犬が信頼している人にだけ見せる仕草や行動4つ

犬が信頼している人にだけ見せる仕草や行動4つ

この記事では「犬が信頼している人にだけ見せる仕草や行動4つ」をテーマに、ワンちゃんが信頼している人にのみ見せる仕草についていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録

犬が信頼している人にだけ見せる仕草や行動1:お腹を見せる

お腹を見せて寝転んでいる犬

本来の犬は警戒心の強い動物です。急所となるお腹を見せるということは、いつでもその部位を狙われるということです。そのため、お腹を見せるという仕草をした場合はその人のことを信頼しているという証です。

ワンちゃんからお腹を見せる仕草をしてきた場合はゆっくりと手を動かして、優しくお腹を撫でてあげてみてください。そうしたらワンちゃんも嬉しそうで気持ちよさそうな表情をするはずです。

また、このようにお腹を撫でることが習慣化されてきたら、ワンちゃんもお腹を撫でられるのが自分にとって良い行動であると認識して、日に何度も見せてきたり、もしかすると撫でてくれと自分から催促してきたりすることもあるかもしれません。

犬が信頼している人にだけ見せる仕草や行動2:背中を向ける

背中を向けて座るダックスフンド

ワンちゃんは警戒している相手に対して背中を向けることはなかなかしません。なぜならば、信頼していないため背中を向けるということは何をされるかわからないので、警戒している相手のことは必ず目で場所や仕草を確認して常に対処できるようにするためです。

また、ワンちゃんは信頼している人には背中を向けて寝たり何か他のことをしたりすることがありますが、その際も後ろから驚かしたり、ちょっかいを出したりするようなことをするのはやめたほうが良いです。いくら慣れてきたとはいえ、そのようなことをしてしまったことが原因でワンちゃんが警戒し始めたり、信用できなくなってしまったりする恐れがあるからです。

犬が信頼している人にだけ見せる仕草や行動3:身体を隅々触られても警戒しない

犬の足を掴んで見つめる女性

先ほどお腹は急所のため、信頼している人にしか見せないし触らせないと紹介しましたが、実はお腹だけではなく他の部位でも触ってほしくない所があります。

例えば指先や足先、鼻先などのあらゆる部位の先端部です。理由として、ワンちゃんの身体のこのような先端部分はかなり敏感な場所のため触られたくないですし、たとえ信頼している飼い主さんでも触られると嫌がることもあります。

そのため、ワンちゃんの身体を拭く際などにこのような先端部を拭いても嫌がらない場合は、たとえ我慢して拭かせていたとしても、信頼しているという気持ちの表れでもあるので、たくさん褒めてあげてくださいね。

犬が信頼している人にだけ見せる仕草や行動4:移動したらついてくる

並んで歩く犬と飼い主の足

ご飯や、好物のおやつ、もしくはお気に入りのおもちゃを使い気を引いて動いてワンちゃんが続いてついてきた場合は、それらを求めているという理由でついてきているのかもしれませんが、何も使わずに移動しただけでワンちゃんが後をついてきたら信用している表れかもしれません。

まとめ

飼い主に撫でられて見上げる犬

ワンちゃんの性格によってこの他にも信頼している人にだけ見せる仕草や行動があります。ぜひ、まだ知らないワンちゃんの新しい発見を知ることによってより一層ワンちゃんとの暮らしが楽しくなると思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。