犬に絶対飲ませてはいけない『人間の飲み物』3選

犬に絶対飲ませてはいけない『人間の飲み物』3選

この記事では「犬に絶対飲ませてはいけない『人間の飲み物』3選」をテーマに、ワンちゃんに飲ませてはいけない人間の飲み物についていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬に絶対飲ませてはいけない人間の飲物1:アルコール飲料

グラスに入ったビール

ワンちゃんに飲ませてはいけない飲物でまず考えられるのが、当たり前のことですがアルコール飲料です。アルコール飲料はたとえ人間でも、飲み過ぎた場合や体質に合わない場合は危険です。ましてそのような物をワンちゃんに与えるというのは、とても危険なことです。

このアルコールですが、人間が飲んだ場合は肝臓でアルコールを分解する酵素が生成されるため、時間が経つと酔いが覚めますが、ワンちゃんの場合だとこのように分解されるということがないため体内に残ってしまいます。

もしワンちゃんが飲んでしまった場合ですが、症状が出るのがすぐではなく時間差であると言われています。そのため、飲んだ直後の様子を見て平気そうであっても、すぐに安心するのではなく、なるべく早めに獣医師に診断をしてもらうなどの処置をする必要があります。

犬に絶対飲ませてはいけない人間の飲物2:カフェイン含有飲料

テーブルの上に置かれたコーヒー

ワンちゃんに飲ませてはいけない飲物で次に考えられるのが、カフェインが含有されている飲物です。例として、コーヒー、お茶、コーラ、栄養ドリンクなどです。

コーヒーを飲ませてはいけないということは当たり前のことですが、この他にも身近でカフェイン入りの飲ませてはいけないものがあります。一見飲ませても平気そうなお茶ですが、カフェインが含有されているものとされていないものがあり、カフェインが含有されているものはワンちゃんにとって害になります。含有されているのが、紅茶、緑茶、日本茶、ウーロン茶、ほうじ茶、玄米茶です。

対照的に含有されていないのが、麦茶、杜仲茶、黒豆茶、そば茶、甜茶、ルイボスティー、ハーブティーです。また、コーラはカフェインもそうですが、砂糖も多く含まれているためワンちゃんの体に害を与えます。そして栄養ドリンクですが、ワンちゃんが元気ないときに飲ませたら効くと思い誤って与えてしまったら、それは逆行為で更にワンちゃんを苦しめてしまうことになりかねません。

犬に絶対飲ませてはいけない人間の飲物3:牛乳

グラスと瓶に入った牛乳

人間が飲む牛乳と、犬用のミルクでは物が違います。しかし、見た目が似ていることから与えても平気だと思い与えてしまっては、ワンちゃんに害を与えることになるためしてはいけない行為です。

ワンちゃんに牛乳を与えてしまうと下痢になってしまうことがあります。それは牛乳に含まれている乳糖という成分が原因で、ワンちゃんはその乳糖を分解できないからです。そのような理由から人間が飲む牛乳を与えるのは良くありません。

ワンちゃんにミルクを与えるなら、必ず犬用のミルクにしなくてはいけないのがこのような理由があるからです。

まとめ

水を飲む犬の口元アップ

このように人間と犬とでは身体の構造が異なることから、不向きな飲物が複数あります。そのため、与えたことのない飲物を与える際は、本当にワンちゃんが飲んでも平気なものなのかしっかり調べてから与えるようにしてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。