犬がいる家で育ててはいけない『観葉植物』5選

【獣医師監修】犬がいる家で育ててはいけない『観葉植物』5選

皆さんのお家には観葉植物を置いていますか?観葉植物があるだけで、お部屋がおしゃれになったり、雰囲気が明るくなるため、人気ですよね!しかし、犬がいるお家では、あまり観葉植物を置くことは推奨されていないのです。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬がいる家に『観葉植物』はダメ?

観葉植物の匂いを嗅ぐ子犬

今回は犬がいる家で育ててはいけない『観葉植物』をご紹介していきます。しかし、その前に犬と観葉植物は相性が良いのか否かについてお話しします。結論から言ってしまうと、犬を飼っているお家に観葉植物は極力置かないことを推奨します。これは大きく分けて2つの理由があります。

1つは留守中に犬がいたずらをし倒してしまうと、下敷きになったり、怪我をしたりする恐れがあるからです。もう1つは誤食です。犬が観葉植物を誤って食べてしまい中毒症状を起こしてしまう可能性があります。

犬にとって無害な観葉植物であれば、そのまま上手く消化されることもあるでしょう。しかし、中には犬にとって有毒な観葉植物もあり、これを犬が誤って食べてしまうと、最悪の場合、死に至る危険性もあるのです。

観葉植物は綺麗でおしゃれなため、インテリアとして人気が高いです。しかし、以上の理由から、犬がいる家では置かない方が無難です。観葉植物を室内に置く場合は、犬にとって無害な観葉植物を選ぶ必要があります。

犬がいる家で育ててはいけない『観葉植物』は?

ユリと犬

では、犬がいる家で育ててはいけない『観葉植物』とは、どのような観葉植物が当てはまるのでしょうか。実は犬にとって有害な観葉植物は、ここでは紹介しきれないほどたくさんあります。そのため、ここでは特に危険な観葉植物をご紹介していきます。

1.ユリ

ユリ

さまざまなバリエーションがあり、可愛らしくも美しいユリの花。しかし、ユリは有毒成分が含まれていて、犬が少しでも口にしてしまうと中毒症状を発症してしまう恐ろしい観葉植物なのです。ユリに関しては、花びらや葉、球根はもちろん、茎の部分や花粉を舐めただけでも中毒症状を引き起こした例も報告されています。

主に、嘔吐や下痢、食欲不振やよだれが大量に出るといった症状が見られ、症状が進行すると急性肝不全を引き起こします。最悪の場合、死に至ることもあるので、ユリは家の敷地内に飾ったり、育てたりしないようにしましょう。

2.チューリップ

チューリップ

可愛らしく、多くの色で楽しませてくれるチューリップは、ご家庭で育てている家も見かけます。しかし、チューリップは犬が食べてしまうと、ツリピンと呼ばれる成分が中毒症状を引き起こします。

このツリピンとは、心臓毒とも呼ばれており、その名のとおり、心臓に障害をもたらす毒です。そのため、最悪の場合、こちらも死に至る危険性が高いです。

春になると公園などでも咲いているところを多く見かけます。家ではもちろん、散歩ルートにチューリップが植えられている場合は、そちらも注意しましょう。

3.スズラン

スズラン

可憐な見た目から、アクセサリーのモチーフにも用いられることのあるスズラン。一見、無害に見えるこの小さな観葉植物も、強心作用を持つ毒を多く含んでいます。

そのため、スズランを食べてしまうと、嘔吐や下痢、めまいを引き起こした後、血圧低下や心臓麻痺を引き起こすことがあります。1時間以内と短時間に症状が進行していくので、食べてしまった場合は、早急に動物病院へ連れて行く必要があります。

手遅れになると死に至る危険性が非常に高くなるため、「もしかしたら食べてしまったかも」と疑いがあるだけであっても、動物病院へ連れて行きましょう。

4.スイセン

スイセン

スイセンは観葉植物の中でも、犬の誤食事故が多い観葉植物です。お家の庭で栽培しているご家庭も多いため、飼い主が少し目を離した隙に食べてしまった…というトラブルが後を絶たないのです。スイセンは不溶性のシュウ酸カルシウムを含んでいるため、触るだけでも皮膚炎を引き起こす非常に怖い観葉植物です。

人間であっても30分ほどで死に至ることがあるため、非常に致死率も高い観葉植物です。犬であれば、人間よりも体が小さいため、体全体に毒が回りやすく、少量であってもすぐに胃のTの危険が及びます。犬を飼っている家では、スイセンは絶対に育てないようにしましょう。また、公園などにスイセンが生えている場合は、近付かないよう予め注意しましょう。

5.ナンテン

ナンテン

一見、何の問題もなさそうなナンテン。しかし、この赤い実や葉に猛毒が含まれていることをご存知でしょうか。犬が食べてしまうと、呼吸困難や意識障害を引き起こし、最悪の場合、死に至ることもあります。

漢方にも使われることのあるナンテンですから、「大丈夫だろう」と置きっ放しにしてしまうと、愛犬の命を奪ってしまうことも…。お正月にはナンテンを飾るというご家庭も多いので、犬を飼っているご家庭では、ナンテンを飾ることを避けるか、犬が入らない場所に飾るなど近付かせないようにしましょう。

まとめ

観葉植物を倒す犬

いかがでしたでしょうか。一般家庭で育てることの多いチューリップやユリをはじめとした観葉植物は、愛犬の命を脅かす有毒性があります。観葉植物をインテリとして飾る際は、必ず犬に有毒な観葉植物でないかを確認してからにしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。