無意識のうちに撫でてない?本当は犬が嫌がってるかもしれないスキンシップ

94205view

無意識のうちに撫でてない?本当は犬が嫌がってるかもしれないスキンシップ

犬を散歩していると、「可愛い!!」と言って突然触りに来る人に遭遇したことはありませんか?犬たちは深い信頼関係のもとで身体を触らせることを許しています。ですから、知らない人に突然触られるのは「嫌!」なのです。

犬は頭を撫でらるのが好き?

シュナと男性

基本的にわんちゃんは、飼い主さんとのスキンシップは大好きです。しかし、その中でも触られると「嫌」な部分がいくつかあるのです。

犬が触られて嫌な部分

  • 尻尾

実はこの箇所、犬にとって急所ともいえる大切な場所なんです。知って居ましたか?
なので、最初は基本的に触らせないよう抵抗する事が多いようです。

とくに、頭に関しては突然手を出されたり、撫でられたりするのは犬にとっても、「恐怖」です。急所を狙われ、「危険があるのではないか?」「敵意があるのではないか?」と、とても警戒します。

頭を撫でて褒める事あ、飼い主さんや他人に身体中を触らせることに対して、犬に喜びとして感じさせるには、ある程度練習が必要になってきます。
また、その子の性格によっては、飼い主さん以外には触らせない。触らせるけどとっても苦痛と感じている子も中にはいるようです。知らない子を触ると際には注意してあげたいですね。

犬が大好きな人は犬の身体に触れたがり、犬が頭を撫でられることが「好き」だと思っている人が多いのですが、多くの犬は突然知らない人に頭を撫でられても嬉しくない時もありますし、犬にだって苦手な相手はいるのです。

私が愛犬を他人に触らせる時

犬を連れて外出すると「触らせてもらえますか?」と声をかけられることがあります。飼い主としては見ず知らずの人に大切な我子を触らせるのにまったく抵抗がないわけではありません。

ですが、いろんな人に可愛がってもらえる経験や触れ合いは、人間社会で生きている愛犬の経験としても必要なことなので、ちょっと心配な場合には愛犬に「待て」を指示します。小さい子供を連れた人に触らせる場合には「伏せて待て」を指示します。

バーニーズと男の子

知らない人が頭の方に手を伸ばすと、頭をそらし手を避けます。そしてこちらを見つめて「嫌です」と訴えます。

「大丈夫」と犬に声をかけて、手の匂いを嗅がせてあげてもらえますか?とお願いします。

それから、喉の下から胸にかけて触ると安心します。と伝えて触れてもらうようにします。

愛犬とその人の様子を見て大丈夫なことを確認してから「良いよ」と犬に声をかけおやつをあげます。「待て」を解除すると、好きな相手の時には自分から匂いを嗅ぎに行き挨拶をしてじゃれたり、手を舐めたり、顔を舐めて仲良くなろうとします。もっと触っても良いよとアピールする時もあります。

ですが、嫌な相手の場合には「プイッ」とそっぽを向いて寄って行きません。

ゴールデン 青い服

わたしは我慢しています 我が家の犬の気持ち

「この人誰ですか?」お母さんになにか危険なことがないか確認します。

「怖い」なんで触ろうとするんですか?お母さんは怖くないですか?
お母さんが「待て」というので待ちます。

お母さんが笑ってお話しているのでわたしもこの人と仲良くしようと思います。お母さんが大丈夫というのでお母さんを信じて触らせます。

または、私はこの人苦手です。早く違うとこに行きましょう。

絶対やめてー!その行動!

アップ バーニーズ

犬を連れている時は周りに迷惑をかけないように注意しています。ですが、そんなことされたら困るんです!という行動をする人も少なくありません。

「キャー!!可愛い!!」

大きな声で犬の方を見ながら、勢いよく近づいて来て手を出す人。

犬にしてみたら、異常で恐怖でしかありません。その状態で手を出すなんて、犬からすると突然襲い掛かられたのと同じです。ですが、そんな時でもじっと耐えるように教えています。大きなストレスになるのでやめて下さい。

もしも「ワン!」なんて威嚇吠えなどしたら、「こわー」と言われてしまいます。犬に近づく時は静かに、まずは飼い主さんに話しかけて下さい。

無言で背後から触る

犬がビックリしてふり返ったり、慌てたりして気が付きます。何も言わず背後から犬の身体や頭を触る人がいます。

他人の大切な子供を無言で触るのはどんなに犬好きでもマナー違反です。パニックをおこして飛び出したり、吠えかかったりしてしまうこともあります。

最後に

犬が身体を触らせるのは、飼い主さんとの信頼関係があって許しているということを理解してあげましょう。知らない犬がどのような状態なのか触られても嫌な思いをしないのかは他人には分かりません。
知らない犬とコミニュケーションを取りたいときには必ず飼い主さんの許可をもらうようにしましょう。そして、頭や口などは犬から近づけてこない限り手をだして触らず胸や身体の側面などを撫でてあげるようにしましょう。

飼い主さんは愛犬が誰に触られてもストレスを感じさせないように日頃から、多くの触れ合いを経験させて全身を触らせるようにスキンシップをして、苦手な場所を減らしてあげられると良いですね。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 20代 女性 きゃらこ

