犬が『人の足』に体を擦ってくる時の心理4つ

犬が『人の足』に体を擦ってくる時の心理4つ

リビングで寛いでいると、自由に動けるようにさせている愛犬が、自分の足下へと寄ってきて、なぜか体をスリスリしてくる…ということはありませんか?いったいなぜ、犬は『人の足』に体を擦ってくることがあるのでしょうか。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が『人の足』に体を擦ってくるときの心理

ソファーに座る飼い主に寄り添ってくつろぐ犬

ソファーの上やダイニングチェアーに座りながら寛いでいると、愛犬が隣にやって来て、突然飼い主の足に体をこすりつけるような行動を見せる…ということはありませんか?何も理由なく行っているのではありません。では、犬が『人の足』に体を擦ってくるときはどのような心理が働いているのでしょうか。

1.甘えたい

飼い主の足元に寝転んで撫でてもらう犬

まず考えられるのは「構ってほしい」「遊んでほしい」などの甘えです。多くの犬が「構ってほしいなぁ~」と思ったとき、飼い主さんの体に自分の体を擦り付けるような行動を見せることがあります。

自分の体を飼い主の体に擦り付けることで、「僕はここにいるよ」とアピールしているのでしょう。そうすることで、飼い主が撫でてくれることを知っているのです。手が空いているときであれば、愛犬の要求通り構ってあげてください。手が空いていないときであれば、「また後でね」と優しく声をかけてあげましょう。

2.散歩に連れて行ってほしい

飼い主に寄り添って散歩する犬

散歩に連れて行ってほしいときも、飼い主の足にスリスリと体を擦ってくることがあります。もし、いつも散歩に連れて行っている時刻近辺でこの行動を起こしたら「もう時間だよ。散歩に連れてってよ」と言っているのでしょう。

犬の体内時計はとても正確です。特に、毎日同じルーティンを繰り返している犬であれば、飼い主が気付いてなくても、「散歩の時間だ」「お腹が空いてきたから、ごはんの時間かな」と気付くことができるのです。

3.ありがとう

犬は満足したときにも、飼い主の足下へ寄ってきて、体を擦りつけるようにスリスリしてくることがあります。これは「満足だよ。ありがとう」と気持ちを伝えてくれているのです。

例えば、ごはんをあげて、愛犬が食べ終わった後に、近付いてきて足下にスリスリとすり寄ってくることはありませんか?これは「ごはん、食べました。満足です。ありがとう」と教えてくれていると考えられます。また、散歩に行った後に足下へスリスリと体をこすりつけてくるときも、「楽しかったよ。また明日行こうね。」と感謝の気持ちを伝えているのです。

4.何だかちょっと痒い

「何だかちょっと痒いなぁ~」と痒みを感じているとき、犬はその部分を何かに擦り付けて痒みを軽減しようとすることがあります。たまたまそこに飼い主がいることで、飼い主の足に痒い部分を擦り付けることもあります。

痒みが軽くなったり、ある程度気が済んだりすれば、擦り付ける行為を辞めますが、これは飼い主に対して「ここが痒い」と教えてくれているサインでもあるので、見逃さないようにしましょう。

体の一部を擦り付けてくる場合は要注意!

獣医師に診察される犬

最後にご紹介した「痒い」という心理が働いている時ですが、長時間体の一部を飼い主に擦り付けてくる場合は要注意です。飼い主以外にも、家具や床など、様々な場所に擦り付けていることがあるので、注意深く観察しましょう。

この場合、ノミやダニが付着していたり、皮膚炎を発症していたりする可能性があります。そのため、その部分だけ痒みが生じているのです。あまりに痒みが長期間続いてしまうと、愛犬がストレスを強く感じるようになってしまいます。健康面でも、精神面でもダメージを受けてしまうので、早めに受診しましょう。

まとめ

飼い主のそばで伏せて撫でられている犬

いかがでしたでしょうか。心理的な要因が関わっていることが多いですが、あまりにも執拗に体を擦り付けてくる場合は、痒みが原因である可能性があります。一度かかりつけの動物病院で診察してもらいましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。