 水  100cc

【作り方】

  • 1. カボチャをレンジでチンして包丁が通りやすくする(600Wで1分程度)
  • 2. カボチャを犬が食べやすい大きさにカットする
  • 3. 豆苗をみじん切りにする
  • 4. フライパンに油を引かずに、合い挽き肉を入れて火を通す(自然に油が出ます)
  • 5. 水を投入し、醤油、塩、砂糖で味付けをする
  • 6. 最後に豆苗を入れてさっと加熱する

※豆苗を犬が食べやすいサイズにみじん切りにカットすることがポイントです。
わが家ではフードにトッピングして愛犬に与えています。豆苗の代わりに白菜を食材にすることもあります。色々アレンジができますので、ぜひお試しくださいね。

まとめ

透明の食器と白いお皿に乗った豆苗

健康な犬であれば、豆苗を与えても特に問題ありません。生で食べさせても大丈夫です。ただし、消化不良や胸やけを起こす原因にならないように、なるべく加熱して与えることをおすすめします。

初めて食べさせる際は、まずは少量だけお試しで与えてみましょう。シャキシャキとした歯応えが苦手な犬もいますし、匂いを嗅ぐだけで食べない犬もいます。

豆苗は単品で与えるよりも、肉や他の食材と調理して手作りワンご飯にしたり、フードの上にトッピングする手作りおかずとして与えてみてはいかがでしょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。