    とっても犬が好きだけど、犬に対する理解が浅い場合にやりがちな間違いですね。
    小さい子供については、可愛い動物を見て『触りたい』という衝動のままにいきなり触ったり、ぬいぐるみ感覚で扱ってしまうことも少なくないので、ケガや事故を防ぐためにも、動物とコミュニケーションを取りながら歩み寄る方法を教えるのは大人の義務の一つだと思います。
    動物種が違っても、小さくても、話せなくても、相手は自分と同じ心をもった生き物だと認識し、観察や声かけから始めるのが一番良いアプローチではないでしょうか。
    犬とのコミュニケーション=スキンシップという思い込みを取り払う意識改革も重要ですね!
  • 30代 女性 TIKI

    記事を読んで、思い当たる経験がありました。やはり犬の散歩中に、多分犬好きで普段から沢山の犬を撫ぜていると思われる男性が、我が家の愛犬の頭を急に近づいてきて撫ぜたことがありました。
    その時の愛犬の表情が、とても不安そうでこちらを見て「怖いんだけど・・・」と訴えているようでした。私も犬が大好きなので、よそのワンコを撫ぜたい気持ちになる事は多々ありますが、まずは飼い主と少し話して、その子が触っても大丈夫な子かを確認するようにしています。

    そういったきちんとしたコミュニケーションをしていけば、可愛いワンコと沢山友達になれるのではないかと思います。
  • 50代以上 女性 K9-ABC

    お散歩中に愛犬めがけて向かってくる困った人って時々います。愛犬は中型で大きくはないですし、大人しいと言われることが多いのですが、いきなり犬の苦手な箇所へアプローチすれば、攻撃されたと驚いて反撃に飛びかかる可能性だって否定できず、飼い主のこちらが冷や冷やすることも。「触ってもいい?」と言っていただければ、待てやお座りをさせて基本的に低い姿勢にしてから触っていただけますが、やはり知らない慣れない人に触られた後立ち上がると開放的な表情をして身体としっぽをゆったり揺らすので、触られている間硬直状態に近いのだと思います。どちらかというと愛犬が飛びかかるようなことにならないかと言う点に気持ちが行きがちですが、愛犬のためには、飼い主の私が触りたいという相手が愛犬にとって安全かということを見極めることも大切な事なのだと学びました。
  • 50代以上 女性 あお

    うちのワンコは首筋から耳の後ろを優しくマッサージをするようになでると、ため息にも似た低い声を出します。
    たぶん気持ちがいいのだろうと、飼い主の勝手な解釈ではありますが、手を止めると鼻で私の手をグイッと持ち上げようとしたり、私の方をジッと、何かを訴えかけるような目で見つめてきます。
    まだ飼い始めて数か月ですがその仕草がとてもかわいらしくて、時々ちょっと意地悪に気が付かないふりをしてみたり、鼻で持ち上げられないよな位置に手をもっていったりしながらスキンシップの時間を楽しんでいます。
    鼻筋と口元を撫でようと毎回試みるのですが、そこまで信頼に至らないのか顔を背けられてしまい、まだまだだな~と思う日々です。
    散歩中よく子供たちが寄ってきて頭を撫でようとしますが、わんこの方が少し怖がってるように感じていました。
    後ろからはダメっ!と言うのは知っていたのですが、頭も注意深く声かけをしてあげないといけませんね、大変勉強になりました。
    ありがとうございます。

  • 女性 aoi

    愛犬は耳の後ろと顎を撫でられるのが好きです。他の方のコメントにもありましたが、止めると「もっとやって!」とぐいぐい押してきます。
    これは長く一緒にいるので信頼関係があるからだと思ってやっています。

    もちろん事前に飼い主さんに許可をもらってからですが、他のわんちゃんを触る時は、あまりベタっと触らないようにしています。犬は視界の上から手が伸びてくるの嫌がるので、まず手の平をそっと下から伸ばします。クンクンと嗅いでもらえたら耳を確認し、後ろに倒れたら撫でてもいいよの合図なのでゆっくり頭を撫でます。これで大体の子は大丈夫です。声のトーンも控えめに「よしよし、いい子だね」というと慣れてくれます。
    あと、正面でじっと見つめると喧嘩の合図と勘違いされやすいです。少し体を横にするといいと思います。

    ホームセンターに愛犬を連れて行くと、長毛なので小さい子が触りたがります。愛犬がアイコンタクトを取ってくるので、安心させてから触らせるようにしていますが、たまに被毛をぎゅーっと引っ張る子がいるので、その時はひやひやしてしまいます。ちょっと危ないかなと思った子には触らせる前に「ごめんね」とお断りするのも大事かなと思います。
  • 男性 匿名

    ロンドンに在住していましたが他人の犬に奇声を発しながら駆け寄ってくる子供は皆無でした。
    犬の躾は飼い主の当然の義務ですが、同様に子供の躾も必要だと感じます。
    あちらの公園内では多くの犬がノーリードで散歩を楽しんでいますが犬同士のケンカどころか吠える犬すら見たことありません。
    犬の飼い方、子供の躾方どちらも日本は後進国なんだなぁ〜と痛感しましたね。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。